ダイハツ・ブーンルミナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイハツ・ブーン > ダイハツ・ブーンルミナス
ダイハツ・ブーンルミナス
M502G/512G型
フロント
DAIHATSU-BoonLuminas.JPG
リア
Daihatsu Boon Luminas rear.jpg
販売期間 2008年12月 - 2012年3月
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアコンパクトミニバン
エンジン 3SZ-VE型 1.5L 直4 DOHC
最高出力 80kw(109PS)/6,000rpm
最大トルク 141N・m(14.4kg・m)/4,400rpm
変速機 4速AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ストラット
後 (FF):トーションビーム
後 (4WD):トレーリングリンク
全長 4,180 - 4,195mm
全幅 1,695mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 1,170 - 1,240kg
姉妹車 トヨタ・パッソセッテ
-自動車のスペック表-

ブーン ルミナス (BOON Luminas) は、ダイハツ工業が製造・販売していた小型ミニバン

トヨタ自動車との共同開発であり、パッソOEM関係になかった5人乗りブーンとは違い、トヨタと車両企画力を結集した上でダイハツが開発と生産を担当しているため、パッソセッテ(以下「セッテ」)とはOEM関係にあたる(型式が共通であることや、セッテも製造事業者がダイハツになるのはこのため)。ちなみに2004年に発売終了となったアトレー7以来、4年ぶりにダイハツにミニバンのラインナップが復活したこととなった。

概要[編集]

軽自動車ミラ系)派生のブーン/パッソをベースに大人7人が乗れる5ナンバーサイズのミニバンとして開発された。メインターゲットを女性としているため、運転のしやすさを追求しているのが特徴。

生産工場はOEMのセッテも含め京都工場。ダイハツ本体で販売される車種では製造終了時点で唯一の京都工場生産車種であった。

また、プロドゥア(ダイハツ工業とマレーシア資本との合弁会社)でもブーンルミナスをベースに開発されたアルザが生産されている。マレーシアでの生産を考慮し、部品などの設計が行われている。

スペース効率を大幅に向上させ、大人7人がゆったりと座れるようにすべくブーン比で全長+580mm×全幅+20mm×全高+85mm拡大され、ホイールベースも2,440mmから2,750mmへと大幅に延長されている。

女性がメインターゲットとされるも、老若男女を問わず誰もが扱いやすいように各部の操作や収納場所にはさまざまな工夫が凝らされている。シートアレンジに関しては扱いやすさに徹底的にこだわり、セカンドシートとサードシートのフルフラット化が可能に出来ることをはじめとして、乗車人数と荷物の量にあわせた組み合わせを可能としている。

エンジンは大幅な重量増に対応すべく、ブーンに搭載されている1KR-FE型直列3気筒DOHC12バルブ989cc自然吸気エンジン&K3-VE型直列4気筒DOHC16バルブ1297cc自然吸気エンジンではなく、クービーゴグランマックス(日本仕様はトヨタ・タウンエース/ライトエース)などと同じ3SZ-VE型直列4気筒DOHC16バルブ1500cc・DVVTエンジン。トランスミッションは全てインパネシフトの4速ATとなる。

安全面における標準装備は、EBD&ブレーキアシストABSとデュアルエアバッグのみとなっている。VSC&TRCやサイド&カーテンシールドエアバッグはメーカーオプション扱いである。

セッテとの違いは、グレードが簡素化(標準系2グレード、エアロ系1グレード)されていること、全車にミュージックサーバー付きCDステレオが標準装備されること、サイド&カーテンシールドエアバッグが全車メーカーオプションとなっている点、などである。ボディーカラー設定はセッテと同一で、センターメーターの意匠はクー/トヨタ・bBと共通である。

(セッテ同様)販売上でライバルと目されるホンダ・フリードとの比較では、パラレルハイブリッド機構(一部のみ)、スライドドア、2・3列目席の大きさと居住空間[1]、2列目ダブルフォールディング、3列目跳ね上げの完全収納、全席3点式シートベルトなどで劣勢となるが、ルミナスとセッテではそれらを見切る代わりに、販売価格を153万5000円から(セッテは149万円から)と低めに設定していた。しかし同車の登場からおよそ6か月後に開始したエコカー減税に同車は販売終了まで対象外であったことが響き、販売的には大苦戦を強いられた。

年表[編集]

  • 2008年12月25日 - ブーン(パッソ)をベースに7人が乗れるミニバンとして発売。月間目標販売台数は500台。
  • 2012年
    • 2月29日 - 製造終了。
    • 3月31日 - 販売終了となりダイハツホームページへの掲載も終了となった。
      セッテ同様、一部改良、およびマイナーチェンジが全く実施されることがないモデルとなった。ちなみに販売期間は3年3か月であり、同社製の7人乗りのミニバンとしては最も短命な車種となった。

脚注[編集]

  1. ^ 2011年10月の改良で3列目の定員を3→2名とした。

関連項目[編集]