プリンスエドワード島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯46度20分 西経63度22分 / 北緯46.333度 西経63.367度 / 46.333; -63.367

プリンスエドワード島(図右の赤い部分)
セントローレンス湾内での位置(赤丸)

プリンス・エドワード島(Prince Edward Island、略称PEI)は、カナダの東海岸、セントローレンス湾に浮かぶ島で、カナダの州(Province)の1つ(プリンスエドワードアイランド州)でもある。

カナダの州の中では面積、人口共にもっとも小さいが、愛媛県とほぼ同じ広さ(東京都の約3倍)があり、小さな島ではない。気候は温暖。土地は赤土で肥沃。

州都はシャーロットタウン。総面積、5,660km2。州人口、13万9,000人(2001年)。 州はセントローレンス湾の同名のプリンスエドワード島で構成され、同様にカナダ沿海州であるニューブランズウィック州とはノーサンバーランド海峡で隔てられる。ただし、この海峡には1997年コンフェデレーション橋が架けられ、プリンスエドワード島のボーデン=カールトンBorden-Carleton)とニューブランズウィック州のケープ・ジューリマンCape Jourimain)とを結んでいる。

この島の特産はジャガイモであるが、それ以上に『赤毛のアン』シリーズを書いたL・M・モンゴメリが住んでいた島として名高い[1]。その縁で、夏場は観光客で賑わう。日本からの観光客も多い。

カナダが独立する際、カナダ建国会議が開かれたという由緒ある歴史の島という顔も持っている。

1543年フランスの探検家ジャック・カルティエによって発見された。


観光の名所[編集]

  • シャーロットタウン
カナダの連邦政府発祥の地。カナダ建国会議が開かれた会場はプロビンスハウス。またコンフェデレーション・センター・オブ・アートで毎年ミュージカル「赤毛のアン」が上演される。
「赤毛のアン」の主舞台となる町・アボンリーのモデル。グリーンゲーブルスハウスがある。プリンスエドワード国立公園、アボンリービレッジパーク(ミニテーマパーク)、キャベンディッシュ・セメタリー(モンゴメリの墓所がある)などがある。
シルバーブッシュ・銀の森屋敷(『パットお嬢さん』に登場する家)、モンゴメリ・ヘリテイジ博物館(炉辺荘のモデル)などがある。
島の南部、入り江のほとりにある州立公園[2]

プリンス・エドワード島の風景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界の美しい色の町、愛らしい家』 エクスナレッジ2015年、145頁。ISBN 978-4-7678-1932-7
  2. ^ 『世界の美しい色の町、愛らしい家』 エクスナレッジ2015年、151頁。ISBN 978-4-7678-1932-7

関連項目[編集]