HD Rec

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

HD RecとはDVDフォーラムで策定されたハイビジョン映像を記録型DVDに記録するための規格である。

概要[編集]

HD RecはHD DVD向けに策定されたビデオ記録用アプリケーションフォーマットであるHD DVD-VideoHD DVD-VR(HDVRと省略される場合もある)を使用して記録型DVDに記録する規格である[1]。従来のDVDで採用されていたビデオ用アプリケーションフォーマットであるDVD-VideoDVD-VRの規格では不可能だったハイビジョン映像の記録を可能にした。HD DVDに採用されている著作権保護機構 (AACS) に対応しており、著作権保護機構が必要なハイビジョン放送の録画にも対応している。

類似のフォーマットとしてBlu-ray Discのアプリケーションフォーマットで記録型DVDに記録するAVCRECという規格がBlu-ray Disc Associationで策定されているが、AVCRECはアプリケーションフォーマットにBDAVを使用しておりHD DVD-VRを使用するHD Recとは再生互換性がない[2]。DVDフォーラムで公式に承認された規格だがHD DVDベースということで東芝のみが採用し、同社のHD DVD撤退後も同社のDVDレコーダーにのみ採用されている。

利用できるメディア[編集]

3倍速以上の再生ができる記録型DVDメディアが利用できる[3]。またAACSの著作権保護機構を利用する際にCPRMのメディアIDで代用するため、著作権保護機構を利用する際にはCPRM対応メディアである必要がある。

  • DVD-R
  • DVD-R DL
  • DVD-RW
  • DVD-RAM

低速なDVDメディアにはビットレートの高いMPEG-2 TSは記録できないか、記録しても再生時に不都合が発生する場合があるため注意が必要である。

映像フォーマット[編集]

アプリケーションフォーマットはHD DVDと同一のHD DVD-Video及びHD DVD-VR (HDVR) でありHD DVDで利用できるMPEG-2H.264VC-1の映像圧縮方式(コーデック)が利用できる。従って、利用可能な条件のDVDメディアにHD DVDのアプリケーションフォーマットを利用することで従来のDVD記録映像(MPEG2-PS標準画質映像VR録画)に加えてデジタル放送信号の直接記録(MPEG2-TSハイビジョン/標準画質映像、TS録画)や更にそれらをH.264で圧縮変換(エンコード)した映像を記録(TSE録画)する事が可能になった。これにより、従来のDVD-VideoやDVD-VRでフォーマットされたDVDよりも高画質・長時間の記録が可能になった。ハイビジョン記録可能時間は片面1層のDVDに約20分〜2時間15分、片面2層に約40分〜4時間18分程度である(記録時間は製品や画質モードに依存する)。

HD Recにより録画したDVDは、従来のDVD映像(MPEG2-PS、標準画質映像)を記録したものであってもHD RecもしくはHD DVDの再生に対応した機器でなければ再生できない。一方、従来のDVD用ビデオフォーマットであるDVD-VideoやDVD-VRで記録されたディスクの再生・録画には用いる機器の機能としてそれらに対応しているかどうかに依存する。2009年2月現在販売されているHD Rec対応機は全てDVD-Video及びDVD-VRに対応していて、これらで記録されたディスクの再生が可能なほか記録型DVDをDVD-VideoフォーマットまたはDVD-VRフォーマットしてこれらの記録モードでの録画が可能となっている。

著作権保護機構[編集]

著作権保護機構にはAACSを利用している。AACSで必要な128ビットのメディアIDの代わりに、CPRMディスクのメディアID(64ビット)を利用する。

策定までの経緯[編集]

以前のDVD-Video規格では最大解像度が720×480 (NTSC) および720×576 (PAL) となるため、HD映像が収録できなかった。それを解決するために2002年10月ごろまでにMPEG-4を採用しDVDメディアにHD映像を収録する規格として「HD-DVD9」をDVDフォーラムにワーナーブラザーズが提案し、規格策定にむけ検討を行っていた[4]。HD-DVD9はパッケージソフト向けの規格として提案されており、現在のHD Recのような録画向け用途は想定されていなかった。それと同時期にHD映像を収録するメディアとしてBlu-ray DiscやHD DVDなどの青紫色半導体レーザーを用いた規格が策定されHD映像の収録にはそれらの青紫色半導体レーザーを用いた規格を用いる流れとなり、HD-DVD9規格は規格として策定されないまま棚上げとなった。

その後3X DVDというDVDメディアを用い、最大でDVD-Videoの3倍の帯域を使いハイビジョン映像を収録する手法が登場した。これはHD DVDのアプリケーションフォーマットを用いてDVDに記録する方法であったが、DVDフォーラムで策定された規格ではなかった。DVD-Videoは最大ビットレートが10.08Mbpsのため、3X DVDでは30.24MbpsとHD DVDの等速である36Mbpsに迫る帯域を利用することができた。運用上は8.5GBのDVDにVC-1やMPEG-4 AVC (H.264) を用い、1080pの映像を平均13Mbpsで85分収録するというものであった。

その後、DVDフォーラムにてHD DVD向けに策定されたビデオ記録用アプリケーションフォーマットであるHD DVD-VideoやHD DVD-VRを使用して記録型DVDに記録する規格として2007年9月にHD Recが正式に策定された。

沿革[編集]

  • 2007年
    • 9月12日、DVDフォーラムにてHD Recという名称とロゴが発表された。
    • 11月1日松下電器産業が対抗規格・AVCRECに対応したBDレコーダー/DVDレコーダーを発売。
    • 12月14日、東芝がHD Rec対応HD DVDレコーダーVARDIA「RD-A301」を発売[5]
    • 12月21日、東芝はHD DVD-RWとHD Recでの記録、再生に対応したノート型パソコン「Qosmio F40・G40」を発売。ただしHD Recへの記録はHDビデオカメラからの映像のみで、地上デジタル放送の記録はできない。
  • 2008年
    • 2月、東芝がVARDIA RD-A301の製造を終了。
    • 5月15日、東芝がHD Rec対応DVDレコーダーVARDIA「RD-X7」「RD-S502」「RD-S302」を発表[6]
    • 9月18日、東芝がHD Rec対応DVDレコーダーVARDIA「RD-X8」「RD-S503」「RD-S303」を発表[7]
  • 2009年
    • 8月6日、東芝がHD Rec対応DVDレコーダーVARDIA「RD-X9」「RD-S1004K」「RD-S304K」を発表[8]
  • 2010年
    • 1月14日、東芝がHD Rec非対応DVDレコーダーVARDIA「D-S1005K」「D-S305K」「D-BW1005K」を発表[9]。HD Rec対応レコーダー発売後、初めてHD Rec非対応機を発売。
    • 1月21日、東芝がHD Rec非対応DVDレコーダーVARDIA「RD-E1005K」「RD-E305K」を発表[10]
    • 7月28日、東芝がBlu-rayレコーダー REGZAブルーレイ「RD-X10」「RD-BZ800」「RD-BZ700」「RD-BR600」「D-BZ500」を発表[11]。D-BZ500はHD Rec非対応、その他の機種はHD Recの再生のみ対応。
    • 8月19日、東芝がDVDレコーダー REGZA「RD-Z300」「RD-R200」「RD-R100」を発表[12]。RD-Z300はHD Recの記録と再生に対応、RD-R200とRD-R100はHD Rec非対応。RD-Z300を最後にHD Recへの記録が可能な機種は発売されていない。
  • 2011年
    • 4月20日、東芝がBlu-rayレコーダー REGZAブルーレイ「RD-BZ810」「RD-BZ710」「RD-BR610」「D-BZ510」「D-BW500」を発表[13]。Dで始まる機種はHD Rec非対応、RDで始まる機種はHD Recの再生のみ対応。
    • 10月3日、東芝がBlu-rayレコーダー REGZAブルーレイ「DBR-M190」「DBR-M180」「DBR-Z160」「DBR-Z150」「DBR-Z110」「DBR-C100」を発表[14]。DBR-Z110とDBR-C100はHD Rec非対応、他の機種はHD Recの再生のみ対応。
  • 2012年
    • 7月23日、東芝がBlu-rayレコーダー REGZAブルーレイ「DBR-Z260」「DBR-Z250」を発表。HD Recの再生のみ対応。
  • 2013年
    • 1月29日、東芝がBlu-rayレコーダー REGZAブルーレイ「DBR-T360」「DBR-T350」「DBR-Z320」「DBR-Z310」を発表。HD Rec非対応。これ以降HD Rec対応のレコーダーは発売されていない。

脚注[編集]

  1. ^ HD Rec対応機は年内発売、DVD Downloadなども紹介 − DVDフォーラム日本コンファレンス開催、Phile・web、2007年10月4日
  2. ^ 西田宗千佳のRandomTracking 東芝・片岡氏が語る「HD Rec」の真意- 分裂した「ハイビジョンDVD」の行方、AV watch、2007年11月2日
  3. ^ ケースイが斬る!東芝「RD-A301」 − 開発者・片岡氏に聞く「HD Rec」のメリット、Phile・web、2007年10月31日
  4. ^ DVDフォーラム、「Japan Conference 2002」を開催、AV watch、2007年10月3日
  5. ^ 東芝の新HD DVD/HDDレコーダ「RD-A301」が14日販売開始、AVwatch、2007年12月14日
  6. ^ ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア」新商品の発売について東芝プレスリリース、2008年5月15日
  7. ^ “くっきり高精細技術”「XDE」 搭載のハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア」の新商品発売について東芝プレスリリース、2008年9月18日
  8. ^ 業界で初めて外付けUSBハードディスクの増設に対応した ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の発売について東芝プレスリリース、2009年8月6日
  9. ^ ブルーレイディスクレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の発売について東芝プレスリリース、2010年1月14日
  10. ^ ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の新商品発売について東芝プレスリリース、2010年1月21日
  11. ^ 3D対応のブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」の発売について東芝プレスリリース、2010年7月28日
  12. ^ 「レグザ(REGZA)ハイビジョンレコーダー」の発売について東芝プレスリリース、2010年8月19日
  13. ^ 録画機能などの基本性能を大幅に向上させた ブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」の発売について東芝プレスリリース、2011年4月20日
  14. ^ 地デジ放送6チャンネル分を15日分録画して一時保管する レグザブルーレイ「レグザサーバー DBR-M190」他の発売について東芝プレスリリース、2011年10月3日

関連項目[編集]