レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-
ジャンル カーチューニングRPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 元気
発売元 元気
人数 1~2人
発売日 2005年5月26日
対象年齢 CERO: A(全年齢対象)
デバイス DUAL SHOCK 2
GT FORCE
GT FORCE Pro
テンプレートを表示

レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-』(レーシングバトル シーワングランプリ)とは元気株式会社が発売したPlayStation 2レースゲームである。

首都高バトル01』と『街道バトルシリーズ』を組み合わせたような作品で、実在するサーキット首都高速道路などが登場する。

『首都高バトル01』や『街道』シリーズ同様、登場する自動車がすべてメーカー公認の実在で登場している。なお、外車は収録されていない。

ゲームモード[編集]

  • クエストモード
ストーリーモード。プレイヤーが次々と現れるライバルを倒し、C1 GRAND PRIXでの優勝を目指すモード。
  • チャレンジモード
タイムアタック、DPバトル(下記項目で説明。)、フリーランができる。使用可能車種はクエストモードで登場するマシン、クエストモードでプレイヤーが作成したマシン。プレイヤーがコース、天候、タイヤの種類を任意に選択し走行できる。
  • VSモード
プレイヤー同士が対戦できるモード。コントローラーを2つ接続しないとこのモードは選択できない。
  • リプレイシアター
クエストモード、チャレンジモード、VSモードでセーブしたリプレイデータを観覧できるモード。
  • オプション
ゲームの設定をするモード。

バトルシステム[編集]

  • SPバトル
Spirit Pointというポイントを削り合うバトル。プレイヤーまたはライバルのSPゲージが全て無くなると勝敗がつく。
ゲーム内に登場するスーパーオートバックスではプレイヤーSPの強化や相手のSPをさらに減少させるアイテムなどが売られている。
  • DPバトル
一定区間内でプレイヤーがドリフトをし、特定のDPポイント(Drift Point、解説書ではドリフト評価ポイントと記載されていた)と呼ばれるポイントをライバルごとに設定された目標のポイント以上を稼ぐと勝利となる。
基本的にはコースを1周して行われるが、一部のライバルは2周したりコース内の特定エリアで勝負となるなど、難易度が高い場面も存在する。
街道バトルシリーズのCAバトルと同一だが、失敗してもポイントは剥奪されない、角度をつけすぎると失敗するなどの変更点がある。
ライバルの中にはツインドリフトを提示してくる。これはプレイヤーが先行・ライバルが後追い(一部では逆にスタートする)の状態でDPバトルを展開、両者の接近状態によってポイントが増えていく。1バトルに2回行われ、1回目が終わるとポイントはそのままにポジションを逆にして行われる。
ゲーム内に登場するスーパーオートバックスではDPポイントをさらに増やすアイテムなどが売られている。
  • RPバトル
5台のライバルカーと同時にスタートし、規定周回数を走るバトル。このバトルシステムにはRPポイント(Racing Penalty Point)と呼ばれるポイントがあり、レース開始時にプレイヤーは100ポイント持っている。RPポイントはライバルカー・壁への衝突、コースの逆走によって減少する。RPポイントが50ポイントを下回るとピットストップさせられ、RPポイントが100に戻るまでコースには復帰できなくなる(当然ピットストップなので油温、水温、タイヤの耐久力は回復しない)。また、RPポイントが0になると強制的にリタイアさせられる。ゲーム内に登場するスーパーオートバックスではRPポイントを減りにくくするアイテムなどが売られている。

ゲームシステム[編集]

  • 人気ポイント(NP)
プレイヤーが特定の条件を満たすと、人気ポイントと呼ばれるポイントが上昇または下降するシステム。ポイントが上昇することによりレース場内の観客が増えたり、スペシャルイベントに参加できたりするメリットがある。
上昇する条件・・・ドリフトを決める、ファステストラップをマークするなど
下降する条件・・・コースアウトする、壁や他車、敵車にぶつかるなど
  • 天候の変化
大きく変わるところでは晴れだが、中間の曇りも存在する。路面状況がドライ寄りかウェット寄りかに分けられるので、そこでのタイヤチョイスも重要になる。
  • ボディペイント
『首都高バトル01』で登場したボディペイントもパワーアップ。左スティックに加え、新たに方向キーも使えるようになり、細かな微調整が可能になった。また別売りのEyeToyをつなぐことにより、取り込んだ写真をそのままボディペイントに使えるようになる。これによりペイントの自由度が大幅に向上した。

本作品に登場するコース[編集]

フィールド1

フィールド2

フィールド3

関連項目[編集]