太陽誘電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽誘電株式会社
TAIYO YUDEN CO.,LTD.
Taiyo Yuden logo.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6976 1970年3月上場
本社所在地 日本の旗 日本
110-0005
東京都台東区上野6丁目16-20
設立 1950年3月23日
業種 電気機器
代表者 綿貫 英治(代表取締役社長)
資本金 235億57百万円(2014年3月31日現在)
売上高 2,082億22百万円(連結、2014年3月期)
営業利益 113億58百万円(連結、2014年3月期)
純利益 69億89百万円(連結、2014年3月期)
純資産 1,285億56百万円(連結、2014年3月期)
総資産 2,475億96百万円(連結、2014年3月期)
従業員数 16,435人(連結、2014年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 佐藤彦八(創業者)
外部リンク http://www.ty-top.com/
テンプレートを表示

太陽誘電株式会社(たいようゆうでん、TAIYO YUDEN CO.,LTD.)は、受動電子部品を主とした電気機器製造会社である。一般消費者の間ではCD-RThat'sブランド)などの記録メディアのメーカーとして知られる。研究者の佐藤彦八が1950年(昭和25年)設立。本社は東京都台東区、工場は群馬県高崎市など。

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年)3月 - 東京都杉並区に太陽誘電株式会社を設立、磁器コンデンサ及びステアタイト磁器絶縁体の生産を開始。
  • 1970年(昭和45年)3月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1973年(昭和48年)1月 - 東京証券取引所市場第一部指定。
  • 1973年(昭和48年)5月 - 東京都台東区上野1-2-12に本社ビルを新設し本社を移転。
  • 1988年(昭和63年)2月 - 東京都台東区上野6-16-20に本社を移転。

商品[編集]

主力は電子部品。CD-R、DVD-R、BD-Rなどの記録メディアも製造する(販売はスタート・ラボが担当する)。

電子部品[編集]

誘電体セラミックを使用したコンデンサや、フェライトセラミックを使用したインダクタなどの受動電子部品、および電子部品技術を生かした高密度実装によるBluetoothやLCDバックライトのモジュールなどを主力商品としている。

2001年(平成13年)には群馬県群馬郡(現・高崎市)に電波暗室棟を設立。 関連ノイズ対策部品の販売拡大を狙い、10m暗室、アンテナ評価設備、Bluetooth認証設備、近傍電磁界同時測定の設備を兼ね備えた運営を行っている。また、近年はフラットパネルディスプレイ向けバックライトモジュールの売り上げが好調である。

記録メディア[編集]

That's CD-R

以前は磁気テープであるカセットテープビデオテープVHS等)などの磁気テープをThat'sブランドとして製造販売していたが、1993年(平成5年)に記録メディア事業をソニーとの合弁会社であるスタート・ラボに移管した際、その販売事業から撤退している。CD-RDVD-RBD-R LTHを製造し、スタート・ラボからThat'sブランドとして発売している。

同社の記録メディアは、福島県伊達市にある子会社「福島太陽誘電」によって一貫生産されている。ソニーのCD-R、富士フイルムのDVD-Rなど大手メーカーへOEM供給をしている。他にもTDKパナソニックなどへのOEM供給もしている。また、日立マクセルにはOEM供給していたものの、同社が自社生産に切り替えたためにDVD-R製品のOEM供給を止めた。ただし、CD-Rは現在もOEM供給している。BD-R LTHは自社生産であるが・BD-R・BD-REは他社の生産である。2008年(平成20年)10月には日本ビクター(現・JVCケンウッド)の記録メディア部門を分社化したビクターアドバンストメディアが太陽誘電の傘下に入った。2015年6月、ハードディスクの大容量化やクラウドコンピューティングなどの影響により、記録メディア市場の縮小が継続し業績改善が見込めないことより2015年内に光ディスク製造より撤退することが明らかとされた[1][2][3][4]

CMキャラクター[編集]

かつて磁気テープを販売していた頃はCMも盛んに行われていた。

所属著名選手[編集]

同社の女子ソフトボール部『太陽誘電ソルフィーユ』は日本ソフトボールリーグにおいて1987年から連続して女子1部リーグに在籍し、リーグ優勝6回を数える強豪として知られ、日本代表等に多くの選手を送り出している。 全国タイトルは、リーグ6回、全日本総合10回、全日本実業団4回、国体12回の計32回でルネサス高崎についでの多さを誇る。

関連会社[編集]

  • 太陽誘電ケミカルテクノロジー株式会社
  • 太陽誘電テクノソリューションズ株式会社
  • 株式会社環境アシスト
  • 福島太陽誘電株式会社
  • サンヴァーテックス株式会社 - 人材サービス・アウトソーシング業務の受託等
  • 太陽誘電エナジーデバイス株式会社
  • 株式会社スタート・ラボ - ソニーとの合弁会社
  • 和歌山太陽誘電株式会社
  • 新潟太陽誘電株式会社
  • ビクターアドバンストメディア株式会社 - 日本ビクター → JVCケンウッドとの合弁会社。VHSテープの生産も手掛ける。
  • 太陽誘電モバイルテクノロジー株式会社 - 富士通メディアデバイスから譲り受けた通信デバイス事業を担当。かつて日立製作所マイクロデバイス事業部が東京都青梅市に保有していた土地・建屋・生産設備等を使用する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 太陽誘電、CD-RやDVD-Rなど光記録メディア製品事業から撤退 SankeiBiz 2015年6月11日(木)17時41分配信
  2. ^ 太陽誘電、光記録メディア事業から撤退……年内で販売終了
  3. ^ 太陽誘電、光記録メディア事業から撤退
  4. ^ 太陽誘電、光記録メディアから撤退 「収益改善は困難」

外部リンク[編集]