臨時災害放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

臨時災害放送局(りんじさいがいほうそうきょく)とは、放送法第8条に規定する「臨時かつ一時の目的(総務省令で定めるものに限る。)のための放送」(臨時目的放送)のうち、放送法施行規則第7条第2項第2号に規定する「暴風、豪雨、洪水、地震、大規模な火事その他による災害が発生した場合に、その被害を軽減するために役立つこと」を目的とする放送を行う基幹放送局である。「臨時災害放送局」の語は、電波法関係審査基準(平成13年1月6日総務省訓令第67号)による。しばしば、臨災局と略される[1]

概要[編集]

1995年(平成7年)1月に発生した阪神・淡路大震災の際に、兵庫県から「災害情報の専用の放送局を開設したい」という要望があり、2月に放送法施行規則第7条第2項に規定する臨時目的放送の目的がイベント放送局のみであったものに追加される形[† 1]で創設された。地震火山噴火風水害及び雪害によって甚大な被害が発生した場合に開設され、被災した地域に各種情報(地方公共団体からの災害関連情報、避難場所、救援物資、仮設住宅、ライフライン復旧状況など)を提供する。

免許[編集]

超短波放送(FM放送)によるものとされる。中波放送(AM放送)については、電波伝搬が広域にわたり周辺諸国との調整も要することもあって制度化されていない。阪神・淡路大震災時の際には兵庫県が免許人となったが、以後は「市町村広域連合を含む。)が免許人となり被災地域を対象に必要最小の空中線電力で、被災者の日常生活が安定するまでを免許期間とする」[2]とされた。

臨機の措置として口頭による申請で即座に免許される。ただし、コミュニティ放送局(CFM)がある市町村に関しては基本的にその設備を使って実施される[† 2]ため、コミュニティ放送を休止し、臨時に中継局の開局や空中線電力の増力を申請することになる。空中線電力は原則としてコミュニティ放送局は20W以下であるが臨時災害放送局は100W以下である[† 3]。これは書類申請を免除するものではなく、後日速やかに申請書を提出しなければならない。地上基幹放送局であるので、第二級陸上無線技術士以上の無線従事者も必須である。本来、地上基幹放送局の免許は、まず予備免許を取得し落成検査[† 4]に合格して付与されるもので、これらが免除されたわけではないので、落成検査は後日実施される。但し、被災状況によっては落成検査を実施する前に臨時災害放送局を廃止し、結果として落成検査が行われないこともある。電波法関係手数料令第2条および第3条に規定する免許申請や落成検査の手数料については、単なる「テレビジョン基幹放送局以外の基幹放送局」であり、臨時災害放送局であることによる減免措置はない。

呼出符号イベント放送局と同様に、JOYZ#*-FMまたはJOYZ#**-FM、#は管轄する総合通信局沖縄総合通信事務所を含む)を表す1数字、*または**は免許の交付順に1または2英字[† 3]。免許の有効期間は、電波法施行規則第7条第1号に「当該放送の目的を達成するために必要な期間」とされ、一概にはいえない。電波法第13条第1項の5年間を超えることはできないが、これは再免許を妨げるものでもない。

送信機は、総合通信局や既存の放送事業者や災害対策を支援する団体などが保有する。地方公共団体が保有することも否定されないが、日常的に、つまり災害が発生していない時に使用することはできず、イベント時のイベント放送局や防災訓練時に実験試験局として開設することしかできない。

運用[編集]

運営費その他の費用は、開設した市町村の負担とされる。総合通信局の送信機は無償貸与するものとされる。電波利用料は、地方公共団体が免許人となるので、電波法第103条の2第14項[† 5]により免除される。

災害による大被害の最中に市町村が人員を割く余裕はなく、上級無線従事者を含め放送事業を知悉した人物を確保していることも稀であり、コミュニティ放送局が無い市町村では既存の県域放送やコミュニティ放送の事業者、その他支援団体などの民間団体に業務委託する形で実施する。

運用時間は、コミュニティ放送局と同様に連続して放送する義務はない。臨時災害放送局は放送法第108条にいう「被害を軽減するために役立つ放送」をするものであるが、放送事項は市町村や関連機関からの伝達事項ばかりでなく、精神的な被害を軽減する音楽やお笑いなどの軽い娯楽なども容認される。

CMについては、明文化されておらず、従前は免許人が市町村であることから公共性が高いと判断され、できないものとされてきた。しかし、2011年(平成23年)の東日本大震災の際に要望もあり、明文化されていないことは禁止されていないと解釈され、免許人の判断により実施できるとされた。ただ、市町村による放送であるので公平性を欠かないことが望まれる。この場合でもコミュニティ放送局で契約されていたものは、免許人が異なる為、してはならないとされる[要出典][† 6]

定期検査[† 4][編集]

落成検査と同様に臨時災害放送局であることで免除されるものではなく、電波法施行規則第41条の4の親局は1年、中継局には5年の規定が適用され、電波法関係手数料令第19条においても手数料の減免措置はない。

事例[編集]

2016年(平成28年)4月までに、のべ47局が開局した。

BSN川口ラジオ中継局IBC山田災害臨時ラジオは臨時災害放送局ではないが、便宜的に表に加えてある。

開局事例
災害名
(発生日)
呼出名称
(呼出符号)
運用期間[† 7] 演奏所 備考
阪神・淡路大震災
1995年(平成7年)1月17日
ひょうごけんさいがい
エフエムほうそう

JOAZ-FM
1995年(平成7年)2月15日
- 3月31日
兵庫県神戸市
県庁2号館(地図
愛称は「FM796 フェニックス」
出力300W
有珠山噴火
2000年(平成12年)3月31日)
あぶたちょうさいがい
エフエムほうそう

JOYZ1M-FM
2000年(平成12年)5月7日
- 2001年(平成13年)3月31日
北海道虻田町
あぶたふれ合いセンター(地図
愛称は「FMレイクトピア」
出力100W[3]
新潟県中越地震
2004年(平成16年)10月23日
ながおかさいがい
エフエム

JOYZ4M-FM
2004年(平成16年)10月27日
- 2005年(平成17年)1月26日
新潟県長岡市
FMながおか(地図
既存cFM局(JOZZ4AH-FM)の出力を20Wから50Wに増力[4]
新潟県小千谷市
小千谷市役所(地図
十日町市臨時災害
対策用FM放送局

JOYZ4N-FM
2004年(平成16年)10月28日
- 2005年(平成17年)1月31日
新潟県十日町市
十日町市役所(地図
出力10W[5]
エフエム雪国(cFM局)が協力
BSN
川口ラジオ中継局
2004年(平成16年)10月28日
- 12月31日
新潟県川口町
BSN新潟放送地図
県域放送AM局が、聴取困難な被災地においてAM中継局を新設[6]
新潟県中越沖地震
2007年(平成19年)7月16日
柏崎市災害エフエム[7]JOYZ4O-FM 2007年(平成19年)7月25日
- 8月25日
新潟県柏崎市
FMピッカラ(地図
柏崎市が、既存cFM局(JOZZ4AC-FM)の中継局(出力10W)を長岡市に設置[8]
平成23年豪雪
2010年(平成22年)12月
- 2011年(平成23年)2月)
よこてさいがい
エフエム

JOYZ2M-FM
2011年(平成23年)1月27日
- 2月28日[† 8]
秋田県横手市
横手コミュニティFM放送(よこての賑わい創出プロジェクト)(地図
イベントFMとして3か月間開局した、4月開局予定で準備中のcFM局が出力20Wで放送[9][10]
豪雪収束により放送を休止したが、震災発生により放送再開
閉局後、横手コミュニティFM放送(cFM局)開局
東日本大震災
(2011年(平成23年)3月11日
2011年(平成23年)3月12日
- 3月30日[† 8]
はなまきさいがい
エフエム

JOYZ2O-FM
2011年(平成23年)3月11日
- 4月3日
岩手県花巻市
FM One(地図
既存cFM局(JOZZ2BA-FM)の出力を20Wから100Wに増力[11]
おうしゅうさいがい
エフエム

JOYZ2N-FM
2011年(平成23年)3月12日
- 29日
岩手県奥州市
oshu-fm(地図
既存cFM局(JOZZ2AX-FM)の出力を20Wから150Wに増力[11][12]
かしまさいがい
エフエム

JOYZ3M-FM
2011年(平成23年)3月13日
- 6月1日
茨城県鹿嶋市
FMかしま(地図
既存cFM局(JOZZ3BD-FM)の出力を20Wから50Wに増力[13]
つくばさいがい
エフエム

JOYZ3N-FM
2011年(平成23年)3月14日
- 4月15日
茨城県つくば市
ラヂオつくば(地図
既存cFM局(JOZZ3BO-FM)の出力を10Wから80Wに増力[14]
おおさきさいがい
エフエム

JOYZ2P-FM
2011年(平成23年)3月15日
- 5月14日
宮城県大崎市
旧・FM飛夢(地図
cFM開局準備中の、閉局したミニFM局が出力50Wで放送[11][15]
とめさいがい
エフエム

JOYZ2Q-FM
2011年(平成23年)3月16日
- 2013年(平成25年)3月15日
宮城県登米市
H@!FM(地図
既存cFM局(JOZZ2AZ-FM)の出力を20Wから100Wに増力[11]
いしのまきさいがい
エフエム

JOYZ2S-FM
2011年(平成23年)3月16日
- 2015年(平成27年)3月25日
宮城県石巻市
石巻市役所(地図
既存cFM局(JOZZ2AG-FM)の出力を20Wから100Wに増力[11]
震災でcFM演奏所は使用不可
ふくしまさいがい
エフエム

JOYZ2R-FM
2011年(平成23年)3月16日
- 25日[† 9]
福島県福島市
FM POCO(地図
既存cFM局(JOZZ2AC-FM)の出力を20Wから100Wに増力[11]
IBC山田災害
臨時ラジオ
2011年(平成23年)3月17日
- 2015年(平成27年)3月28日
岩手県盛岡市
IBC岩手放送
県域放送AM局が、聴取困難な被災地において中継局をFM放送10Wで設置(地図[11]
閉局後、IBCの通常の中継局として開局
しおがまさいがい
エフエム

JOYZ2T-FM
2011年(平成23年)3月18日
- 2013年(平成25年)9月26日
宮城県塩竈市
塩竈市役所(地図
既存cFM局(JOZZ2AF-FM)が出力を10Wから100Wに増力[11]
震災でcFM演奏所は使用不可
みやこさいがい
エフエム

JOYZ2U-FM
2011年(平成23年)3月19日
- 2013年(平成25年)8月25日
岩手県宮古市
みやこコミュニティ放送研究会(地図
イベントFM開局計画だったみやこコミュニティ放送研究会が出力20Wで放送[11][16][17]
閉局後、宮古エフエム放送(cFM局)が開局
いわぬまさいがい
エフエム

JOYZ2V-FM
2011年(平成23年)3月20日
- 2014年(平成26年)3月31日
宮城県岩沼市
FMいわぬま(地図
既存cFM局(JOZZ2AJ-FM)の出力を20Wから100Wに増力[11]
宮城県岩沼市
岩沼市役所(地図
やまもとさいがい
エフエム

JOYZ2W-FM
2011年(平成23年)3月21日
- 2017年(平成29年)3月31日
宮城県山元町
山元町役場(地図
愛称は「りんごラジオ」、長岡移動電話システム(cFM局)が協力[18]
出力30W[11]
けせんぬまさいがい
エフエム

JOYZ2X-FM
2011年(平成23年)3月22日
- 2017年(平成29年)6月26日[19]
宮城県気仙沼市
気仙沼・本吉広域防災センター(地図
出力30W[11]
気仙沼市長の要請により、登米コミュニティエフエム(cFM局)が協力[20]
わたりさいがい
エフエム

JOYZ2Y-FM
2011年(平成23年)3月24日
- 2016年(平成28年)3月24日
宮城県亘理町
亘理町役場(地図
愛称は「FMあおぞら」[21]、長岡移動電話システム(cFM局)が協力[22]
出力30W[11]
おおふなとさいがい
エフエム

JOYZ2Z-FM
2011年(平成23年)3月28日
- 2013年(平成23年)3月30日
岩手県大船渡市
大船渡市役所(地図
出力30W[11]
奥州エフエム放送が協力[23][24]
2011年(平成23年)4月7日陸前高田市向けに中継局を増設[11][25]
中継局は同年12月9日廃止
閉局後、FMねまらいん(cFM局)が開局
いわきさいがい
エフエム

JOYZ2AA-FM
2011年(平成23年)3月28日
- 5月27日
福島県いわき市
SEA WAVE FMいわき
既存cFM局(JOZZ2AE-FM)の中継局(地図)を出力100Wで増設[11][26]
そうまさいがい
エフエム

JOYZ2AB-FM
2011年(平成23年)3月30日
- 2014年(平成26年)3月31日
福島県相馬市
相馬市役所(地図
出力30W[11][27][28]
かまいしさいがい
エフエム

JOYZ2AC-FM
2011年(平成23年)4月7日
- 2017年(平成29年)3月31日
岩手県釜石市
FM岩手 釜石支局
地図
県域放送FM局(エフエム岩手)の協力により、釜石市内の支局に演奏所を設置[29]
設置当初は制作経験者有志、臨時職員とボランティアで運営
放送設備はエフエム東京が設営を支援
2014年(平成26年)4月よりFM岩手釜石支局が運営を受託
出力30W[11][30]
すかがわさいがい
エフエム

JOYZ2AD-FM
2011年(平成23年)4月7日
- 8月7日
福島県須賀川市
ホテルウイング
インターナショナル
須賀川(地図
出力30W[11][31]
なとりさいがい
エフエム

JOYZ2AE-FM
2011年(平成23年)4月7日
- 2015年(平成27年)2月28日
宮城県名取市
名取市役所(地図
愛称は「なとらじ801」
出力50W[11]
閉局後、エフエムなとり(cFM局)が開局(愛称は臨時災害放送局より継続)
みなみそうまさいがい
エフエム

JOYZ2AF-FM
2011年(平成23年)4月15日
-
福島県南相馬市
南相馬市役所(地図
愛称は「南相馬ひばりFM」
出力50W[11][32]
おながわさいがい
エフエム

JOYZ2AG-FM
2011年(平成23年)4月21日
- 2016年(平成28年)3月29日
宮城県女川町
地域医療センター(旧・女川町立病院)(地図
女川町出身の発起人の呼び掛けで、放送作家のトトロ大嶋。、ニコ生企画放送局ほか有志の協力により開局
10代から30代までの町内在住の被災者自身が運営。webやポッドキャスト、ツイッターで町内以外にも情報発信している。NHKクローズアップ現代』、「がんばっぺラジオ」などでドキュメントとしても放送された[33]
出力20W[11]
2012年(平成24年)4月1日、再免許
4月20日、スタジオ移転
7月1日、送信所移転[34]
けせんぬまもとよしさいがい
エフエム

JOYZ2AH-FM
2011年(平成23年)4月22日
-
宮城県気仙沼市
気仙沼市役所
本吉総合支所(地図
出力20W[11]
みなみさんりくさいがい
エフエム

JOYZ2AI-FM
2011年(平成23年)5月17日
- 2013年(平成25年)3月31日
宮城県南三陸町
ベイサイドアリーナ(地図
出力30W[11][35]
ラジオ関西が機材を提供し、FMながおかが周波数を調査、アンテナを設置、流通科学大学の学生などが開局を支援[36]
みやこたろうさいがい
エフエム

JOYZ2AJ-FM
2011年(平成23年)5月31日
- 2014年(平成26年)3月31日
岩手県宮古市
グリーンピア
三陸みやこ(地図
出力10W[11]
みやこさいがいエフエムの再送信
たかはぎさいがい
エフエム

JOYZ3O-FM
2011年(平成23年)6月8日
- 2013年(平成25年)3月31日
茨城県高萩市
総合福祉センター(地図
出力20W[37][38]
市川エフエム放送とFMながおか、茨城放送が協力[39]
閉局後、同一周波数にてたかはぎFM(cFM局)開局
りくぜんたかたさいがい
エフエム

JOYZ2AK-FM
2011年(平成23年)12月10日
-
岩手県陸前高田市
陸前高田災害FM(地図
出力20W[40]
NPO法人陸前高田市支援連絡協議会 Aid TAKATAが運営[41]
2011年(平成23年)12月10日から2年の免許が付与
2012年(平成24年)3月18日、スタジオ移転
2013年(平成25年)12月10日から2015年(平成27年)3月31日まで再免許付与
おおつちさいがい
エフエム

JOYZ2AL-FM
2012年(平成24年)3月28日
- 2016年(平成28年)3月18日
岩手県大槌町
シーサイドタウンマスト(地図
出力10W
NPO法人まちづくりぐるっとおおつちが運営
とみおかさいがい
エフエム

JOYZ2AM-FM
2012年(平成24年)3月11日
-
福島県郡山市
富岡町生活復興
支援センター(地図
出力10W
愛称は「おだがいさまFM」で、富岡町社会福祉協議会が運営[42]
前身は2011年(平成23年)5月27日に放送を開始したビッグパレットふくしま(郡山市)内のミニFM局[43]
とりでさいがい
エフエム

JOYZ3P-FM
2012年(平成24年)8月1日
- 2013年(平成25年)1月31日
茨城県取手市
取手市役所(地図
出力10W[44][45]
新燃岳噴火
(2011年(平成23年)1月19日
たかはるさいがい
エフエム

JOYZ0N-FM
2011年(平成23年)4月1日
- 2012年(平成24年)3月31日
宮崎県高原町
高原町役場(地図
出力20W[46]
BTVケーブルテレビが協力[47]
平成25年7月28日の島根県と山口県の大雨
(2013年(平成25年)7月28日
つわのちょうさいがい
エフエム

JOYZ8MA-FM
2013年(平成25年)7月29日
- 8月6日
島根県津和野町
津和野町役場(地図
出力100W
送信所:道の駅津和野温泉なごみの里から1km西方の県道13号線路上(地図
サンネットにちはらが協力
ケーブル断線時の災害情報伝達手段を確保するため、町として送信機や手回しラジオ等を準備していた[48]
平成26年8月豪雨
(2014年(平成26年)7月30日
- 8月26日
たんばしさいがい
エフエム

JOYZ7M-FM
2014年(平成26年)9月16日
- 11月30日
兵庫県丹波市
前山コミュニティセンター(地図
出力15W[49]
平成27年9月関東・東北豪雨
(2015年(平成27年)9月9日
- 11日
じょうそうさいがい
エフエム

JOYZ3Q-FM
2015年(平成27年)9月14日
- 11月30日
茨城県常総市
常総市役所(地図
出力50W[50][51]
水戸コミュニティ放送(cFM局)の支援を受け開局
とちぎさいがい
エフエム

JOYZ3R-FM
2015年(平成27年)9月15日
- 10月30日
栃木県栃木市
ケーブルテレビ(地図
出力20W[52][53]
同年11月3日に開局したcFM局が試験放送中に運用
中継局1局
熊本地震
(2016年(平成28年)4月14日16日
くまもとさいがい
エフエム

JOYZ0O-FM
2016年(平成28年)4月18日
- 4月30日
熊本県熊本市
熊本シティエフエム(地図
出力20W[54]
熊本シティエフエム(cFM局)の機材及び人的支援を受け開局[55][56][57]
こうささいがい
エフエム

JOYZ0P-FM
2016年(平成28年)4月23日
-
熊本県甲佐町
甲佐町役場(地図
出力30W
九州総合通信局所有の臨時災害放送用機器を使用[58][59]
みふねさいがい
エフエム

JOYZ0Q-FM
2016年(平成28年)4月25日
-
熊本県御船町
御船町役場(地図
出力30W
信越総合通信局所有の臨時災害放送用機器を使用[60][61][62]
ましきさいがい
エフエム

JOYZ0R-FM
2016年(平成28年)4月27日
-
熊本県益城町
益城町保健福祉センター(地図
出力100W[63][64]

類例[編集]

1990年平成2年)11月からの長崎県雲仙普賢岳の火山活動に伴い、日本放送協会(NHK)長崎放送局が周辺地域への災害報道のため、大火砕流直前の1991年(平成3年)6月2日島原中継局を利用した臨時のラジオ放送局「NHK島原放送局」(呼出符号:JOBG、演奏所は島原市・有明学園島原経理学校内)を開設、雲仙普賢岳の状況、気象状況、防災生活情報などを、1回5分、1日数回、第1放送で放送した。1996年(平成8年)3月31日、廃止。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 平成7年郵政省令第9号による放送法施行規則改正
  2. ^ コミュニティ放送局を休止せず並行して運用することも可能である。
  3. ^ a b 第一号であった「FM796 フェニックス」のみ異なっていた。
  4. ^ a b 基幹放送局は登録検査等事業者等による点検ができるので、点検結果により検査を一部省略することができ、検査手数料も減額される。
  5. ^ 平成4年法律第74号による電波法改正により第103条の2第2項に規定される。平成20年法律第50号による電波法改正により同条第12項に繰下げ。平成26年法律第60号による電波法改正により同条第14項に繰下げ。
  6. ^ 中継局の機能停止や空中線電力を減力して臨時災害放送局を休止し、コミュニティ放送局を再開してCMを放送することに制度上の問題はない。しかし、聴取者の情報収集が困難になる上に責任の所在が不明確になるので望ましいことではない。[要出典]
  7. ^ 免許期間より短い場合あり。
  8. ^ a b 免許の有効期間は2011年(平成23年)1月25日から3月31日までであるため、再免許をせずに放送を再開した。
  9. ^ 正式廃止は2012年(平成24年)2月29日

出典[編集]

  1. ^ 臨時災害放送局の活用イメージ 臨時災害放送局用機器の貸与 信越総合通信局(国立国会図書館のアーカイブ:2015年11月2日収集)
  2. ^ 第186回国会総務委員会第23号(平成26年5月22日(木曜日)) 衆議院会議録
  3. ^ 有珠山臨時災害対策用FM放送局の開設について(報道資料2000年5月8日)郵政省北海道電気通信監理局
  4. ^ 新潟県中越地震災害対策用FM放送局の開設(報道資料2004年10月27日)総務省信越総合通信局
  5. ^ 新潟県中越地震災害対策用FM放送局の開設(報道資料2004年10月28日)(総務省信越総合通信局)
  6. ^ 新潟県中越地震災害に伴う(株)新潟放送所属の中波放送の中継局の開設(報道資料2004年10月28日)(総務省信越総合通信局)
  7. ^ 平成26年度市勢概要」 第9章第2節3、柏崎市役所、2015年3月
  8. ^ 新潟県中越沖地震臨時災害放送局の予備免許(報道資料2007年7月24日)(総務省)
  9. ^ 横手市雪害対策用FM放送局の開設(報道資料2011年1月25日)(総務省東北総合通信局
  10. ^ よこてにぎわいイベントFM
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 「東北地方太平洋沖地震」に伴う臨時放送局の免許情報(総務省東北総合通信局災害情報)
  12. ^ 奥州エフエム災害放送について奥州エフエム放送
  13. ^ 東北地方太平洋沖地震に係る茨城県鹿嶋市臨時災害放送局(FM放送)の開設について(報道資料2011年3月18日)(総務省関東総合通信局
  14. ^ 東北地方太平洋沖地震に係る茨城県つくば市臨時災害放送局(FM放送)の開設について(報道資料2011年3月18日)(総務省関東総合通信局)
  15. ^ おおさきコミュニティFM準備室
  16. ^ エフエム放送宮古市
  17. ^ 市民励ます臨時ラジオ 宮古・さいがいエフエム(岩手日報 2011年3月22日
  18. ^ 山元町災害臨時エフエム放送局「りんご ラジオ」を開局されました!山元町
  19. ^ >災害FM6年 一区切り…気仙沼 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  20. ^ 気仙沼市から要請あり(H@!FM スタッフブログ 2011年3月19日
  21. ^ 臨時災害ラジオ局を開局しました亘理町
  22. ^ FMながおか、放送局設置を支援(新潟日報
  23. ^ 奥州エフエムからのお知らせ
  24. ^ 災害放送のノウハウ伝授 奥州エフエム(岩手日日新聞
  25. ^ おおふなとさいがいFMで本市の情報を発信陸前高田市
  26. ^ 臨時災害放送局設置のお知らせ
  27. ^ FM放送局 そうまさいがいエフエムを開設しました相馬市
  28. ^ 相馬市 生活情報FM放送開始(NHKオンライン 2011年3月30日
  29. ^ 4/11〜釜石災害FM開始!!エフエム岩手 釜石支局)
  30. ^ かまいしさいがいエフエム釜石市
  31. ^ 臨時災害放送局の設置について須賀川市
  32. ^ 臨時災害放送局(FM)の開設について(南相馬市
  33. ^ 女川さいがいエフエム(公式サイト)
  34. ^ 総務省電波利用ホームページ
  35. ^ 南三陸災害エフエムが開局しました南三陸町
  36. ^ 宮城・南三陸町に災害FM開局(河北新報
  37. ^ 東北地方太平洋沖地震に係る茨城県高萩市臨時災害放送局(FM放送)の開設について(報道資料2011年6月8日)(総務省関東総合通信局)
  38. ^ 臨時災害放送局「たかはぎ さいがい エフエム」開局高萩市
  39. ^ 「たかはぎ災害FM」開局 市民に安心安全発信(茨城新聞
  40. ^ 陸前高田市の臨時災害用FM放送局に予備免許を付与(報道資料2011年11月25日)(総務省東北総合通信局)
  41. ^ りくぜんたかたさいがいFM開局(Aid TAKATA)
  42. ^ おだがいさまFM富岡町生活復興支援センター)
  43. ^ おだがいさまFM開局!! (PDF) (おだがいさまセンター情報紙「みでやっぺ!」5号)
  44. ^ 東北地方太平洋沖地震に係る茨城県取手市臨時災害放送局(FM放送)の開設(報道資料2012年8月1日)(総務省関東総合通信局)
  45. ^ 臨時災害FM放送局「とりでエフエム」を開設します取手市
  46. ^ 臨時災害放送局の開設について(報道資料2011年3月25日)(総務省九州総合通信局
  47. ^ 臨時災害FM開設へ 高原町29日から試験放送(宮崎日日新聞
  48. ^ 島根県西部の豪雨に係る島根県鹿足郡津和野町の臨時災害放送局(FM放送)の開設(報道資料2013年7月29日)(総務省中国総合通信局)
  49. ^ 臨時災害放送局(FM放送)の開設(報道資料2014年9月17日)(総務省近畿総合通信局)
  50. ^ 茨城県常総市に臨時災害放送局(FM放送)の開設(報道資料2015年9月14日)(総務省関東総合通信局)
  51. ^ 常総災害FM放送局(89.2MHz)9月14日午前9時スタート常総市
  52. ^ 栃木県栃木市に臨時災害放送局(FM放送)の開設(報道資料2015年9月15日)(総務省関東総合通信局)
  53. ^ 臨時災害放送の開始について栃木市
  54. ^ 臨時災害放送局の開設について -平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に熊本市が開設-(報道資料2016年4月18日)(総務省九州総合通信局)
  55. ^ 「臨時災害放送局」開設熊本シティエフエム
  56. ^ 熊本シティエフエムに臨時災害放送局開設熊本日日新聞
  57. ^ 「臨時災害放送局〜くまもとさいがいエフエム〜」閉局のお知らせ”. 熊本シティエフエム 公式ウェブサイト. 2016年5月4日閲覧。 “4月18日(月)に開設された「臨時災害放送局〜くまもとさいがいエフエム〜」は、4月30日(土)をもって閉局となりました。”
  58. ^ 臨時災害放送局の開設について -甲佐町が平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に開設-(報道資料2016年4月23日)(総務省九州総合通信局)
  59. ^ 甲佐町臨時災害放送局(FM放送)を開設しました甲佐町
  60. ^ “臨時災害放送局用FM送信機を熊本県御船町に貸与 ー「熊本地震」被災地での臨時災害放送局の開設を支援-” (報道資料), 総務省信越総合通信局, (2016年4月26日), http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/160426.html 2016年5月1日閲覧。 
  61. ^ 臨時災害放送局の開設について -御船町が平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に開設-(報道資料2016年4月25日)(総務省九州総合通信局)
  62. ^ 御船町災害FMの放送について - Facebook御船町
  63. ^ 臨時災害放送局の開設について -益城町が平成28年熊本地震にかかる災害情報提供を目的に開設-(報道資料2016年4月27日)(総務省九州総合通信局)
  64. ^ 益城町臨時災害 FMがスタートします!益城町

関連項目[編集]

外部リンク[編集]