プロドゥア・マイヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロドゥア・マイヴィ (Perodua Myvi) は、マレーシアの自動車メーカー、プロドゥアによって製造される小型ハッチバック車である。

概要[編集]

ダイハツ工業トヨタ自動車の共同開発車であるダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソをベースとする小型ハッチバック車である。2005年の発売以来、(2011年5月までに)マレーシア市場で累計487,400台を販売し、2006年から2010年まで5年連続ベストセラー車となっている[1]。マイヴィが登場した2005年にはマレーシアのもう1つの自動車メーカーであるプロトンからも同クラスのハッチバック車であるサヴィが発売されたが、マイヴィの販売はサヴィのそれを大きく上回り、プロドゥアを2006年以降マレーシア市場最大手に押し上げる原動力となった。

歴史[編集]

初代(2005年-2011年)[編集]

プロドゥア・マイヴィ(初代)
前期型
Perodua MyVi (front), Kuala Lumpur.jpg
後期型
Faceliftd Myvi.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 直3 1L EJ-VE
直4 1.3L K3-VE
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FF
全長 3,750mm
全幅 1,665mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,440mm
車両重量 900-955kg
-自動車のスペック表-

2005年5月発売。初代ブーン/パッソをベースに開発された。エンジンは直列3気筒 1L EJ-VE型エンジンと、ベースのブーン/パッソにも搭載される直列4気筒 1.3L K3-VE型エンジンの2種類が用意され、1Lエンジンには5速マニュアルトランスミッションのみが、1.3Lエンジンには5速マニュアルトランスミッションおよび4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。

特別仕様車の「スペシャルエディション (SE: Special Edition) 」も用意され、専用バンパー、サイドスカート、スポイラーなどが装備される。

マイヴィはマレーシアの自動車雑誌「Autocar ASEAN」のカー・オブ・ザ・イヤー2005/2006を獲得している。

2008年8月22日にはマイナーチェンジが行われ、フロントグリル、フロント・リアバンパー、ボンネット、ダッシュボードのデザインなどが変更された。同年10月10日にはマイナーチェンジ版のスペシャルエディションも発売され、ヘッドライトにはブラックアウト化が施された。ただしスペシャルエディションは1.3Lエンジン搭載車のみに用意される。

また、2007年4月からはダイハツブランドでのインドネシアへの輸出も行われており、ベースであるブーンの海外名であるダイハツ・シリオンとして販売されている。インドネシア以外のシリオンとは異なり、ダイハツのCIを装着しているほかはマイヴィと共通のデザインとなっている。なお、インドネシア仕様のシリオンは1.3Lエンジンのみを搭載する。


2代目(2011年-)[編集]

ダイハツ・ブーン > トヨタ・パッソ > プロドゥア・マイヴィ
プロドゥア・マイヴィ(2代目)
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 直4 1.3L K3-VE
直4 1.5L 3SZ-VE
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FF
全長 3,690mm
全幅 1,665mm
全高 1,545mm
ホイールベース 2,440mm
車両重量 950-970kg
-自動車のスペック表-

2011年6月16日発売。2代目ブーン/パッソをベースとするが、エクステリアおよびインテリアはプロドゥア自身によって手がけられ、ベース車とは大きく異なるデザインが与えられている[2][3]。エンジンは当初直列4気筒 1.3L K3-VE型エンジンのみのラインナップとなり、これに5速マニュアルトランスミッションおよび4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられた。

プロドゥアでは月間8,500台の販売を目指すとしている。[2]

翌7月にはインドネシア国際モーターショーにて新型ダイハツ・シリオンとして発表された[4]

2011年9月には「SE」と「エクストリーム」の2グレードがラインナップに加わった。いずれもアルザと同じ1.5L 3SZ-VE型エンジンを搭載し、1.3L車とはグリルやバンパーなどのデザインが異なる[5]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Perodua Myvi – full details and first impressions”. paultan.org (2011年6月16日). 2011年6月16日閲覧。
  2. ^ a b プロドゥアが第2世代マイヴィ:現地で本格開発、装備も充実[車両]”. NNA (2011年6月17日). 2011年6月17日閲覧。
  3. ^ Unidentical twins: Perodua Myvi versus Toyota Passo”. paultan.org (2011年6月16日). 2011年6月16日閲覧。
  4. ^ Daihatsu Sirion launched at IIMS – it’s a Perodua Myvi!”. paultan.org (2011年7月23日). 2011年7月25日閲覧。
  5. ^ Perodua Myvi SE 1.5 and Extreme launched – manual and auto, from RM50,900 to RM61,700 – we’ve driven it already!”. paultan.org (2011年9月15日). 2011年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]