ダイハツ・テリオスキッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイハツ・テリオスキッド
カスタム系・後期型
Daihatsu Terios Kid 003.JPG
Daihatsu Terios Kid 004.JPG
販売期間 1998年10月 - 2012年5月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン EF-DEM型 659cc 直3 DOHC ターボ
EF-DET型 659cc 直3 DOHC IC付きターボ
変速機 5MT / 4AT
駆動方式 FR / 4WD
サスペンション 前:ストラット
後:5リンク
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,675mm-1,740mm
ホイールベース 2,420mm
車両重量 960kg-990kg
-自動車のスペック表-

テリオスキッドTerioskid )とは、1998年から2012年までダイハツ工業が製造・販売していたSUVタイプの軽自動車である。

概要[編集]

同時進行で開発されていた登録車小型車)規格のテリオスの全長、全幅を軽規格内に収め、エンジンも660ccに変更して1998年に販売開始(トヨタにはOEM供給していない。普通車(小型車)規格のテリオスがOEMされた際の名称はキャミ)。軽SUVとしては唯一、5ドアボディとフルタイム4WDが設定されている。5ドアのボディを持つ軽自動車のSUVはテリオスキッドのみとされている。ただし、現在では生産を終了している。テリオスは2006年に販売を終了したが、こちらは2012年5月まで生産された。 全車ターボEF型エンジン搭載で、当初はインタークーラー付きのEF-DET型と、なしのEF-DEM型の2タイプがあり、前者はボンネットにダクトが設けられている。なお、2006年8月のマイナーチェンジで全車EF-DET型に統一された。

2002年国土交通省自動車事故対策センターによる軽自動車アセスメントの衝突安全性能総合評価において、助手席で6つ星、運転席で5つ星を獲得している。

2006年のマイナーチェンジ以降は、カスタムX、カスタムL、Lの3つのグレードで発売されていた。カスタム系とLの違いとして、前者にエアロバンパーアルミホイール(ただし、スペアタイヤはどのグレードでも鉄ホイールである)、ローダウンサスペンションを採用している。また、上位グレードとなるカスタムXには、ドアミラーターンランプ、キーフリーシステムABSを標準装備している。全グレードに2WD(FR)と4WDが設定されている。MT車は、カスタムLとLの4WD車のみの設定となっている。

4WDシステムは軽自動車唯一のセンターデフ付きフルタイム4WD方式を採用している。アトレーに採用されたオールタイム4WD/マルチセレクト4WDシステムと同一であるが、パートタイム機構は省かれているが、センターデフのロックと解除はインパネのスイッチ一つで切替可能となっている。オプションで後輪のデフにダイレクトトラクションLSDが設定されていたが、2009年に廃止された。

歴史[編集]

J111G型(4WD・1998年-2012年)/J131G型(2WD・2000年-2012年)[編集]

  • 1998年10月6日 - ミラムーヴのフルモデルチェンジとともに販売開始。当初は「CL」と「エアロダウン」の2グレードで4WDのみの設定だった。
  • 2000年1月18日 - 新たに2WD車を追加。グレードは「CL」・「CLカスタム」・「エアロダウン」の3グレード。併せて4WD車も一部改良を行い、新たにインタークーラーターボエンジンを搭載し、ハロゲンフォグランプ(フロントバンパー内蔵)、アルミホイール、電動ドアミラー、スモークドガラス(リヤドア/バックドア)を装備した「CX」とターボエンジンを搭載した「CL」のスポーティー仕様にあたる「CLカスタム」を新設。「エアロダウン」は電動ドアミラーを標準装備し、「CL」はホワイトとシルバーメタリックにおいてフロントフォグランプホールカバーをボディ同色に変更。電動格納式アスフェリック(メッキ)ドアミラーをオプション設定に追加した。
    • 5月31日 - 「CLカスタム」をベースに、2DIN CD・AM/FM付ステレオ&16cmフロントスピーカー、スモークドガラス(リヤドア、バックドアウインドゥ)、アルミホイールを装備した特別仕様車「カスタム Sエディション」を発売。
    • 11月6日 - マイナーチェンジ。ポジションランプを内蔵した4灯式マルチリフレクターハロゲンヘッドランプを採用するなど内外装のリファインを実施。また、フロント周りとメーターパネルを標準系とカスタム系で差別化を図った。さらに、衝突安全ボディ「TAF(タフ)」の性能を高め、安全インテリア「SOFI(ソフィ)」を導入。「CL」を除く全グレードにEBD付ABSをオプション設定に追加し、5MT車にはクラッチスタートシステムも装備し安全性能を高めた。グレード体系の変更を行い、「CLカスタム」・「エアロダウン」と入れ替えで、電動格納式アスフェリックカラードドアミラー、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、アルミホイールを装備しながら価格を抑えた「CLリミテッド」とAM/FM付ハイグレードステレオ(ケンウッド)&16cmフロントスピーカーを装備した「エアロダウンカスタムX」を追加し、特別仕様車の「カスタムSエディション」をカタロググレードに昇格。
  • 2001年5月17日 - 特別仕様車「メモリアルエディション」を発売。「CLリミテッド」の4WD車をベースにした「CLメモリアルエディション」と「カスタムSエディション」をベースにした「カスタムメモリアルエディション」の2車種を設定しており、両グレード共に2DIN CD/MD・AM/FM付ステレオ(カロッツェリア)&16cmフロントスピーカーとメッキ電動格納式ドアミラー(レインクリアリング機能付)を装備。さらに、「CLメモリアルエディション」にはABSを、「カスタムメモリアルエディション」にはルーフエンドスポイラーをそれぞれ装備した。
  • 2002年1月9日 - 派生モデルの「テリオスルキア」発売に合わせて一部改良。全グレードで「平成12年基準排出ガス25%低減レベル(★)」認定を取得するとともに、O2センサーや吸気温センサー、ブローバイガス配管の取り回しが見直され、パワーステアリングを油圧式から電動式に変更し燃費を向上。また、シート・ドアトリム表皮の変更、ハザードスイッチの配置変更、ラゲージアンダーボックスの収納性改善、運転席パワーウインドゥ挟み込み防止機構の追加を行い、一部グレードにEBD付ABSを標準装備化した。また、従来の「カスタムSエディション」に替わり、特別仕様車として発売していた「カスタムメモリアルエディション」をカタロググレードに格上げ(2WD車は4ATのみの設定に変更)した。
    • 7月31日 - 「カスタムメモリアルエディション」をベースに装備内容の見直しを行い、求めやすい価格設定にした特別仕様車「カスタムスターエディション」を発売。
  • 2003年8月27日 - 一部改良。グレード体系・仕様・装備内容の見直しを行い、4グレードに整理。「CLリミテッド」は仕様・装備内容の変更により5万円値下げされ、「L」に改名。特別仕様車として発売していた「カスタムスターエディション」は仕様・装備内容の変更を行い、「カスタムL」に改名の上カタロググレードに昇格。「CX」はEBD付ABSの標準装備化などの仕様・装備内容の変更により2万円値下げされ、「X」に改名。「エアロダウンカスタムX」は仕様・装備内容の変更により5万円~6.3万円値下げされ、「カスタムX」に改名。このほか、カスタム系はハイマウントLEDストップランプ付ルーフスポイラーを、標準系はシート表皮をそれぞれ変更し、ボディカラーはラベンダーメタリックオパールとホワイト/シルバーメタリック(オプションカラー)を追加した。
  • 2004年4月 - 仕様変更。希望小売価格を消費税込の価格に変更。
    • 10月1日 - ウインタースポーツブランド「kissmark」とコラボレートした特別仕様車「テリオスキッド×キスマーク」を発売。「カスタムL」をベースに、「kissmark」仕様のデカール付スペアタイヤケース(ハードカバータイプ)+フルメタルホイール(スペアタイヤ)、サイドデカール(左右ドア)、ブラックシート表皮(レッドステッチ付)&ドアトリム(前後)を装備。さらに、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、メッキインナードアハンドル&ドアロックノブ、スポーツステアリングホイール 、AM/FM付CDステレオ(CD-R/RWに対応)&16cmフロントドアスピーカーを装備し機能を充実しながら求めやすい価格設定にした。
  • 2005年10月11日 - 特別仕様車「テリオスキッド×キスマーク」の2005年モデルを発売。今回は専用デカール付スペアタイヤケースとサイドデカールのデザインを変更。新たにシルバー調のクラスター等を採用し、クールでスタイリッシュな印象となった。また、グレード体系を上級グレードの「キスマークX」と一部装備を省略・オプション設定にした標準グレードの「キスマークL」の2グレードとなった。併せて、一部改良を行い、ハイマウントLEDストップランプ付ルーフエンドスポイラーの標準装備化、マニュアルレベリング機能の追加を行い、標準系のボディカラーにオプションカラーのカシスフィズスペクトラシャインを追加。グレード体系を見直し、カスタム系(「カスタムL」・「カスタムX」)を廃止した。
  • 2006年8月23日 - マイナーチェンジ。内外装のリファインを行うとともに、ボディカラーには新色のアクアブルーメタリックオパールを追加するとともに、グレードによって分かれていたカラーラインアップを統一。Lのフロントグリルはカスタム中期型より流用となる。さらに、シート・ラゲージフロアカーペットに撥水加工を施し、4WD車にはヒーテッドドアミラーを追加。「カスタムX」にはドアミラーターンランプとイモビライザー付キーフリーシステムを追加した。エンジンをインタークーラーターボエンジンに統一し、グレード体系もカスタム系(「カスタムL」・「カスタムX」)の復活と「X」、「キスマークシリーズ」の廃止に伴い3グレードに集約され、2WD車は4ATのみとなった。
  • 2007年9月10日 - 以前カタロググレードとして発売していた「カスタムメモリアルエディション」が創立100周年特別仕様車として復活。今回は「カスタムL」をベースに専用グレイッシュフロントメッキグリル、ドアミラーターンランプ、MOMO革巻ステアリングホイール、専用フルファブリックシート(オレンジステッチ付)、専用シャンパンメタリック調メーター&センタークラスターを装備した。
  • 2008年5月 - 仕様変更。平成17年排出ガス規制適合に伴い、車両型式を変更。併せて、ボディカラーを見直し、「カスタムX」の4WD・5MT車を廃止した。
    • 12月17日 - 一部改良。「L」はリヤバンパーモールディングをクロムメッキに変更し、スペアタイヤカバーを標準装備。カスタム系はスペアタイヤカバー(ハード)のヒンジの耐久性が見直された。
  • 2010年8月 - 仕様変更。これまで販売されていた「カスタムメモリアルエディション」を廃止。JC08モードに対応し、ボディカラーを変更。また、希望小売価格が改訂され、一律3.5万円値上げとなった。
  • 2012年5月 - 生産完了。販売と公式HPの掲載も終了。

車名の由来[編集]

  • テリオス - 古代ギリシャ語で「願いを叶える」の意味。
  • キッド - 英語で若者、子供の意味。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 評価結果 - テリオスキッドの自動車アセスメント情報 安全性能試験結果詳細データ