マコガレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マガレイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: カレイ目 Pleuronectiformes
: カレイ科 Pleuronectidae
: Pseudopleuronectes
: マガレイ P. yokohamae
学名
Pseudopleuronectes yokohamae
(Günther, 1877)
和名
マコガレイ
英名
Marbled sole

マコガレイ(真子鰈、学名:Pleuronectes yokohamae)は、カレイ目カレイ科に分類される魚の一種。真子は卵巣のこと。

名称[編集]

地方名に、城下かれい。学名Pleuronectes yokohamaeはかつて横浜近海に多く棲息したことに由来するが、近年は個体数が減少している。

分布[編集]

北海道南部から大分県、東シナ海北部、渤海。

特徴[編集]

体長は45-50cm。眼のある側の体色は黒褐色。両眼間隔に鱗がある。無眼側の尾柄部縁辺は黄色くならない。

水深100m以下の浅い海の砂泥底に生息し、底生動物を食べる。11月から翌年2月に粘性沈着を産む。

近縁種[編集]

漁業[編集]

利用[編集]

旬は初夏。子持ちガレイとしては冬場。

参考文献[編集]