MultiMedia Compact Disc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MultiMedia Compact Disc(マルチメディア・コンパクト・ディスク)、略称MMCDは、1994年に提案されたデジタルビデオ光ディスクの規格。

ソニーフィリップスを主導に提案され、CDと同じ厚さ1.2mmの単板ディスクに片面1層3.7GB、片面2層7.4GBの容量を持つものであった。東芝パナソニック(松下電器)等が主導のSuper Density Discと対立し、規格争い突入は不可避と思われていたが、1995年末に両陣営が合意し、現在のDVDとなった。

しかし、統一内容がSD陣営寄りだったことと、DVD-RAMがDVD-ROMとの互換性が低かったことから、ソニー・フィリップスはDVD+RWアライアンスを設立している。