パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース
アップアップガールズ(仮)シングル
A面 パーリーピーポーエイリアン
セブン☆ピース
B面 アッパーレー(通常盤)
Shout!!!!!!!(初回限定盤A)
青春の涙(初回限定盤B)
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
マキシシングル
ジャンル EDM
J-POP
時間
レーベル T-Palette Records
作詞・作曲 NOBE(作詞)
michitomo(作詞・作曲)
PandaBoY(作詞・作曲)
ヒワタリスツカ(作詞)
Ryuichi Kawasaki(作曲)
チャート最高順位
  • デイリー1位(オリコン
  • 週間5位(オリコン)
  • 2016年4月度月間16位(オリコン)[1]
  • 週間4位(Billboard JAPAN Top Singles Sales)
アップアップガールズ(仮) シングル 年表
Beautiful Dreamer/全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-/イタダキを目指せ!
(2014年)
パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース
(2016年)
!!!!!!!!/君という仮説
(2016年)
テンプレートを表示

パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」は、日本の女性アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)の通算20枚目のCDシングルである。当シングルは両A面シングルで、2016年4月5日にタワーレコードのアイドル専門インディーズレーベル「T-Palette Records」より発売された。通常盤、初回限定盤A、初回限定盤Bの3種がリリースされており、「パーリーピーポーエイリアン」「セブン☆ピース」の2曲が収録されている他、通常盤にライブの定番曲「アッパーレー」が収録される等、種別によって異なるボーナストラックが付属している。シングルは商業的にはオリコンデイリーランキングで1位、同週間ランキングでは5位を獲得し自己最高を記録した。

「パーリーピーポーエイリアン」は作詞NOBE、作曲・編曲michitomoによるEDMで、アップアップガールズ(仮)がジャパニーズエイリアンとして世界中を侵略し人類を「パリピ化」するという設定のパーティーソング。楽曲には「音サビ」(ダンスに特化したサビ)が存在し、パーリーピーポーにマッチしていると評価されている。竹中夏海による振り付けは模倣しやすいもので、ポイントは「エイリアンポーズ」と呼ばれる、頭上にあげた手を触覚に見立てたポーズである。

楽曲に付随するミュージック・ビデオはアップアップガールズ(仮)が「人類パリピ化計画」を遂行する設定で撮影され、三代目パークマンサーらパリピ化されるゲストが複数登場している。ビデオはクールジャパンの象徴であるロボットレストラン等で撮影された。楽曲はライブ、イベント、テレビ番組で複数回パフォーマンスされており、4月1日に行われた「アイドルお宝くじパーティーライヴ」ではアップアップガールズ(仮)が優勝する1つの要因となった。また4月5日に行われたリリースイベントでは12分をこえるロングバージョンが披露された。

両A面のもう1曲である「セブン☆ピース」は作詞・作曲・編曲PandaBoYによる明るくポップなダンスミュージック。「愛と平和」がテーマとなっている「アプガ流メッセージソング」である。

背景[編集]

パーリーピーポーエイリアン[編集]

走れ!」「全力少女」(ももいろクローバー[2][3]や、ニューヨーク・ヤンキース田中将大の2016年の登場曲「GET Z, GO!!!!!」(ももいろクローバーZ)[4]などの楽曲を制作した音楽プロデューサーmichitomoは、アップアップガールズ(仮)(略称:アプガ)の楽曲のキーパーソンとされており[3]、同グループの初のオリジナル曲「Going my ↑」や、2016年現在の同グループのスタイルである「パリピな」「アプガ像」の片鱗を見せている7枚目のシングル曲「UPPER ROCK」(2012年)などを担当してきた[5]。また、ヒップホップユニットINFLAVAの元MCで「走れ!」の作詞を担当した作詞家NOBE[6]、「バレバレI LOVE YOU」や[3]リスペクトーキョー[6]など、アップアップガールズ(仮)の多くの楽曲の歌詞を担当してきた[3]。michitomoとNOBEの関係は「盟友」であるとされている[7]

セブン☆ピース[編集]

トラックメイカー[8]、作詞家・リミキサー・DJ[9]PandaBoYは、アップアップガールズ(仮)の代表曲であるアッパーカット!を作詞・作曲・編曲し[3]チョッパー☆チョッパーを担当するなど[10]「アプガ作家の3本柱」の内の一人とされている[3]

リリースについての背景[編集]

アップアップガールズ(仮)は2012年・2013年にはほぼ月刊ペースで1年に8枚のシングルをリリースしていたが、2014年は常識的なCDリリース枚数であり、2015年のCDリリースはアルバム『サードアルバム(仮)』のみであった[5]。2015年にシングルが1枚もリリースされなかったことについてライターの南波一海は「その極端な差がすごい」としている[11]。メンバーの新井愛瞳は2015年8月の時点で「2015年はシングル一枚も出さずに終わってしまうのは嫌」としていた[12]

音楽性、歌詞、構成、振り付け[編集]

楽曲「パーリーピーポーエイリアン」は、michitomo(作曲・編曲)とNOBE(作詞)による[7]エレクトロニック・ダンス・ミュージック (EDM) パーティーソングであり[13]、「ド“チャラクソ”パーリーソング」と銘打たれている[14]。『サードアルバム(仮)』収録の「美女の野獣」では野獣と化したアップアップガールズ(仮)が現生物ではなくエイリアンとして[15]世界中を侵略するという設定である[16]。作曲・編曲者のmichitomoは以下のようにコメントしている。

今回のアプガは全世界を侵略していくジャポニズムエイリアンアイドルとして、ニッポン風味のパリピスタイルをドロップ

michitomo,[17]

なお「パリピ」とは「パーリーピーポー」(パーティーピープル(英語: party people))の省略形で、元来「パーティー、クラブ、イベントで飲んだり騒ぐ人たち」のことを指していたが、レコシンは言葉の意味に変化がみられるとしている[18]

同曲は、佐保明梨によるこぶしの利いた独唱に始まり[19]、ライターの土屋恵介が「アップリフティングかつバウンシー[10]」「レイヴ感たっぷり[20]」と評するEDMのパートへと突入する[10][20]。土屋はメロディについて、ショッキング・ブルーバナナラマの「ヴィーナス」を意識した部分があるとも指摘している[10]リットーミュージックのサイト『耳マン』はサウンドについて「インベーダーゲームの射撃音とのたうちまわるシンセベース、スペーシーでサイバーな無数の電子音が飛び交う」としている[2]。また、EDMパートの中には「音サビ(踊るためのサビ)」が存在する[21]。ライターの小池直也は、曲調がEDMで、かつ音サビが存在することについて「パーリーピーポーにぴったり」と評価している[21]。ライターのピ〜ス!久保田は楽曲全体を通して「アプガらしく、いかにして盛り上がるかということに特化した」と評価している[22]。歌詞については「和なお祭り感」や「爆音のパーティーで踊っている瞬間」の感覚について触れられたもので[10]、メンバーの佐保明梨は「ちょっと…変…」としている[23]

映像外部リンク
振付ビデオ - YouTube
UFZSスタッフによるダンス動画 - YouTube

振り付けは竹中夏海によるもので[23]、メンバーの関根梓は「真似しやすい」「楽しく踊れる」と評価している[14]。振り付けのポイントは「エイリアンポーズ」と呼ばれる、両手を触角のように頭の上に持っていき指をピロピロするポーズである[24][25]。メンバーの仙石みなみは同ポーズを簡単にできるものだとした上で(ライブ会場が)「一面エイリアンになる」としている[26]。また、振り付けにはピンク・レディーの「UFO」の振り付けや、工藤静香の「嵐の素顔」、ランニングマン志村けんの「アイーン」「変なおじさん」が取り入れられている[23][24]。このことについては、楽曲のテーマが「ジャパニーズエイリアン」であることから、日本の良さを取り入れていると説明されている[26]。またメンバーの新井愛瞳は「誰でも知ってる」「真似しやすい」と、このことについて説明している[23]。振り付けの評価について『耳マン』は「身体の軸がブレずに滑稽な振りを流麗に踊る7人の様相は見れば見るほどじわじわくる」としている[2]

楽曲「セブン☆ピース」は、作詞・作曲・編曲PandaBoYによる「愛と平和」がテーマのダンス・ミュージックであり「アプガ流メッセージソング」と銘打たれている[17]。アップアップガールズ(仮)がメッセージソングを歌うのは初めて[10]。歌詞は「平和であることは当たり前じゃない」ということを表現したもので[27]、土屋恵介はビートルズの「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」、エルヴィス・コステロの「ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング」を引き合いに出したうえで「現実の大きな問題ときちんと向き合い、若い女子の目線で感じる、小さな幸せを守りたい」という内容が表現されているとした[10]。曲調は明るくポップな[28]ダンスサウンドである[17]。小池直也は「サビの「ラプ&ピース」というリフレインが気持ちいい」と評価している[21]

両A面の2曲のコンセプトは相反するようにも見えるが[10]、どちらの楽曲にもアップアップガールズ(仮)の「芯の強さ」が存在しているという点で共通している[29]。メンバーの古川小夏は「どっちのスタイルも見せられるのがアプガの強み」としている[29]

リリース[編集]

画像外部リンク
シングルリリース発表時の画像
音楽ナタリー 2015年12月7日公開[30]

当CDシングルのリリースは2015年12月6日に行われたアップアップガールズ(仮)のライブ「ライブハウスツアー2015 ハイスパート RAVE FESTIVAL」で発表された[31]。また同時に、シングルの発売日が2016年4月5日であることや[31]T-Palette Recordsから発売されることも発表された[32]。同グループにとってシングルのリリースは2014年11月発売の「Beautiful Dreamer/全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-/イタダキを目指せ!」以来約1年半ぶり[31]通算20枚目で[32]、CD作品のリリースは2015年3月発売のアルバム『サードアルバム(仮)』以来約1年ぶりとなる[10]。このリリース間隔についてメンバーの関根梓は「密度の高い活動をさせていただいていたのでまったく気にならなかった」とし、メンバーの森咲樹は関根の話を受けて「だから1年半ぶりって言われて、自分たちでもびっくり」とコメントした[11]。その後2016年1月1日に[33]当シングルが両A面シングルであり、表題曲の内1曲がPandaBoYによる楽曲「セブン☆ピース」であることが発表された[34]。同年2月11日には、当シングルの詳細な情報が発表された[35]

当シングルは作詞NOBE、作曲・編曲michitomoによる楽曲「パーリーピーポーエイリアン」と作詞・作曲・編曲PandaBoYによる楽曲「セブン☆ピース」の両A面シングルで、リリース形態は通常盤・初回限定盤A・初回限定盤Bの3種である[35]。3種それぞれに異なるボーナストラックが収録されており、通常盤には「アッパーレー」、初回限定盤Aには「Shout!!!!!!!」、初回限定盤Bには「青春の涙」が収録されている[35]。また「クールなアプガ」をテーマとしたアートワークも2月11日に公表された[15]。アートワークはカメラマンcherrychillwillとreversalのデザイナーBLACK BELT JONES DCとの共同作品であるが、アップアップガールズ(仮)とreversalはこれまでに3回共同で作品を発表しており話題となっていた[15]。CDJournal.comはアートワークについて「ハードエッジな仕上がり」と評している[16]

3月11日、沖縄のラジオ局RBCラジオの番組で新曲「パーリーピーポーエイリアン[36]」が初オンエアされ[37]、3月15日にはラジオ日本60TRY部』にメンバーの関根梓新井愛瞳が出演し、番組の中で同曲が関東地方で初オンエアされた[38]。続いて3月30日には同曲のミュージック・ビデオが公開された[13]。なお、2月26日には振り付けビデオ[39]、3月15日にはライブ映像が公開されていた[40]

4月3日、アップアップガールズ(仮)がAKIBAカルチャーズ劇場で行った定期公演で当シングルの先行発売が開始され[41]、4月4日にはフラゲ日を迎えた[42]。4月5日には発売日を迎え[43]レコチョクiTunesでの配信も開始された[44]。また、「パーリーピーポーエイリアン」は4月5日から18日までのABCマート「New Disc Recommend」に選出された[45]

ボーナストラック[編集]

映像外部リンク
アッパーレー Official Lyric Video - YouTube
アッパーレー 47都道府県ツアー沖縄最終決戦 - YouTube

通常盤のボーナストラック「アッパーレー」は、作詞NOBE、作曲・編曲michitomoによる[16]スカソカ風の楽曲[5]。アップアップガールズ(仮)のライブのセットリストの定番であり[29][46]「キラー・チューン」となっている[22]。同曲は2015年7月5日に行われた「アイドル横丁夏まつり!!〜2015〜」で初披露され[47]、同日に日比谷野外大音楽堂で行われた「アップアップガールズ(仮)47都道府県ツアー〜RUN!アプガRUN!ダッシュ アプガの夏!野音の夏!」では水鉄砲より高圧力なウォーターガンを用いたパフォーマンスが行われた[48]。また明治学院大学横浜キャンパスで撮影された[49]「Official Lyric Video」が9月16日に公開された[50]

「アッパーレー」は2015年から2016年にかけて行われたカウントダウンライブでも新年(2016年)最初の曲としてパフォーマンスされ[33]、2015年3月から2016年3月にかけて行われた全国47都道府県ツアーの最終公演(沖縄ファイナル決戦)では最後の曲としてパフォーマンスされた[51]。同曲は2015年8月18日に発売された[52]DVD『アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015〜RUN!アプガRUN!ダッシュ〜』に付属するミュージック・カード内に収録されていたが[12]、2016年2月11日時点では音源入手が不可能となっていた[35]

初回限定盤Aのボーナストラック「Shout!!!!!!!」は、作詞・作曲・編曲michitomoによるエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)[7]J-POPの範囲を逸脱し、プログレッシブ・ハウスの様式に基づいて作成されており「「ドロップ英語版」と呼ばれる歌なしのひたすら踊らせ盛り上がるパート」が存在する[17]。同曲は元々アップアップガールズ(仮)の2時間連続ライブ[53]「ハイスパート」用の楽曲であったが[29]、初披露は2015年11月22日にLIQUIDROOMで行われた「@JAM the Field vol.8」で行われた[54]

映像外部リンク
青春の涙 ミュージックビデオ - YouTube

初回限定盤Bのボーナストラック「青春の涙」は、作詞ヒワタリスツカ、作曲・編曲Ryuichi Kawasakiによる[16]エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)[55]。ヒワタリスツカ、Ryuichi Kawasaki共にアップアップガールズ(仮)の楽曲を制作するのは初で[22]、ピ〜ス!久保田は楽曲について「新鮮でした」とした上で「アプガらしさはありつつも、いわゆるJ-Popっぽい曲」と評価している[22]。歌詞は「不安をはね退け前に進んでいく気持ち」を表現したものである[10]。同曲は2015年10月31日に西武鉄道池袋線で行われた『SEIBU HALLOWEEN 2015 in NERIMA』の「アイドルトレイン」にて初披露された[55]。その後2016年4月1日にアップロードされたインターネット番組『アプカミ』#10[56]でミュージック・ビデオが解禁され[57]、4月4日にはアップアップガールズ(仮)の公式YouTubeチャンネルで同ビデオが公開された[58]

プロモーション[編集]

アップアップガールズ(仮)は当シングルの発売に合わせてタワーレコード新宿店による企画「NO MUSIC, NO IDOL?」vol.115に参加し、4月4日よりタワーレコード22店舗でポスターが掲示された[59]。今回のポスターは、『アプガいつ何時、何処でもLIVE』Ver.(8種)と、『ファミリーで作ろう“NO MUSIC, NO IDOL?” ポスター!』ver.(1種)の合計9種類のB2サイズのポスターとなっている[59]

『アプガいつ何時、何処でもLIVE』Ver.は、lyrical schoolayakaの特別協力、タワーレコード代表取締役社長である嶺脇育夫の協力によりタワーレコードの社長室で撮影が行われ、

の計8種類が制作された[60]。『ファミリーで作ろう“NO MUSIC, NO IDOL?” ポスター!』ver.は、

  • 2月21日にHEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3にて開催されたライブ『アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015 RUN!アプガRUNダッシュ』で観客が撮影した写真[60]
  • 2月27日にTOWERmini汐留店 店頭イベントスペースにて開催されたイベント「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」発売記念イベント 歌って!踊って!撮って!集めて!『ファミリーで作ろう“NO MUSIC, NO IDOL?” ポスター!』で観客が撮影した写真[61]

により作成されたポスターである[60]。ポスターはタワーレコードの特定店舗とタワーレコードオンラインで当シングルの購入特典として配布された[60]

当シングルの発売に合わせて複数の雑誌への露出も行われた。2016年3月19日に発売された『CDジャーナル』2016年4月号ではFeatured Artistsとして表紙・巻頭に起用され、当シングルの話題などが取り上げられた[62]

チャート成績[編集]

アップアップガールズ(仮)のメインの活動はライブであるため、かつてはCDの売上にそれほどしっかりした目標は無かった[63]。しかし[63]、当シングルの直前にリリースしたシングル「Beautiful Dreamer/全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-/イタダキを目指せ!」で売上枚数1万枚という目標を達成し[31]オリコン7位にランクインした時の周囲の反応が想定より大きく、メディアでのアップアップガールズ(仮)の取り扱い方が以前より良くなった[63]。こうしたことから[63]、当シングルでは売上枚数4万枚、オリコン週間CDシングルランキング3位以内を目標とした[31]。4万枚という枚数は、前回到達しなかった2万枚という壁を2倍の高さにしたものである[63]

デイリーランキングでは、2016年4月4日付のオリコンデイリー CDシングルランキングで1位を獲得した[64]。またサウンドスキャンジャパンによる4月4日から6日までのCDシングル売上ランキングでは4位(2.3万枚)となった[65]。週間ランキングでは、4月18日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”で4位(2.9万枚)となった[66]。同日付のオリコン週間 CDシングルランキングでは5位(約2.8万枚)となり[67]、目標としていたオリコン3位・売上枚数4万枚はいずれも達成できなかったが[68]、順位・枚数とも自己最高記録となった[69]

ミュージック・ビデオ[編集]

映像外部リンク
「パーリーピーポーエイリアン」のミュージック・ビデオ - YouTube
映像外部リンク
ミュージック・ビデオ撮影中のインタビュー(ロボットレストランにて) - YouTube
映像外部リンク
ミュージック・ビデオ撮影の裏側(アプカミ#20)(2m58s〜) - YouTube

2016年3月30日「パーリーピーポーエイリアン」のミュージック・ビデオがアップアップガールズ(仮)の公式YouTubeチャンネルで公開された[70]。ビデオの全長は5分38秒で[71]ディレクターは杉山弘樹[72]。内容は「人類パーリーピーポー化計画」(人類パリピ化計画[73])を遂行しているパーリーピーポーエイリアンという設定のアップアップガールズ(仮)が、日本で計画を実行するためにはとバスへ乗車し[74]、バスの中や目的地で人々をパーリーピーポー化していくというものである[70][74]。ビデオのメインとなるシーンは東京・歌舞伎町にあるロボットレストランで撮影されたものであり、アップアップガールズ(仮)などの出演者が早朝に踊った映像が収録されている[13]。なお、はとバスは日本の観光の象徴であり、ロボットレストランはクールジャパンの象徴である[74]。ビデオにはアップアップガールズ(仮)のメンバーに加え[13]、パーリーピーポー化されるゲストが出演している[74]。ゲストは以下の通り[74]

また、ビデオにはアイウェア・ブランド「nunettes」とアップアップガールズ(仮)のコラボレーションによるサングラス「アップアップガールズ(仮)×nunettesエイリアンサングラス(仮)」が登場する[76]。同サングラスはレンズに(仮)マークが記されたもので「パーリーピーポー化の象徴」となっている[76]。公開当日である3月30日には「パーリーピーポーエイリアン」がTwitterトレンドに入った[77]

4月5日には「パーリーピーポーエイリアン」のミュージック・ビデオの「パリピ化Ver」を制作することが発表された[78]。具体的には、不特定多数の人物が上記のサングラスを付けて“パリピな姿”を表現した画像もしくは映像をソーシャル・ネットワーキング・サービスにアップロードし、それらの画像・映像を集めてミュージック・ビデオを制作するというもの[78]明石家さんま村上ショージ[79][80]堀内孝雄[81][82]松崎しげる三戸なつめデーモン閣下[83]らの画像がアップロードされている。

映像外部リンク
「セブン☆ピース」のミュージック・ビデオ - YouTube

「セブン☆ピース」のミュージック・ビデオは2016年5月20日にアップロードされたインターネット番組『アプカミ』#17で解禁され[84]、5月23日にはアップアップガールズ(仮)の公式YouTubeチャンネルで同ビデオが公開された[85]

ライブ・パフォーマンス[編集]

映像外部リンク
アップアップガールズ(仮)新曲「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」初披露イベント - YouTubeMAiDiGiTVによる動画)
2016年3月13日に行われた47都道府県ツアー沖縄最終決戦の「パーリーピーポーエイリアン」の映像 - YouTube
「セブン☆ピース」のライブ映像 - YouTube

「パーリーピーポーエイリアン」「セブン☆ピース」は、ライブ、イベントなどで複数回にわたりパフォーマンスされている。両曲とも初のパフォーマンスとなったのは2016年2月26日にタワーレコード新宿店で行われた当シングルの発売記念イベントであり[19]、EDMの楽曲を再生するために低音域用のスピーカーユニットであるウーハーを2つ増設したステージでパフォーマンスを行った[27]。同イベントでは両曲の他にも当シングルのボーナストラックを加え全5曲が披露された[27]。また、当時行われていたアップアップガールズ(仮)の47都道府県ツアーでは、2月28日に行われた公演[86]で両曲が初めてパフォーマンスされた[87]。3月13日に行われた同ツアーの沖縄ファイナル決戦でも「パーリーピーポーエイリアン」が本編の3曲目、「セブン☆ピース」がアンコールでそれぞれパフォーマンスされた[51]

他方、3月31日に行われたアップアップガールズ(仮)主催の対バンライブ「Good Vibrations Idol vol.1 アップアップガールズ(仮)vs.アイドルネッサンス[88]では、ライブの最後にアップアップガールズ(仮)とアイドルネッサンスの2組合計13人で「パーリーピーポーエイリアン」をパフォーマンスし、アイドルネッサンスのメンバーも観客もエイリアンと化した[89]。4月1日に行われた「アイドルお宝くじパーティーライヴ 桜満開!“俺たちのNo.1”決定戦!!〜ガチでマジな投票バトル!!〜」では「パーリーピーポーエイリアン」などの楽曲を披露した結果ファン投票で優勝し『剣と魔法のログレス』のCMの出演権を獲得した[90]。メンバーの仙石みなみは優勝した理由について「パーリーピーポーエイリアン」の振り付けであるエイリアンポーズにより会場全体の一体感を生み出せたことが理由になったと考えている[90]。また、メンバーは同ライブのMVPとして佐保明梨を指名し、理由として「パーリーピーポーエイリアン」の佐保による序盤の独唱で「どよめきが上がった」とした上で、独唱後のパートとのギャップがあったことを挙げている[90]

映像外部リンク
4月5日に行われたアップアップガールズ(仮)「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」リリースイベント - YouTubeMAiDiGiTVによる動画)
ラクーアが #パリピエイリアン に! アプガ人類 #パリピ化 計画スタート! - YouTube(上記イベントの映像)
YOSAKOIソーラン パーリーピーポーエイリアン 教則ムービー - YouTube

4月5日には当シングルのリリースイベントが行われた[91]。同イベントは開始前にmichitomoがオープニングDJを務めた後に、アップアップガールズ(仮)のミニライブがスタート[91]。ミニライブでは「セブン☆ピース」を披露した後に、曲の長さが12分をこえる「パーリーピーポーエイリアン」ロングバージョンが披露された[92]。ミュージック・ビデオの撮影で使われたサングラス「アップアップガールズ(仮)×nunettesエイリアンサングラス(仮)」[76]をかけたアップアップガールズ(仮)のメンバー[92]は、サビのリピート中に客席へ降りて観客をステージに上げた[64]。加えてlyrical schoolayakaアイドルネッサンスの比嘉奈菜子・南端まいな・宮本茉凜、DDTプロレスリング入江茂弘樋口和貞、さらにはUNIDOLがステージに登壇しパフォーマンスを行った[78]。6月11日には、アップアップガールズ(仮)のメンバーとファン合計70人による「TEAM アプガ」がYOSAKOIソーラン祭りで「パーリーピーポーエイリアン"YOSAKOIソーランver."」を披露した[93]

テレビでは2016年4月1日未明(3月31日深夜)にテレビ東京で放送された『The Girls Live』で「パーリーピーポーエイリアン」が披露され[94]、4月8日未明(4月7日深夜)の同番組では「セブン☆ピース」が披露された[95]。両楽曲は4月12日にBSスカパー!で放送されたFULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜でもフルコーラスで披露された[96]。また「パーリーピーポーエイリアン」は、4月27日未明にTBSテレビで放送された『ライブB♪[97]、4月29日未明(4月28日深夜)放送の『The Girls Live』[98]で披露されている。

規格と収録トラック[編集]

CDシングル 通常盤[99][100][101]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「パーリーピーポーエイリアン」NOBEmichitomomichitomo
2.「セブン☆ピース」PandaBoYPandaBoYPandaBoY
3.「アッパーレー(ボーナストラック)」NOBEmichitomomichitomo
4.「パーリーピーポーエイリアン(inst)」   
5.「セブン☆ピース(inst)」   
6.「アッパーレー(inst)」   
合計時間:
CDシングル 初回限定盤A[100][102][103]
#タイトル作詞・作曲編曲時間
1.「パーリーピーポーエイリアン」  
2.「セブン☆ピース」  
3.「Shout!!!!!!!(ボーナストラック)」michitomomichitomo
4.「パーリーピーポーエイリアン(inst)」  
5.「セブン☆ピース(inst)」  
6.「Shout!!!!!!!(inst)」  
合計時間:
CDシングル 初回限定盤B[100][104][105]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「パーリーピーポーエイリアン」   
2.「セブン☆ピース」   
3.「青春の涙(ボーナストラック)」ヒワタリスツカRyuichi KawasakiRyuichi Kawasaki
4.「パーリーピーポーエイリアン(inst)」   
5.「セブン☆ピース(inst)」   
6.「青春の涙(inst)」   
合計時間:

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号
日本 2016年4月5日 T-Palette Records マキシシングル TPRC-0148(通常盤)[16]
TPRC-0149(初回限定盤A)[16]
TPRC-0150(初回限定盤B)[16]
デジタル・ダウンロード -

脚注[編集]

  1. ^ オリコン月間CDシングルランキング 2016年4月度 11~20位 2016年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c アップアップガールズ(仮)パーリーピーポーエイリアン侵略中!「仙石Twitter始めたってよ」”. 耳マン. リットーミュージック (2016年3月17日). 2016年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 土屋恵介 (2015年7月15日). “「5日間でわかるアップアップガールズ(仮)」3日目:EDMだけじゃない! 多岐にわたるジャンルの楽曲群”. LoGiRL. テレビ朝日. 2016年4月3日閲覧。
  4. ^ 今シーズンの登場曲 ニュース一覧”. ヤンキース田中将大OFFICIAL WEBSITE (2016年4月4日). 2016年4月4日閲覧。
  5. ^ a b c 出嶌孝次 (2016年3月30日). “アップアップガールズ(仮)の久々な新シングル! レイヴ&ピースな『パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース』を語る(2/2)”. Mikiki - music review site. タワーレコード. 2016年4月3日閲覧。
  6. ^ a b 南波一海 (2013年11月7日). “南波一海 presents 「ヒロインたちのうた。」 〜アイドル・ポップのキーパーソンを直撃!〜 - 第15回:NOBE”. CDJournal. 株式会社音楽出版社. 2016年4月3日閲覧。
  7. ^ a b c アプガ、ニューシングルはチャラいパーリーソングと“愛と平和”を歌ったメッセージソングのダブルA面”. Tokyo Girls' Scheduler(トーキョーガールズスケジューラー). 株式会社オールブルー (2016年2月11日). 2016年4月3日閲覧。
  8. ^ アップアップガールズ(仮)新作はPandaBoY&fu_mou作”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年6月21日). 2016年4月4日閲覧。
  9. ^ PandaBoY”. CDJournal. 2016年4月4日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j T-Palette Records News Vol.71”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. p. 4 (2016年2月11日). 2016年4月3日閲覧。
  11. ^ a b CDジャーナル 2016年4月号 7頁
  12. ^ a b 月刊ハイヴィ編集部・ヤス (2015年8月21日). “アップアップガールズ(仮)/魅せて聴かせる! アプガの新しい魅力を満載したツアーDVDオリコン一位スタート、23日のリリイベは初浴衣!”. Stereo Sound ONLINE. ステレオサウンド. 2016年4月3日閲覧。
  13. ^ a b c d アプガが「ロボットレストラン」を侵略!超チャラい新曲MVが完成”. 音楽ナタリー (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  14. ^ a b アップアップガールズ(仮)に単独インタビュー! <前編>”. カルチャー情報サイト「yoppy」. ニッポン放送 (2016年3月17日). 2016年4月3日閲覧。
  15. ^ a b c アップアップガールズ(仮)新曲発売「クールなアプガ」に注目”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2016年2月11日). 2016年4月3日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g アップアップガールズ(仮)、新曲をインストア・イベントにて初披露”. CDJournal ニュース. 株式会社音楽出版社 (2016年2月23日). 2016年4月3日閲覧。
  17. ^ a b c d アップアップガールズ(仮)/新曲タイトル決定! 2/26新曲披露イベあり!”. Stereo Sound ONLINE (2016年2月11日). 2016年4月5日閲覧。
  18. ^ パリピ(パーリーピーポー)とは?なんと言葉の意味が最近変わってきてた”. レコシン. 株式会社レコード新聞社 (2016年3月23日). 2016年4月8日閲覧。
  19. ^ a b アプガエイリアンが新宿を侵略!新曲初披露で「今日が覚醒の日」”. 音楽ナタリー (2016年2月28日). 2016年4月3日閲覧。
  20. ^ a b 土屋恵介「NEW DISCS 今月の推薦盤」『CDジャーナル』2016年4月号、音楽出版社、2016年3月19日、 79頁。
  21. ^ a b c 小池直也 (2016年4月6日). “アプガがパリピ化計画、仙石みなみ「中澤裕子さん侵略したい」”. MusicVoice. 株式会社アイ・シー・アイ. 2016年4月8日閲覧。
  22. ^ a b c d ピ〜ス!久保田 (2016年3月30日). “アップアップガールズ(仮)の久々な新シングル! レイヴ&ピースな『パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース』を語る(1/2)”. Mikiki - music review site. 2016年4月3日閲覧。
  23. ^ a b c d 柳真樹子 (2016年4月3日). “PICK UP IDOL アップアップガールズ(仮)”. HUSTLE PRESS. 株式会社HUSTLE PRESS. 2016年4月4日閲覧。
  24. ^ a b 【ポッター平井の激推しアイドル!第143回】 初のZeppツアーも決定!熱いライブで観客の心を侵略!「アップアップガールズ(仮)」”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2016年4月22日). 2016年4月24日閲覧。
  25. ^ “アップアップガールズ(仮)、新曲で日本中をパリピ化計画!次の標的はマー君”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年4月5日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160405-OHT1T50159.html 2016年4月6日閲覧。 
  26. ^ a b 【イベントレポート】アップアップガールズ(仮)ニューシングル発売日スペシャルリリースイベント! - エクストライシュー ”. 有限会社ルーフトップ (2016年4月6日). 2016年4月6日閲覧。
  27. ^ a b c 原田和典 (2016年2月27日). “アップアップガールズ(仮)/アプガエイリアン、覚醒す!! 約1年半ぶりのニュー・シングルを初披露”. Stereo Sound ONLINE. 2016年4月3日閲覧。
  28. ^ アップアップガールズ(仮)に単独インタビュー! <後編>”. カルチャー情報サイト「yoppy」 (2016年3月18日). 2016年4月6日閲覧。
  29. ^ a b c d CDジャーナル 2016年4月号 10頁
  30. ^ アプガ、1年半ぶりニューシングル発売&Zeppツアー開催決定(画像 2/17)”. 音楽ナタリー (2015年12月7日). 2016年4月3日閲覧。
  31. ^ a b c d e アプガ、1年半ぶりニューシングル発売&Zeppツアー開催決定”. 音楽ナタリー (2015年12月7日). 2016年4月3日閲覧。
  32. ^ a b アップアップガールズ(仮)約1年半振りのシングルCD4月5日にリリース決定!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2015年12月6日). 2016年4月3日閲覧。
  33. ^ a b アプガ、狂乱の年越しライブで宣言「ファミリーとともに武道館へ」”. 音楽ナタリー (2016年1月2日). 2016年4月3日閲覧。
  34. ^ アプガ、新曲はPandaBoY手がける「セブン☆ピース」”. 音楽ナタリー (2016年1月1日). 2016年4月3日閲覧。
  35. ^ a b c d アップアップガールズ(仮)1年半振りニューシングル詳細、追加情報続々発表!”. TOWER RECORDS ONLINE (2016年2月11日). 2016年4月3日閲覧。
  36. ^ 3月11日(金)2016/03/11 13:59 On スポーツフォーカル. (2016年3月11日). 該当時間: 26分56秒-27分06秒. http://www.ustream.tv/recorded/84336323 2016年4月3日閲覧。 
  37. ^ uugirlsofficialのツイート(708158984398577669). 2016年4月3日閲覧。
  38. ^ 3月15日ラジオ日本「60TRY部」に関根梓、新井愛瞳生出演!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2016年3月14日). 2016年4月3日閲覧。
  39. ^ パーリーピーポーエイリアン 振り付け アップアップガールズ(仮) - YouTube” (2016年2月26日). 2016年4月3日閲覧。
  40. ^ パーリーピーポーエイリアン 47都道府県ツアー沖縄最終決戦 アップアップガールズ(仮) - YouTube” (2016年3月15日). 2016年4月3日閲覧。
  41. ^ 4月3日グッズ、CD販売・当日券情報:定期公演@秋葉原”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2016年4月2日). 2016年4月3日閲覧。
  42. ^ uugirlsofficialのツイート(716848875181486080). 2016年4月4日閲覧。
  43. ^ 本日発売!「パーリーピーポーエイリアン /セブン☆ピース」”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2016年4月5日). 2016年4月5日閲覧。
  44. ^ パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース着うた、着うたフル、PC・スマホシングル・ビデオ配信!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2016年4月5日). 2016年4月5日閲覧。
  45. ^ New Disc Recommend”. 靴ブランド総合サイト ABC MART. 株式会社エービーシー・マート. 2016年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月8日閲覧。
  46. ^ 原田和典 (2015年7月27日). “アップアップガールズ(仮)/TFMの定期公演で2015夏、アプガの伝説が始まった”. Stereo Sound ONLINE. 2016年4月3日閲覧。
  47. ^ 原田和典 (2015年7月6日). “アップアップガールズ(仮)/雨をはね飛ばし、初の野外ワンマンで史上最高のアプガフェスを魅せた”. Stereo Sound ONLINE. 2016年4月3日閲覧。
  48. ^ アプガ、熱狂の野音ライブで天候にも勝利「最高の夏のスタート」”. 音楽ナタリー (2015年7月7日). 2016年4月3日閲覧。
  49. ^ 佐藤綾乃 (2015年12月23日). “ギリギリ更新*Ayano”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2016年4月4日閲覧。
  50. ^ アッパーレー アップアップガールズ(仮)Official Lyric Video UP UP GIRLS kakko KARI - YouTube” (2015年9月16日). 2016年4月4日閲覧。
  51. ^ a b 全国制覇!アプガ、魂ゆさぶる「沖縄決戦」で47都道府県ツアー完走”. 音楽ナタリー (2016年3月20日). 2016年4月3日閲覧。
  52. ^ アップアップガールズ(仮)、野音でひと足早いサマーパーティを開催 秋にはノンストップライブ・ツアーも決定!”. CDJournal ニュース (2015年7月8日). 2016年4月4日閲覧。
  53. ^ アプガ、恒例2時間ノンストップライブ開幕「史上最強に激しい」”. 音楽ナタリー (2015年11月24日). 2016年4月5日閲覧。
  54. ^ LIQUIDROOMで5時間半ノンストップ「@ JAM the Field」13組の白熱公演”. 音楽ナタリー (2015年11月29日). 2016年4月5日閲覧。
  55. ^ a b 【ライブレポート】ラビットウーマンとパリピ、どちらのアプガがお好き?ハロウィン2DAYSレポ”. BARKS音楽ニュース. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2015年11月2日). 2016年4月5日閲覧。
  56. ^ アプカミ#10 夏焼雅 新グループ・オーディション最終合宿#03、℃-ute「何故 人は争うんだろう?」MV裏側 & コーラスREC、アプガMV解禁、卓偉ライブ映像他 (04/01/2016) - YouTube” (2016年4月1日). 2016年4月5日閲覧。
  57. ^ uugirlsofficialのツイート(716262059239940096). 2016年4月5日閲覧。
  58. ^ アップアップガールズ(仮)『青春の涙』(UP UP GIRLS kakko KARI[Tears of Youth]) (MV) - YouTube” (2016年4月4日). 2016年4月5日閲覧。
  59. ^ a b アプガ「NO MUSIC, NO IDOL?」最新版に登場、タワレコ社長室で撮り下ろし”. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社 (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  60. ^ a b c d アイドル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター最新版“アップアップガールズ(仮)”が登場!”. TOWER RECORDS ONLINE (2016年3月29日). 2016年4月3日閲覧。
  61. ^ 2月27日TOWERmini汐留店にて発売記念イベント決定!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2016年2月21日). 2016年4月3日閲覧。
  62. ^ CDジャーナル~2016年04月号 - 株式会社音楽出版社 商品案内(一般向け)”. 2016年4月3日閲覧。
  63. ^ a b c d e 小野田衛「アップアップガールズ(仮)1年にも及ぶ全国47都道府県ツアー完走!!見えてきた課題と次なる目標」『Top Yell』2016年5月号、竹書房、2016年4月6日、 77頁。
  64. ^ a b アプガ1年半振り新曲リリース、会場がパーリーピーポー化!【リリイベレポ】”. ボクらのアイドル応援マガジン ファンドリー. 南麻布ラボ株式会社 (2016年4月6日). 2016年4月9日閲覧。
  65. ^ 【先ヨミ】欅坂46、デビューSGが25万枚超えで現在1位!”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2016年4月7日). 2016年4月9日閲覧。
  66. ^ 欅坂46 デビュー作が28万枚超で初登場1位、Da-iCEとPrizmaXの2位争い結果&TOP10内で唯一のソロアーティストは?”. Billboard JAPAN (2016年4月11日). 2016年4月11日閲覧。
  67. ^ オリコン週間 CDシングルランキング 2016年04月04日~2016年04月10日”. ORICON STYLE. 2016年4月13日閲覧。
  68. ^ 「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」オリコン発表!!. (2016年4月12日). 該当時間: 0分29秒 - 0分36秒. https://www.youtube.com/watch?v=IlqyBljjU-o 2016年4月12日閲覧。 
  69. ^ アップアップガールズ(仮) - 「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」沢山の応援ありがとうございました!”. アップアップガールズ(仮)Facebook (2016年4月12日). 2016年4月12日閲覧。
  70. ^ a b アプガ、新作MVで“人類パーリーピーポー化計画”を実行!タワレココラボポスターでは社長室をジャック”. Tokyo Girls' Scheduler(トーキョーガールズスケジューラー) (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  71. ^ アップアップガールズ(仮)/4/5発売のニューシングル「パーリーピーポーエイリアン」のド"チャラクソ" MV完成。日本パーリー化計画始動!”. Stereo Sound ONLINE (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  72. ^ アプカミ#20 モーニング娘。'16「泡沫サタデーナイト!」ボーカルREC映像#03、アプガMV裏側、中島卓偉、ラベンダー、チャオベッラライブ映像他 (06/10/2016). (2016年6月10日). 該当時間: 3:08-3:17. https://www.youtube.com/watch?v=K2MVR45WO5E 2016年6月12日閲覧。 
  73. ^ アプガ、「パーリーピーポーエイリアン」MVで人類パリピ化計画進行中。nunettesコラボも”. BARKS音楽ニュース (2016年3月30日). 2016年4月8日閲覧。
  74. ^ a b c d e アプガ、新曲MVでアイドルネッサンスらと踊り狂う!”. ニュースウォーカー (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  75. ^ a b アップアップガールズ(仮)、新曲「パーリーピーポーエイリアン」のMVを公開 「nunettes」とのコラボも”. CDJournal ニュース (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  76. ^ a b c アプガが日本をパーリーピーポー化計画!?チャラクソなMV完成”. ドワンゴジェイピーnews (2016年3月30日). 2016年4月3日閲覧。
  77. ^ barks_kawaicoのツイート(715019088649592832). 2016年4月3日閲覧。
  78. ^ a b c アップアップガールズ(仮)、ラクーアを”超ドチャラ”なパーティー空間に!前代未聞の新曲リリイベ”. GirlsNews. 株式会社レゾリューション (2016年4月6日). 2016年4月9日閲覧。
  79. ^ 森咲樹 (2016年4月9日). “侵略完了(;_;)♡Saki MORI”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2016年4月9日閲覧。
  80. ^ アプガ森咲樹 明石家さんまと村上ショージの「パリピ」写真公開”. Ameba News [アメーバニュース]. サイバーエージェント (2016年4月9日). 2016年4月9日閲覧。
  81. ^ azusasekineのツイート(720199728378433536). 2016年4月17日閲覧。
  82. ^ 373_sengokuのツイート(720196194945732608). 2016年4月17日閲覧。
  83. ^ アプガ 松崎しげる、デーモン閣下、三戸なつめらをパリピ化”. Ameba News [アメーバニュース] (2016年4月30日). 2016年5月1日閲覧。
  84. ^ アプカミ#17 モーニング娘。'16「The Vision」MV裏側 &「泡沫サタデーナイト!」楽器REC映像、アプガMV解禁、ラベンダー、渡瀬マキライブ映像他 (05/20/2016) - YouTube” (2016年5月20日). 2016年5月26日閲覧。
  85. ^ アップアップガールズ(仮)『セブン☆ピース』(UP UP GIRLS kakko KARI[Seven☆Peace]) (MV) - YouTube” (2016年5月23日). 2016年5月26日閲覧。
  86. ^ 【グッズ、CD販売・当日券情報】2/28(日)47都道府県ツアー 新潟決戦!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ (2016年2月26日). 2016年4月3日閲覧。
  87. ^ 佐藤綾乃 (2016年2月29日). “本州*Ayano”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ. 2016年4月3日閲覧。
  88. ^ アプガとアイルネが真っ向勝負!初対バンは大フィーバーのお祭り騒ぎ”. ドワンゴジェイピーnews. p. 1 (2016年4月1日). 2016年4月3日閲覧。
  89. ^ アプガとアイルネが真っ向勝負!初対バンは大フィーバーのお祭り騒ぎ”. ドワンゴジェイピーnews. p. 3 (2016年4月1日). 2016年4月3日閲覧。
  90. ^ a b c アプガ「パーティーライヴ」優勝! 勝因はエイリアン?”. ニュースウォーカー (2016年4月7日). 2016年4月7日閲覧。
  91. ^ a b アプガ、新作イベントで“パリピ”大増殖”. 音楽ナタリー (2016年4月6日). 2016年4月9日閲覧。
  92. ^ a b 原田和典 (2016年4月6日). “アップアップガールズ(仮)/両A面のニュー・シングルがデイリー1位! ラクーアがお祭り騒ぎに。人類パリピ化計画への道が今、ここから始まる”. Stereo Sound ONLINE. 2016年4月6日閲覧。
  93. ^ アプガ、総勢70人で“YOSAKOIエイリアン”パレード”. 音楽ナタリー (2016年6月11日). 2016年6月12日閲覧。
  94. ^ テレビ東京|The Girls Live|2016/04/01(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2016年4月3日閲覧。
  95. ^ テレビ東京|The Girls Live|2016/04/08(金)放送”. TVでた蔵. 2016年4月8日閲覧。
  96. ^ 4月12日放送BSスカパー!「FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス~」に出演!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2016年4月12日). 2016年4月24日閲覧。
  97. ^ TBS|ライブB♪|2016/04/27(水)放送”. TVでた蔵. 2016年5月1日閲覧。
  98. ^ テレビ東京|The Girls Live|2016/04/29(金)放送”. TVでた蔵. 2016年5月1日閲覧。
  99. ^ アップアップガールズ(仮)/パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース”. TOWER RECORDS ONLINE. 2016年4月3日閲覧。
  100. ^ a b c T-Palette Records News Vol.71”. TOWER RECORDS ONLINE. p. 2 (2016年2月11日). 2016年4月3日閲覧。
  101. ^ パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース - アップアップガールズ - 4997184962919 : CD”. 楽天ブックス. 楽天. 2016年4月17日閲覧。
  102. ^ アップアップガールズ(仮)/パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース<初回限定盤A>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2016年4月3日閲覧。
  103. ^ パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース (初回限定盤A) - アップアップガールズ - 4997184962926 : CD”. 楽天ブックス. 2016年4月17日閲覧。
  104. ^ アップアップガールズ(仮)/パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース<初回限定盤B>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2016年4月3日閲覧。
  105. ^ パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース (初回限定盤B) - アップアップガールズ - 4997184962933 : CD”. 楽天ブックス. 2016年4月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 南波一海「アップアップガールズ(仮)」『CDジャーナル』2016年4月号、音楽出版社、2016年3月19日、 4-10頁。

外部リンク[編集]