アイナメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイナメ
アイナメ
アイナメ Hexagrammos otakii
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カサゴ目 Scorpaeniformes
亜目 : アイナメ亜目 Hexagrammoidei
: アイナメ科 Hexagrammidae
: アイナメ属 Hexagrammos
: アイナメ H. otakii
学名
Hexagrammos otakii
Jordan and Starks, 1895
和名
アイナメ
英名
Fat greenling

アイナメ(鮎魚女、鮎並、愛魚女[1]、学名 Hexagrammos otakii)は、魚類カサゴ目アイナメ科の1種。

日本沿岸の比較的塩分濃度の低い岩礁域に広く生息する底生魚で、食用にもなる。

特徴[編集]

全長30-40センチメートルほどだが、60センチメートルを超える個体もある。カサゴメバルカジカなどと同じカサゴ目に分類されるが、アイナメはひれの棘条(とげ)が発達しないこと、背びれが1つに繋がっていること、体高が高いこと、が細かいことなどが特徴である。これらの特徴はクジメホッケなど、他のアイナメ科の魚にも共通する。

体色は生息地の環境により黄、赤褐色、紫褐色など様々だが、繁殖期のオスには黄色婚姻色が現れる。近縁種のクジメとは、尾びれが三角形に角ばっていることで区別できる。また、アイナメの側線は体側中央だけでなく背びれ、腹びれ、尻びれの根もとに計5本もあるが、クジメの側線は体側の1本だけである。

分布[編集]

南西諸島と太平洋側の一部を除く日本各地の沿岸に生息し、日本以外では朝鮮半島黄海沿岸にも分布する。

生態[編集]

昼行性で、岩礁帯やテトラポッド防波堤などの陰につき、小魚や甲殻類多毛類などを捕食する。

産卵期は秋から冬で、オスは岩陰などにメスを誘い込み産卵させる。オスは巣に次々と複数のメスを誘い込んで産卵させるので、卵は緑褐色や赤紫色の大きな卵塊となる。産卵が終わった後もオスは卵のそばに残り、敵を追い払って卵塊を守る。孵化した稚魚は岩礁の周辺を泳ぎ回りながら成長するが、全長5センチメートルを超えると親魚と同じように底生生活に移る。

地方名[編集]

アブラコ(北海道)、アブラメ(関西地方[2]、ネウ(宮城県)、アブラウオ、ツムギ、モミダネウシナイなど、シジョ(新潟県柏崎地方)

利用[編集]

漁獲[編集]

底引き網刺し網、籠漁等で捕獲される。防波堤や岩場からの釣り魚としても親しまれる。釣りの場合、「ブラクリ」という特殊な動きをしながら落下するを使用することが多い。北海道、関西では投げ釣りの対象魚としても人気が高い。

食材[編集]

晩秋から春にかけての寒い時期が。最盛期は晩秋から冬。

身は脂肪の多い白身であり、そのことから「あぶらめ」とも呼ばれる。季節により寄生虫がいることがあるので、刺身などの生食は注意した方が良い。

刺身煮付け唐揚げ潮汁焼き物味噌汁干物みりん漬け粕漬けなどで食べられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.12 2002年
  2. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p1 昭和33年12月25日発行