イイダコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イイダコ
Ocellated octopus.jpg
Octopus ocellatus.jpg
上 :貝殻に収まっているイイダコ
日本神戸市立須磨海浜水族園にて)
下 :イイダコ(タイ産、生物遺体)
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
亜綱 : 鞘形亜綱 Coleoidea
上目 : 八腕形上目 Octopodiformes
: タコ目(八腕目) Octopoda
亜目 : マダコ亜目 Incirrina
: マダコ科 Octopodidae
亜科 : マダコ亜科 Octopodinae
: マダコ属 Octopus
: イイダコ O. ocellatus
学名
Octopus ocellatus
Gray1849
シノニム

本文を参照

和名
イイダコ
英名
Ocellated octopus

イイダコ(飯蛸、学名Octopus ocellatus もしくは Octopus fangsiao)は、マダコ科 マダコ属に分類されるタコの1である。東アジア浅海に生息する小型のタコであり、沿岸域では古代から食用として漁獲されている。

呼称[編集]

種小名 ocellatus は、ラテン語で「目(のような模様)のついた」の意味で、足の付け根あたりに目立つ眼状紋のある[1]ことを指しての命名。

和名のイイダコは「飯蛸」で、一説に、胴部(頭にみえる部位)にぎっしり詰まった卵胞が米飯のように見えるからだという。 または、その卵胞の食感が飯粒のようであるからだとも。 方言として「コモチダコ(子持ち蛸)」や「イシダコ」「カイダコ」などがある。

生物的特徴[編集]

形態[編集]

体長は最大でも30cmほどで、タコとしては小型である。体表は低い疣(いぼ)状突起が多い。体色は周囲の環境により変化するが、腕の間の襞(ひだ)に金色の環状紋が2つあることと、両眼の間に長方形の模様があることで他種と区別できる。また、興奮すると胴(俗に「タコの頭」と呼ばれる部位)や腕に黒い縦帯模様が現れる。

生態・分布[編集]

北海道南部以南の日本沿岸域から朝鮮半島南部、黄海、および、中国の沿岸域に至る、東アジアの浅海に分布する。なお、沖縄で「シガヤー」と呼ばれるものはイイダコに似ているが、正しくはウデナガカクレダコである。

波打ち際から水深10mほどまでの、岩礁や転石が点在する砂泥底に生息する。外洋性のマダコに対して波の穏やかな内湾に多く、日本本土ではテナガダコOctopus minor minor)と生息域が重複する。昼間は石の隙間やアマモ場に潜むが、大きな二枚貝貝殻や捨てられた空き、空きなども隠れ家として利用する。夜になると海底を移動しながら餌を探し、海岸性の甲殻類多毛類貝類などさまざまな底生生物(ベントス)捕食する。天敵としては、人間のほか、マゴチエソ類などの大型肉食魚が挙げられる。

産卵期は冬から春にかけてで、石の間や貝殻の中に長径4mm程度の半透明の卵を産む。この卵はマダコよりも大粒で、ちょうど米粒くらいの大きさがある。産卵後はメスが卵のそばに留まって卵を保護し、卵が孵化するとほとんどのメスは死んでしまう。

系統分類[編集]

ITIS(統合分類学情報システム)、および、NCBI(国立生物工学情報センター)による本種 Octopus ocellatus の分類上の位置は、未確定である。Octopus fangsiaoシノニムの関係にあり、系統分類学的にはまだ議論の一致を見ていない。 なお、最下段で示したウィキスピーシーズでは Octopus fangsiao に分類されている。

また、Octopus fangsiao には下位分類として次の2亜種がある。

  • Octopus fangsiao fangsiao (Sasaki, 1929) :模式亜種
  • Octopus fangsiao etchuanus D'Orbigny, 1839-1841 in Férussac and D'Orbigny, 1834-1848

シノニム[編集]

  • Octopus fangsiao D'Orbigny, 1839-1841 in Férussac and D'Orbigny, 1834-1848
  • Polypus fangsiao
  • Polypus ocellatus

利用[編集]

漁撈[編集]

漁具 二枚貝を用いたイイダコ漁の仕掛け網(日本、明石市二見港

漁撈の対象としては主に蛸壺漁で獲られ、イイダコ用の蛸壺は大きな二枚貝貝殻、または、それを模したプラスチック製の貝殻が用いられる。

日本では、イイダコ漁専用と思われる小型の蛸壺が古く弥生時代古墳時代地層から発見されている。現代におけるイイダコの蛸壺漁は、瀬戸内海沿岸および九州西部のものがよく知られている。

遊漁[編集]

海岸からの釣りでわりと手軽に獲ることができる。イイダコは白いものに飛びつく習性があるが、これはイイダコが獲物である二枚貝の白さと見誤って襲いかかるためといわれており、その錯覚を利用した「テンヤ」という釣りが知られている。釣具店などでもイイダコ釣りのためのテンヤが市販されており、白色のほか、ピンク、赤など海中でも目立つような鮮やかな着色がなされている。そのほか、スイセンラッキョウ球根、肉の脂身などを(かぎ)に取り付けて釣る技法がある。また、キスクロダイ釣りの外道(本来の釣る目的魚とは違う魚)として上がることもある。

[編集]

一般に、墨袋カラストンビの除去、ぬめり取り、下茹でなどの下ごしらえが推奨されている[要出典]煮るときにを少量入れると柔らかく煮えるとされる。歯応えのある身と、濃厚な旨味のある卵は美味である。

日本

卵胞が充分成長した産卵直前のメスが珍重される。市場には主に10cm前後のものが出回る。 塩で揉み洗いしてから塩茹でし、丸ごとおでん種など鍋物に、もしくは、ぶつ切りにして刺身酢味噌和えなどで食べられる。他に煮物炊き込みご飯たこめし)、から揚げなど。オスは「スボ」、「スボケ」などの名でよばれ、卵を持たないため市場での価格もメスより安くあまり流通していない。

韓国・中国

韓国ではよく利用される食材であり、煮物、唐辛子味噌炒め、鍋料理などに用いられる。

日本でサンナクチ韓国語산낙지[語義:活きたテナガダコ]、英語表記:Sannakji)と知られている料理は、生きたままぶつ切りにしたイイダコではなくテナガタコ (学名Octopus minor) である。

一方、中国にはタコを食べる文化は見られず、従来の中国料理にタコを食材としたものは無い。

ギリシャ、トルコ

メゼと呼ばれる様々な前菜の盛り合わせの一つとして用いられる。主にグリルで焼き香ばしく焦げ目のついた足を食べる。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イイダコの金の腕章 / マイ・アウトドア@新潟 - 眼状紋(金冠)がよくわかる写真が掲載されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]