AVCREC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

AVCREC(エーブイシーレック)とは、Blu-ray DiscアプリケーションフォーマットBDAV」を応用し、DVD等にデジタルハイビジョン(以下、HD)映像を記録するための規格である。Blu-ray Disc Association(BDA)により規格化されており[1]、同団体の登録商標(日本第5143777号 AVCRECロゴは日本第5143830号)。同規格の仕様は一般には公開されていない。なおここでのAVCは Advanced Video Coding の略(H.264を参照)。

概要[編集]

HD映像コンテンツBDより安価なDVDメディア(CPRM対応品)にHD画質、5.1chステレオ音声で記録できる。著作権保護機能を有し、コピー制御が掛かった日本のデジタル放送等の録画が可能である。

2007年(平成19年)秋以降に日本で発売されたBD/DVD機器はSONY、SHARPを除き多数がAVCRECを採用しておりCPRM対応DVDメディアへのHD録画が可能となった。MPEG2 TSによる録画の場合はエンコードを伴わない録画、MPEG-4 AVC/H.264による録画の場合はエンコードまたはトランスコード録画となる。録画可能時間は、フルHDの解像度で片面1層のDVDに約42分~約5時間、片面2層に約1時間20分~約9時間30分程度になる。なお、厳密な録画時間は画質モード(解像度ビットレートの組み合わせ)に依存する。

一部のBD/DVD機器はi.LINKで接続したHDVカメラ等のHD映像を、AVCREC形式ディスクに追記することも可能。当初は互換性(特記参照)への懸念から(基本的に)録画したレコーダーでの再生が望ましいとされていたが、AVCREC対応機器が各社より順次リリースされ、PowerDVDWinDVD等のソフトウェアを活用したパソコンでのAVCREC再生も可能となっている。

正式対応しているNEC及び富士通のハイエンドPC以外でも一定スペック以上のパソコンにおいて、BD(読み書き両用タイプ)ドライブ及びごく一部のAVCREC対応チューナーボードを装備することによりDVDへのAVCREC保存が可能となる。

AVCRECとは、あくまでAVC(MPEG4 AVC/H.264)で録画されたものをDVDに記録する規格・機能の事であり、単にAVCで録画(HDD、あるいはBDに記録)する機能や仕様についてはAVCRECとは呼称しない。

AVCRECの競合規格としてDVDフォーラムによって策定され、東芝が製品化したHD Recが存在する(HD RecとAVCRECとの間に互換性はない)が、次世代光ディスク(Blu-ray・HD DVD)の規格争いが収束した後、現在は東芝純正のBDレコーダーでもHD Recについては再生のみに対応(HD Rec方式での録画不可)となり、結果としてAVCRECがDVD用HD録画規格のデファクトスタンダードと化している[2]。 尚、東芝が2011年(平成23年)末に発売した8番組同時録画対応 BDレコーダーでは DVDへの記録は AVCREC のみとなり、旧来のフォーマットでの記録に対応しない初めてのレコーダーとなった。

仕様[編集]

前述のとおり、AVCRECのアプリケーションフォーマットにはBDAVが応用されている(記録データの多重化にはMPEG-2 TSを採用)。

規格上においては、あくまでもMPEG-2 TSとMPEG-4 AVC/H.264でのSD録画、MPEG-4 AVC/H.264でのHD録画を可能とする。音声はAACドルビーデジタルリニアPCMでの記録が可能。著作権保護にはAACSを用いる[3]

利用可能メディアはDVD-R・DVD-R DL・DVD-RAM・DVD-RW[4]。デジタル放送記録の際、CPRMをAACSの代用とする以上、各DVDメディアのCPRM対応が必須となる。

大手各社の対応状況[編集]

  • パナソニック・・・2007年(平成19年)10月以降に製品化されたDVD/BDレコーダーの一部から(日立製作所へのOEM品を含む)対応し、2009年(平成21年)3月以降はBDプレイヤー全モデルでAVCRECに対応。
  • 三菱電機・・・2008年(平成20年)5月以降に製品化されたDVD/BDレコーダー全モデルでAVCREC対応。
  • NEC・・・2009年(平成21年)1月より、デスクトップ及びノートPCのハイエンドモデルのみAVCRECに対応。
  • 東芝・・・同社初のBDレコーダー船井電機よりのOEM品。同製品がAVCRECに対応(三菱、日本ビクターも東芝と同様)。2010年(平成22年)9月以降に製品化されたREGZAブルーレイレコーダー/プレーヤーでAVCREC対応。DR録画も可能。
  • ソニー・・・全モデル非対応(DVDからBDへの移行を促進する方針のため。同社のPS3もAVCREC非対応)
  • シャープ・・・パイオニアへのOEM品を含み全モデル非対応(ソニーと同様の方針)。

各社よりAVCRECに対応する様々なハードウェアが製品化され、手頃なHD録画、再生用規格として成熟しつつある。また、パナソニックと三菱はAVCREC対応DVDレコーダー(BD非搭載)も製品化している。

対応機種[編集]

ハイビジョンDIGA DMR-XP12/15-K/22V/25V/200、DMR-XW100/120/200V/300/320、DMR-XE1/XE100
ブルーレイDIGA DMR-BR500/630V/550/570/670V/580/590、DMR-BW700/800/900、DMR-BW730/830/930、DMR-BW750/850/950、DMR-BW570/770/870/970、DMR-BW680/780/880、DMR-BWT1000/2000/3000、DMR-BW690/890、DMR-BWT1100/2100/3100、DMR-BF200-W/B、DMR-BR585、DMR-BR30、BRT210/220/300、BWT500、BZT600/700/800/900、BWT510/520/620、BZT710/720//810/820//910/920/9000、DMR-BRZ1000/2000
ブルーレイディスクプレイヤー DMP-BD60/65、DMP-BDT110/900、DMP-BDT320(2012年3月15日発売予定)、DMP-BD77(同年3月15日発売予定)
ポータブルブルーレイディスクプレイヤー DMP-BV100、DMP-B100、DMP-B200
ポータブル地上デジタルテレビ DMP-BV200、DMP-BV300
PC用ブルーレイディスクドライブ LF-PB371JD
車載用インダッシュプレイヤー CN-HX3000D、CY-BB1000D
HDD・DVDレコーダー一体型セットトップボックス TZ-DCH9800、TZ-DCH9810、TZ-DCH8000、TZ-BDW900M/F/P(世界初BDドライブ搭載)
BD・HDD搭載ハイビジョン液晶テレビ VIERA TH-L32R2B、TH-L37R2B(AVCREC DVDは再生のみ可)
BD・HDD搭載ハイビジョンプラズマテレビ VIERA TH-P42RT2B、TH-P46RT2B(AVCREC DVDは再生のみ可)
BDドライブ搭載ノートPC CF-B10CDBDP、CF-B10DD3DP
REALブルーレイ DVR-BZ100/110/130/200/210/230//240/330/340、DVR-BF2000、DVR-BV530、DVR-BZ250/350/450
REAL DVDレコーダー DVR-DW100/200
HDD & Blu-ray内蔵TV LCD-32/37BHR300、LCD-46/40/32/26BHR400、LCD55/46/40MDR1、LCD-46/40/32/26BHR500、LCD-22BLR500
Wooo ブルーレイディスクレコーダー DV-BH250(Panasonic DMR-BW700のOEM)、DVL-BR9(Panasonic DMR-BW750のOEM)
らく録ブルーレイ DR-BX500(三菱DVR-BZ200のOEM)、DR-BH250、SR-HV250、SR‐HD1500(業務用シームレス編集機)、オールインワン AVシステム RY-MA1
ブルーレイディスクプレーヤー BDP-LX91、BDP-320、BDP-LX52、BDP-4110、BDP-140、BDP-440、BDP-LX55
PC用ブルーレイディスクドライブ BDR-S03J、BDR-S05J、BDR-S06J-W/BK/KR、BDR-206MBK
サラウンドシステム HTZ-606BD、HTZ-HW919BD・HTZ-616BD
(なお、同社のBDレコーダー、及び2010年モデルのBDプレイヤーはシャープのOEMのため非対応)
パーソナルコンピュータ FMV TEO(DVD-R DLに対応せず)C90D・C70D、DESKPOWER LX、F/E90D、F/G90D、ESPRIMO FH900/5AD・5AN・5BM、FH700/5BD、FH570/3BM、FH550/3BD、FH55/CD・FH58/CM・FH76/CD・FH98/CM
LIFEBOOK NH900/5BD、AH570/5BM、AH58/CM・NH77/CD
パーソナルコンピュータ VALUESTAR G タイプN、タイプW、タイプL(s)、タイプR Luiモデルスリムタワー、及びBDドライブをセレクトした場合のG タイプM、タイプR Luiモデルマイクロタワー、2009年秋 N/L/W 各ブルーレイドライブ搭載VGモデル、VN770/WG6、VW670~970/WG(6)、VN770/AS、VL750/AS、VN770/BS、VW670・770・970/BS、VN790/BS、VN770・790/CS、VW770/970CS、VW770・970/DS、VN770・970/ES、VW770・970ES、VW770・970FS 及び VN570・770・790/FS
ノートPC Lavie G タイプC(LC950/TG)、G タイプL(s)ブルーレイディスクドライブ(BD-ROMドライブ含む)搭載モデル、LL870/AS、LL870/BS、LL870/CS、LL770・970/DS、LL770/ES、LL770/FS
PC用ブルーレイディスクドライブ BR-816SU2、BR-H816SU2、BR-H1016SU2、BR-816FBSシリーズ、BR-H816FBSシリーズ、BR-PI816FBS-BK、BR-H1016FBS-BK、BR-616シリーズ(要ファームウェアアップデート・対応ソフト別途)、BR-X816U2、BR-PI1216FBS-BK、BR-X1216U3、BR-H1216FBS-BK、BR3D-12U3/-12FBS-BK、BR-PX68U2-BK、BP3D-PI6U2-BK
ブルーレイディスクプレーヤー BD7004、UD7006
PC用ブルーレイディスクドライブ BRD-AM2B、BRD-UM2、BRD-AM2S、BRD-AM2SB、BRD-UM2S、BRD-SM4、BRD-SM4B、BRD-UM4、BD-SL4、BRD-UXP8、BRD-SP8、BRD-SP8B、BRD-UH8、BRD-SH8B、BDVRP-UH4(添付ソフトWinDVD8 OEMにアップデート必要。WinDVD7.5 OEMはWinDVD8 OEMに事前にバージョンアップ必要)
ブルーレイディスクプレーヤー DBP-2010、DBP-1611UD (要ソフトウェアアップデート)
ブルーレイディスクプレーヤー BD370及びBD560(メーカー対応非公認機種)、BX580(メーカー初の正式対応公認機種)、BD630・BD660、3DブルーレイマイクロHi-Fiシステム FX166、ポータブルBDプレーヤー BP690
ブルーレイディスクレコーダー D-B1005K、D-BW1005K、D-B305K、D-BZ500/510、RD-BR600、RD-BZ700/800、RD-X10、D-BW500、RD-BZ810/710・BR610、DBR-Z160/150/110及びC100(AVCREC再生対応)、DBR-M190/M180 (DVDへの記録はAVCRECのみで、旧来のフォーマットは非対応)
ブルーレイディスクプレーヤー SD-BD1K、SD-BD2、SD-BD3、DBP-T200、DBP-S100、D-BR1
ブルーレイディスクレコーダー DXBW320、DXBS1000、DXBS320
ブルーレイディスクプレーヤー DXBP1TD
TVキャプチャーボード PIX-DT230-PE0

対応ソフトウエア[編集]

PowerDVD 9 Ultraより正式対応(バージョン8、及び一部バージョン7よりアップデート対応)
WinDVD Pro 2010より正式対応 (I-O DATA BRDシリーズバンドル版は アップデート対応)

※いずれのソフトでもAVCREC再生には、PC用BDドライブ、Pentium 4同等(Athlon 64Athlon 64 FX等)以上のCPUが必須。

特記(機種やメーカーの違いによる制限・差異)[編集]

  • パナソニック機はDVD-RWへのAVCREC方式での記録ができず、三菱機(東芝、日本ビクター同様、船井電機製造のOEM品)はDVD-RAMへの記録自体ができない。ただし、三菱機はパナソニック機で記録したAVCREC方式のDVD-RAMを再生することが可能。
  • BDレコーダーの準大手ソニーシャープはBD普及推奨策に基づきAVCRECを採用しておらず、両社のBD機器(プレイステーション3含む)もAVCRECで記録されたDVDを再生できない。
  • PC用のBD/DVD再生ソフト、BDプレーヤー等では一部製品を除き非対応。またAVCRECはDVDメディアにBDフォーマットで書き込む規格であり従来のDVDビデオ(DVD-VideoDVD-VR)とはアプリケーションフォーマットが異なるため、PC用DVDプレーヤーでの再生は不可能。PC用の再生ソフトでは、CyberLink PowerDVD が9 Ultraより正式に対応している(BDドライブ必須。2010年春現在の状況)。

沿革[編集]

  • 2007年(平成19年)
    • 10月 - Blu-ray Disc AssociationがAVCRECの仕様をまとめる。
    • 10月2日 - 松下電器産業(現:パナソニック)がAVCREC対応のBD/DVDレコーダーを発表、11月1日に発売。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月18日 - 三菱電機が同社初のAVCREC対応BD/DVDレコーダーを発表、5月24日に発売。
    • 5月16日 - 日立製作所が同社初のAVCREC対応BDレコーダーを発表。パナソニックのOEMで7月に販路限定で発売。
    • 9月 - 松下電器産業(現:パナソニック)が同社のパソコン用BDドライブの添付ソフトPowerDVDでAVCRECの再生に対応。
    • 11月 - 日本ビクターがAVCREC対応のBDレコーダー・DR-BX500を発売。
    • 12月
      • パイオニアがAVCREC再生対応のBDプレーヤー・BDP-LX91を発売。
      • 富士通がAVCRECの保存に対応したデスクトップPC・FMV TEO C90D/C70Dを発売。ただし録画のカット編集は不可。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月 - NECがAVCRECの保存に対応したデスクトップPCを発売。録画のカット編集も可能。
    • 5月 - パイオニアがAVCREC再生対応のBDプレーヤー・BDP-320を発売。各社AVCREC再生に対応。
    • 7月 - Corelアイ・オー・データ機器のPC用BDドライブ添付のWinDVD8をアップデート、AVCREC再生に対応。
    • 8月 - マランツがAVCREC再生対応のBDプレーヤー・BD7004を発売。
    • 8月 - デノンがAVCREC再生対応のBDプレーヤー・DBP-2010を発売。
    • 9月 - パナソニックがAVCREC再生対応の世界初車載用BDプレーヤー・CY-BB1000Dを発売。
    • 10月 - 三菱電機がAVCREC対応のBD&HDD内蔵テレビ2機種を発売。
    • 12月 - パナソニックがAVCREC対応の世界初BDドライブ内蔵STB 3タイプをCATV事業者向けに発売。
  • 2010年(平成22年)
    • 2月 - 東芝がAVCREC対応のBDレコーダー及びBDプレーヤーを発売(OEM品)。
    • 3月 - DXアンテナがAVCREC対応のBDレコーダーを発売。
    • 4月 - パナソニックがBD及びAVCREC対応のポータブル地上デジタルテレビ、及びポータブルBDプレイヤーを発売。
    • 7月 - ピクセラがAVCREC対応のPCIeチューナーカードを発売。
    • 11月 - パナソニックが世界最小のBD/HDD両搭載レコーダー(AVCREC対応)を発売。
  • 2011年(平成23年)
    • 2月 - パナソニックが世界初の4番組(内蔵3波+LAN接続スカパー!HD)同時録画対応BDレコーダー(AVCREC対応)を発売。
    • 9月 - パナソニックが3TBのHDDを搭載し、外付けUSB HDDへの録画にも対応、低重心・高剛性の本体で高画質・高音質を追求するフラッグシップモデル(AVCREC対応)を発売。
    • 12月 - 東芝が最大8番組の同時録画に対応するBDレコーダー(DVDへの記録はAVCRECのみで、従来のVideoフォーマット及びVRフォーマットでの記録は不可)を発売。

その他[編集]

バッファロー2008年(平成20年)4月、同年末に発売予定のパソコン用地上デジタルチューナーボードでAVCREC記録に対応する構想を明らかにしたがAVCRECは放送・受信形式ではなく録画・再生形式であり、チューナーボードの対応のみならずハイスペックPC及びBDドライブ対応が必須となる[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AVREC Format Specifications(英語)、Blu-ray Disc Association License Office、2007年(平成19年)
  2. ^ HD Recの規格化の中心であった東芝では、次世代光ディスクの規格争いが収束した後も、HD Recにのみ対応したDVDレコーダーをラインナップしている。
  3. ^ 開発陣が語る「新DIGA」の能力 - 「新Uniphier」で「PHLチューニング」が生きる、AV Watch、2007年11月16日
  4. ^ 松下の“ミスターBD”小塚氏が語る「Blu-rayの現状」- AVCRECなど新採用も「映画のため」は揺るがず、AV Watch、2007年10月19日
  5. ^ バッファロー正式発表はAVCREC非対応機種のみで、対応は予定のみ、AV Watch、2008年(平成20年)4月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]