ダイハツ・タントエグゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイハツ・タント > ダイハツ・タントエグゼ
ダイハツ・タントエグゼ
L455S/L465S型
タントエグゼ
Daihatsu Tanto Exe.jpg
カスタム RS(後期型)
Daihatsu Tanto Exe Custom RS Turbo 4WD.JPG
販売期間 2009年-2014年
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア軽トールワゴン
エンジン KF-VE型 660cc 直3 DOHC DVVT
KF-DET型 660cc 直3 DOHC インタークーラーターボ
変速機 CVT/4速AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前: ストラット
FF車
後: トーションビーム
4WD車
後: 3リンク
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,730mm
ホイールベース 2,490mm
車両重量 870-980kg
-自動車のスペック表-

タント エグゼTANTO Exe )は、ダイハツ工業2009年から2014年まで製造していた、タントシリーズの軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)である。通称「エグゼ」。

概要[編集]

2009年10月の第41回東京モーターショーで公開され、同年12月に発売された。ベースとなるタントはシートアレンジや室内空間の確保のためにシートの座り心地を犠牲にしていたが、タントエグゼについては座り心地の良いシートに変更された、上級志向のモデルとなっている[1]。月間販売目標は4000台と発表されている。

また、バンパーやフロントグリル、前後ランプなどが別デザインとなるスポーティグレードシリーズの「タントエグゼカスタム」もラインアップされる。

また、2010年4月からは富士重工業スバル・ルクラとしてOEM供給されている。

メカニズム[編集]

シャシはタントと共通だが[2]、スライドドアを廃してヒンジドアを採用したことなどにより、タント比で60kgの軽量化がなされ、またエンジンのセッティングがタントから変更されたことにより[3]、燃費性能が向上されている[4]

エンジンには直列3気筒 DOHC 自然吸気エンジンのKF-VE型と、同じく直3 DOHCのターボエンジンであるKF-DET型が搭載される。トランスミッションには2WD全車とカスタム「RS」の4WD車にはCVTが、カスタム「RS」を除く4WD車には4速ATが採用される(ただし、カスタム「RS」を除く4WD車は2010年10月の一部改良でCVTに変更)。なお、ターボエンジンについてはエグゼカスタムの最上級グレード「RS」のみに用意される。

年表[編集]

  • 2009年12月24日 - 販売開始。
  • 2010年4月20日 - 富士重工業へ「ルクラ」としてOEM供給を開始。
    • 10月25日 - 一部改良。ABSを全車標準装備すると共に、NA・4WD車のトランスミッションをCVTに変更し、燃費を向上。これにより、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+15%」を達成。合わせて、「G」はドアミラーターンランプ、アルミホイール、ブラック内装などを採用し質感を向上。「カスタム」は全グレード「アジャスタブルパック」を標準装備すると共に、「カスタムG」は革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント・プレミアムシャインブラックベゼル付)を標準装備した。グレード体系も見直され、4WD専用グレードの「L」・「S」・「カスタムS」を廃止し、2WD車と同一のグレード展開とした。
  • 2011年7月19日 - 一部改良。NA車全車に「第2世代KFエンジン」を搭載し、燃費性能を改善したことで「平成22年度燃費基準+25%」を達成。また、ターボ車「カスタムRS」の車両本体価格を5万円引き下げた。なお、「カスタムX」は廃止された。
    • 11月29日 - タントと共にマイナーチェンジ。NA車において、ミライースで開発された「e:sテクノロジー」のうち、新エンジンと改良型CVTを組み合わせたパワートレーンと停車前アイドリングストップ機能付新型「eco IDLE(エコアイドル)」・エコ発電制御(減速エネルギー回生機能)を採用したことで燃費を大幅に向上(JC08モードで2WD車は24.8km/L、4WD車は24.0km/L)。さらに、ルーフアンテナとLEDリアコンビランプを採用し、「X」・「カスタムG」はアルミホイールのデザインを変更。ノーマルタイプは従来の「X Special」に替わる廉価グレードとして「L」が復活(FF車においては新規設定)、バックモニター付きナビを標準装備した「X Limited」を追加し、全グレードにマルチインフォメーションディスプレイを追加。カスタムはより一層の高級感と力強さを表現するためにフロントフェイスを一新するとともに、センタークラスターにピアノブラック調を、オーバーヘッドコンソールとセンターフロアコンソールのイルミネーション点灯部にメッキ加飾をそれぞれ施した。グレード体系の整理により「G」は廃止された。なお、NA車は「平成27年度燃費基準+10%」を達成している。
  • 2012年5月21日 - ターボ車の「カスタムRS」を一部改良。NA車同様に「e:Sテクノロジー」の一部を採用したことで燃費を向上(JC08モードで2WD車は22.2km/L、4WD車は21.4km/L)。これにより、2WD車・4WD車共に「平成27年度燃費基準」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」も同時に取得した。
    • 9月10日 - 一部改良。NA・2WD車においてエンジン制御の最適化により燃費を向上(24.8km/L→25.0km/L)。これにより、「平成27年度燃費基準+20%」を達成した。併せて、ターボ車の「カスタムRS」は車両本体価格を5万円値下げした。
  • 2014年10月2日 - 販売終了。全高1700mm超のスーパートールワゴン市場ではスライドドアの車両が人気であったことや、ムーヴとも競合することから発売2年目以降から販売目標を割り込んでおり、特に(派生元の)タントがモデルチェンジした2013年10月以降は月販台数500台を割り込んでいた[5]。販売年数は4年9ヶ月程度と、ダイハツのモデルの中では短い部類であった。

脚注[編集]

関連項目[編集]