タイセイヨウサケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイセイヨウサケ
Salmo salar.jpg
タイセイヨウサケ Salmo salar
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 魚上綱 Pisciformes
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
: サケ目 Salmoniformes
: サケ科 Salmonidae
亜科 : サケ亜科 Salmoninae
: タイセイヨウサケ属 Salmo
: タイセイヨウサケ S. salar
学名
Salmo salar
(Linnaeus, 1758年)
和名
タイセイヨウサケ大西洋鮭
アトランティックサーモン
キングサーモン
英名
Atlantic Salmon

タイセイヨウサケ大西洋鮭、学名 ラテン語: Salmo salar, 英語: Atlantic Salmon, ドイツ語: Atlantischer Lachs)は、サケ目サケ科に属する魚類の1種である。大西洋の北部と、そこへ流入する河川に広く分布する。タイセイヨウザケ連濁して発音したり、英読の仮名転写で「アトランティック(またはアトランチック)サーモン」とも呼ばれる。日本の場合、流通・加工業者や釣り人に限らず、一般に後者のアトランティックサーモンの名で知られることが多い。このように食用魚として取り引きされているものの、現在では、棲息していた河川へのダムの建設や水質汚染Gyrodactylus salarisの人為的移入により、野生個体群の資源量が減少した上に、海中飼育が容易で飼料の種類や飼育方法により食味を調整し易く、さらに天然漁獲の個体と違い寄生虫の懸念が少ないため、市場に流通する大半が養殖物である。

Salmonが意味するサケ[編集]

元来英語の"Salmon"や同系のヨーロッパの語彙が指す魚は、この種である。そのためヨーロッパやアフリカ諸国、中近東といったユーラシア大陸西部では、単に英語で"Salmon"と言えば、通常は、このタイセイヨウサケ(またはタイセイヨウサケ属の同属他種との交配も含む多様な人為的改良種)を指す。

これに対して、マレーシアや中国、台湾、日本などユーラシア大陸東部のアジア諸国の多くでは、単に「鮭」や、それに類する言葉を言った場合には、タイヘイヨウサケ属Oncorhynchus)を指すことが一般的である。

身体の特徴[編集]

回遊するアトランティックサーモン

サケ類の中でタイセイヨウサケは比較的大型であり、成魚の全長は平均で90 cmから110 cm程である。なお、特に大きな個体では、全長150 cm・体重40 kg以上に達する。ただ、成魚の頭部は比較的小さく、体高は低い。頭部から背部にかけて黒点が散在する。

スモルト(降海する幼魚)の体側は銀色で、背部は暗い青緑色である。

生態[編集]

生息海域を示す図

大半はシロザケのように1回の産卵で死滅するが、同属のブラウントラウトS. trutta, 茶色マス)やニジマスOncorhynchus mykiss, テツ)のように遡上・産卵・降海を複数回繰り返す個体も存在し、中には10年以上生きる例もごく稀にある。幾つかの湖と流入河川では、陸封型も見られる。

淡水生活期[編集]

サケ科魚類最大の特徴である母川回帰本能により、タイセイヨウサケも、成魚は自身が産まれた川に遡上して、9月から11月に産卵を行う。遡上の時期は3月から5月にかけての春先と夏季、産卵直前である。春先と夏季に遡上した個体は、秋の産卵期まで暫く河川で過ごす。産卵後の親魚の大半は死滅するが、再び降海・遡上する個体もいる。

孵化した稚魚は、初期はプランクトン、ある程度成長すると水生昆虫や小エビ、小魚などを食べて、充分に成長してから降海する。なお、孵化した稚魚が降海するまでの淡水域で暮らす期間は、サケ類の中で、タイセイヨウサケの場合は比較的長い。しかし、棲息する河川によって、その期間は大きく異なる。イギリスの例では、ロンドン周辺のテムズ川では大半の稚魚の河川残留期間が約1年であるのに対し、スコットランド北部の河川では4年以上残留する事例も見られる。

海洋生活期[編集]

アメリカ東海岸での回遊ルート

降海した幼魚は、北極圏に近い大西洋北部の海域を目指す。そこでは、多くの降海型サケ科と同様に、イカカイアシ類エビアミ、魚類などを捕食しながら1年から4年かけて成魚へと成長する。

食材として[編集]

主にムニエルフライ、コショウと食塩でシンプルな味付けをした素焼、煮物、燻製スモークサーモンロックスなど)等にする。また、保存性を向上させるべく、塩蔵品(グラブラックスなど)に加工する場合もある。

卵巣も食され、イクラに加工する場合もある。

なお、刺身寿司ネタとしても扱われる場合もあり、日本でも寿司ネタとして扱われる「サケ」は、ニジマスの降海型個体(いわゆるスチールヘッド)を養殖したサーモントラウトの他、養殖アトランティックサーモンが使われる場合もある。養殖物であれば、ヒトに感染する寄生虫を排除できるためである。

なお、別種であるマスノスケが日本の鮮魚店などでは「キングサーモン」の名称で販売される場合もある一方で、タイセイヨウサケ(アトランティックサーモン)が同じ「キングサーモン」の名称で並べられている場合もある。

釣りの対象として[編集]

スコットランドのGyrodactylus salarisに関する看板。

イギリスや北ヨーロッパの他、ロシア西部に至るまで、北大西洋に面する多くの国々では、古くから釣りの好対象として親しまれてきた。北アメリカ大陸の北東部ではセントローレンス川の河口付近、カナダ・ケベック州のガスペ半島にはタイセイヨウサケが遡上する大小様々な支流が無数にあり、タイセイヨウサケ釣りが盛んに行われてきた。カナダの大西洋沿岸全域やアメリカ合衆国のニューイングランド地方一帯の河川の多くにも生息しており、各自治体にもよるが、何も免許を有さずとも、入漁料さえ支払えば、料金に応じた制限数量内で許可されている事が多い。

一方で、タイセイヨウサケに感染する寄生虫の問題が出てきた。

養殖[編集]

タイセイヨウサケの養殖場

タイセイヨウサケはチリカナダノルウェーロシアイギリスオーストラリアタスマニア州などで大量に養殖されている。養殖されているタイセイヨウサケは、ほとんどがヨーロッパの個体群を祖先としているため、北米東海岸では養殖場から逃げたサケが野生のサケと交雑して起こる遺伝子汚染が懸念されている。北米西海岸では逃げたタイセイヨウサケが外来種として定着し、タイヘイヨウサケ属の個体群と限られた資源を巡って競争する可能性が懸念されている[2] 。また、病気の予防のために投与される薬品、餌の食べ残し、サケの排泄物による養魚場周辺の水質汚染の可能性も無視できない。

Salmonid production in tonnes by species
1982 2007
天然 養殖 天然 養殖
タイセイヨウサケ 10,326 13,265 2,989 1,433,708
スチールヘッド 171,946 604,695
ギンザケ 42,281 2,921 17,200 115,376
マスノスケ 25,147 8,906 11,542
カラフトマス 170,373 495,986
サケ 182,561 303,205
ベニザケ 128,176 164,222
Total salmonid production
1982 2007
tonnes percent tonnes percent
天然 558,864 75 992,508 31
養殖 188,132 25 2,165,321 69
合計 746,996 3,157,831

遺伝子組み換えによる種の開発[編集]

養殖技術が確立しているタイセイヨウサケに、マスノスケ(キング・サーモン)の成長促進遺伝子を組み込んだ種の開発が実用化段階にあり、2010年現在、アメリカ食品医薬品局の認可を待っている状態にある。認められれば、アメリカ国内における遺伝子組み換え動物による食品第1号となる[3]

保護[編集]

アメリカ合衆国東海岸のメイン州のメイン湾セントクロワ川英語版河口を除くケネベック川下流の支流を母川とする個体群は、絶滅の危機に瀕する種の保存に関する法律により絶滅危機("endangered")個体群に指定されている[4]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ World Conservation Monitoring Centre 1996. Salmo salar. In: IUCN 2009. IUCN Red List of Threatened Species Version 2009.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 07 October 2009.
  2. ^ Mills, D (1989). Ecology and Management of Atlantic Salmon. Springer-Verlag.
  3. ^ 遺伝子組み換え動物、承認第1号目前のサケに待った AFP.BBnews.2010年11月22日閲覧
  4. ^ USFWS Threatened and Endangered Species System (TESS) Archived 2011年10月19日, at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

  • サケ・マス魚類のわかる本(奥山文弥、井口斎 共著/山と渓谷社 刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]