魚介類の脂肪酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魚介類の脂肪酸:Fatty acid of seafood)とは、魚介類に含まれる脂肪を構成している脂肪酸のことである。

魚介類には、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などω-3脂肪酸が多く含まれる。魚介類に含まれるDHAの多くは、ラビリンチュラ類の1属である Schizochytrium 属などのような海産の微生物によって生産されたものが、食物連鎖の過程で魚の体内に濃縮されたものである。

ω-3脂肪酸摂取は心臓病の予防に良いと言われている[1]。DHAはリン脂質に含まれる脂肪酸の主要な成分である。脳や網膜など神経系との関りが知られている。

以下に、魚介類100g中に含まれる主な脂肪酸を示す[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ Our 2006 Diet and Lifestyle Recommendations(英語)(AHA - American Heart Association)
  2. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  3. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編

関連項目[編集]

外部リンク[編集]