リグノセリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リグノセリン酸
識別情報
CAS登録番号 557-59-5 チェック
PubChem 11197
ChemSpider 10724 チェック
KEGG C08320
ChEBI CHEBI:28866 ×
ChEMBL CHEMBL1173620 チェック
特性
化学式 C24H48O2
モル質量 368.63 g/mol
融点

84.2 °C[1]

沸点

272℃

関連する物質
関連する脂肪酸 ベヘン酸 (C22:0)
w:en:Cerotic acid (C26:0)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

リグノセリン酸(リグノセリンさん、C24:0, : lignoceric acid)はテトラコサン酸とも呼ばれ、 C23H47C(=O)OH という構造式で表される飽和脂肪酸である。乾留液セレブロシド類の分解物中に見られる。ほとんどの脂肪に少量含まれており、ピーナツ油の成分の 1.1%–2.2% はリグノセリン酸である[1]リグニン合成の副産物としても作られる。また、還元するとリグノセリルアルコールが得られる。

出典[編集]

  1. ^ a b “Lexicon of lipid nutrition (IUPAC Technical Report)”. Pure and Applied Chemistry 73 (4): 685–744. (2001). doi:10.1351/pac200173040685. http://iupac.org/publications/pac/73/4/0685/. 


C23:
トリコシル酸
飽和脂肪酸 C25:
ペンタコシル酸