十二国記 -赫々たる王道 紅緑の羽化-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十二国記
-赫々たる王道 紅緑の羽化-
ジャンル RPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2004年6月17日
テンプレートを表示

十二国記 -赫々たる王道 紅緑の羽化-』(じゅうにこくき -かくかくたるおうどう こうりょくのうか-)とは、コナミから2004年6月17日に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。小説およびアニメ作品『十二国記』を題材とした作品で、アニメ版の「風の万里 黎明の空」をベースとして脚色されたストーリーが展開される。

前作『十二国記 -紅蓮の標 黄塵の路-』のデータを引継ぐことにより、前作の最後にたどったストーリーによって、ストーリーの一部に変化が起こる。

あらすじ[編集]

基本的なストーリーの流れについては、十二国記#風の万里 黎明の空を参照。

システム[編集]

全7章構成で各章は、

  • 朝議にて、国内の問題についての報告などを聞く
  • 金波宮と堯天にて、情報収集や冒険の準備などを行う
  • 現地に赴いて、調査を行う
  • 朝議にて、調査の結果を報告する

という流れで進行する。

仲間[編集]

シナリオ進行に伴い仲間が増えていき、最終的には、

  • 陽子(固定)
  • 楽俊(前作からデータを引継いだ場合、前作での選択肢によっては登場しないこともある)
  • 紫雲
  • 琳欄
  • 虎嘯
  • 桓魋

の6人から任意の3人でパーティを構成する。

属性と使令[編集]

陽子は「火」、楽俊は「風」といった具合に仲間には属性が存在し、各々が習得する特殊技も属性に関連したものである。特殊技を使用するには「気力」が必要で、攻撃する・ダメージを受けるなどで上昇、特殊な攻撃などで減少する。

使令は、戦闘中に召喚することで、それぞれ特殊な攻撃を行う。使令を召喚するには特殊技を使用する必要があり、特殊技を使用することで蓄積される各属性ポイントを消費する。消費数は使令ごとに異なり、「風×2」や「水×2、火×1」など様々である。

使令を仲間に護衛とすることが可能である。使令を護衛とすることで仲間のパラメータは変化し、変化量は属性同士の相性で決まる。また、護衛している仲間のみ召喚することが可能である。

使令は初期は4種、最大15種が存在する。新たな使令を得るには、折伏に必要な石を集めて景麒に渡し、一定時間を経過する必要がある。初期の4種以外の名前は、複数の選択肢の中からプレイヤーが任意で選択することが可能である。

主なミニゲーム等[編集]

十二国牌
コンピュータとの対戦カードゲームで、十二国記の登場人物が描かれた5枚の手札を交換していき、関連性のある手札で役を作り、合計点で多いほうが勝ちとなる。勝ったときはカードを入手できる。
十二国記講座、新十二国記講座
六太による十二国記に関するクイズ。「十二国記講座」は前作と同様の内容、「新」は新規のクイズである。それぞれ5段階の難易度で、10問ずつの全10レベルで構成される。

登場人物[編集]

原作に登場する人物については十二国記の登場人物を参照。本項では、「赫々たる王道 紅緑の羽化」オリジナルの人物のみを扱う。なお、秀雷・東望・羅城については『十二国記 -紅蓮の標 黄塵の路-』も参照。

紫雲(しうん)
阪口大助
山客の男性。言葉の通じない十二国に流れ着き、山賊となっている。
琳欄(りんらん)
声:金月真美
ウサギの半獣の女性。先王の時代の弾圧によって隠れ住んだ半獣の集落に住む。
秀雷(しゅうらい)
声:若林直美
慶国内で活動する傭兵。前作データを引継いでいることが登場する条件であるが、引継ぐデータによっては登場しない。
東望(とうぼう)
声:石塚堅
慶国内で活動する傭兵。秀雷の部下。前作データを引継いでいることが登場する条件であるが、引継ぐデータによっては登場しない。
羅城(らじょう)
声:風間勇刀
前作データを引継いでいることが登場する条件であるが、引継ぐデータによっては登場しない。