イトヨリダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イトヨリダイ
Nemipterus virgatus on the market.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: イトヨリダイ科 Nemipteridae
: Nemipterus
: イトヨリダイ N. virgatus
学名
Nemipterus virgatus
(Houttuyn, 1782
シノニム
  • Sparus sinensis, Lacepède, 1802
  • Nemipterus matsubarae, Jordan & Evermann, 1902
  • Dentex setigerus, Valenciennes, 1830
  • Sparus virgatus, Houttuyn, 1782
  • Synagris virgatus, Houttuyn, 1782
英名
Golden threadfin bream

イトヨリダイ(糸撚鯛、または、糸縒鯛。学名:Nemipterus virgatus)は、硬骨魚綱スズキ目イトヨリダイ科に属する海水魚である。

名称[編集]

生鮮魚介類として流通する場合にはイトヨリの名称も用いられる[1]。また、地方名としてイトヒキと呼ばれる場合もあり、沖縄県ではイジュキンなどと呼ばれる。

分布[編集]

琉球列島を除く本州中部以南の西日本南日本東シナ海台湾南シナ海の水深40 mから100 m程度の泥の有る海底に生息する。

形態[編集]

体長は40 cm程度まで成長し、身体は細長く、やや側扁する。尾びれは深く二叉し、上端部は糸状に伸びる。体色はマダイよりも淡く、ピンク色に近い。体側に黄色い縦縞が6本ある。

ヒトとの関わり[編集]

日本[編集]

日本ではうま味が強い白身魚で、美味であるため、経済的価値が高い魚として漁獲され、取引される。中でも、近海で漁獲された大型の物は、高値で取引され、特に関西で珍重される。しかし、日本で市販されている物には輸入された物も多く、その場合は鮮度が落ちるので注意が必要である。日本での旬は、秋から冬にかけてとされる[2]

身が柔らかく崩れ易いため、煮付け料理には向かず、蒸し魚や、塩焼きにする場合が多い。ただし、沖縄県では食塩で味付けして煮る、マース煮にもされる。身が柔らかいため、病人用の食事として供される場合もある。なお、鮮度が高ければ、刺身にして食べる例も見られる。

台湾[編集]

台湾では「金線鰱」(ジンシエンリエン)と称し、中級の魚として食べられている。油で煎り焼きにする事が最も多いものの、台湾では「話梅」(干し梅)の風味を付けた汁をかけて食べたりもする。また、蒸し魚、塩焼きなどにする場合もある。さらに、魚肉練り製品の材料に使われる場合もある。

中華人民共和国[編集]

香港広東省では「紅衫」「広東語、ホンサーム)と称し、中級の魚として食べられている。油で煎り焼きにする事が最も多いものの、例えば、香港では落花生油で焼いて、豆豉で味を付けるなど、地域によって味付けに違いが見られる。また、蒸し魚、塩焼きなどにする場合もある。

近縁種[編集]

  • ソコイトヨリ - 腹縁が黄色く、体側の黄色の線は3本である。食味はイトヨリダイより若干大味とされる。
  • モモイトヨリ - 沖縄県周辺に生息。全体に薄い桃色で、体側に線が無く、尾びれ上端が糸状には伸びていない。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1) (pdf)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  2. ^ 本山荻舟 『飲食事典』 p.36 平凡社 1958年12月25日発行

関連項目[編集]