Going my ↑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Going my ↑
アップアップガールズ(仮)シングル
初出アルバム『ファーストアルバム(仮)
B面 お願い魅惑のターゲット
リリース
規格 マキシシングル
録音 2012年3月
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル アップフロントワークス[1]
作詞・作曲 大華奈央香(作詞)[注釈 1]
michitomo(作曲)
上田ケンジ(作詞)
田中秀典(作曲)
アップアップガールズ(仮) シングル 年表
-Going my ↑
(2012年)
バレバレI LOVE YOU
(2012年)
ファーストアルバム(仮) 収録曲
イチバンガールズ!
(2)
Going my ↑
(3)
UPPER ROCK
(4)
テンプレートを表示

Going my ↑」(ゴーイング マイ ウエーィ[3])は、『アップアップガールズ(仮)』の楽曲。同グループ1枚目のシングルとして[4]、(仮)バージョンが2012年3月10日に発売された後[5]、インディーズ版のCDが同年3月31日に発売された[4][6]。その約1ヶ月後の4月25日には、日本全国で発売が開始された[7]

背景[編集]

アップアップガールズ(仮)は、ハロプロエッグの研修課程を修了したメンバー6名[注釈 2]によって、2011年3月に『アップフロントガールズ(仮)』として結成された[8][9]。その後佐保明梨の加入[10]や『アップアップガールズ(仮)』への改名[11]を経て、2011年7月よりマップ劇場にて木曜日にレギュラー公演(定期公演)を開催するようになったが、この時点ではグループとしてのオリジナル曲はまだ無く、同公演ではハロー!プロジェクトの曲などを歌っていた[12]

その後、2011年11月には『UFZS[注釈 3]として『TENSI LOVE[注釈 4]とコラボレーションし、TENSI LOVEがUFZSにオリジナル曲を制作することも発表されたが、アップアップガールズ(仮)のオリジナル曲については、BARKSによれば「制作が行なわれている……らしい」という段階であった[13]。また、メンバーの関根梓は、2011年12月頃に「やっぱりオリジナルの曲が欲しいね!」と語っていた[14]

2011年12月15日、アップアップガールズ(仮)は恵比寿LIVEGATEにてレギュラー公演(定期公演)を開催した[15][16]。この公演では、アップアップガールズ(仮)の初の「オリジナル曲(仮)」がアップアップガールズ(仮)のメンバーではなく、カフェっ子により披露された[17]。この段階ではまだ制作中であり、タイトルも「オリジナル曲(仮)」であった[17]。また、メンバーの佐藤綾乃によれば、この曲のメロディーは知っており[18]仙石みなみによれば、メロディだけ入ったCDを受け取っていたという[19]。その後、同曲には「Going my ↑」というタイトルがついた[20]

録音・制作[編集]

2012年2月12日に行われたイベントの楽屋裏では、アップアップガールズ(仮)のメンバーがGoing my ↑を作曲・編曲したmichitomoに挨拶した[21]。その際、Going my ↑と別の曲が入った2曲入りのCDをリリースすることがメンバーに告げられた[21]

その後、2月25日にはCDのジャケット写真の撮影が行われ、その模様がUstreamで公開された[22]。3月2日には、Going my ↑のレコーディングが行われ[23]、翌3日には、カップリング曲のレコーディングが行われた[24]

音楽性、歌詞[編集]

「Going my ↑」の歌詞について、雑誌『Top Yell』は「今までの自分たちのことが盛り込まれた歌詞」としている[25]。また、BARKSは「メンバーそれぞれのオリジナリティも組み込まれた」「1曲」としており[20]、メンバーの新井愛瞳は、グループの過去(1番)と未来(2番)を歌ったものだとしている[26]。曲調について、『Top Yell』は「ビートの効いたラウドなロックチューン」と評している[8]。また、BARKSは「アッパーかつ」「キャッチー」と評し[20]、Web De-Viewは「アップテンポの元気が出るナンバー」と評している[27]

リリース[編集]

2012年2月24日、「Going my ↑」がCD化されることがニコニコ生放送『仙石みなみがテレ朝動画を見てみた』およびアップアップガールズ(仮)オフィシャルブログにて発表された[28][29]

3月10日、(仮)バージョンのCDが発売され[5]、3月31日には、インディーズCDシングル「Going my ↑」がTOKYO FM HALLで発売された[6][4]。4月25日には、Amazon.co.jpなど日本全国で発売が開始された[7]。翌2013年1月30日には、「Going my ↑」を収録したアルバム『ファーストアルバム(仮)』が発売された[30]

同シングルのカップリング曲は、メロン記念日の「お願い魅惑のターゲット」のNewアレンジversionである[31]。このことは、2012年3月20日にアップアップガールズ(仮)が参加した「idol LINE」 LIVE vol.1[32]で発表された[31]

ライブ・パフォーマンス[編集]

2012年1月15日、アップアップガールズ(仮)は恵比寿LIVEGATEにてレギュラー公演(定期公演)を開催した[33]。この公演では、アップアップガールズ(仮)によるオリジナル曲(仮)の初披露が行われた[8]。この段階では制作中であり、1番のみの披露であった[8][34]。また、この頃メンバーについてのエピソードが募集されており、募集されたエピソードがオリジナル曲(仮)の歌詞に織り込まれる可能性が示唆されていた[34]。その後、同年1月29日には2番まで披露し[35]、2月5日にはフルで披露した[36]。ただし、この段階ではダンスの振り付けはついておらず、振り付けは2月12日に行われるイベントで披露することが予告されていた[36]

2月12日、アップアップガールズ(仮)はTOKYO FM HALLにて、『アップアップガールズ(仮)』イベント 第17回公演 - 第19回公演を開催した[37]。この公演では、初のオリジナル曲「Going my ↑」がダンスの振り付きで披露された[20]。会場は盛り上がりを見せ[20]「メンバー、ファンとも感慨深げな様子」であったという[27]。なお、この段階ではCD化について具体的に触れられていなかった[20]

ダンスの先生の紹介[編集]

2012年2月10日、アップアップガールズ(仮)のメンバーは振り付けのビデオを受け取った[38]。そのビデオに映っていたのはダンスの先生であったが、メンバーも実際に会ったことは無かった[39]。上記イベント終了後の2月19日、テレビ番組アップアップガールズ(仮)の収録が行われた[40]。収録中に、ダンスの先生に会いたいという希望をメンバーが出したところ[41]、先生が収録現場に呼ばれており、振り付け師の竹中夏海がダンスの先生として紹介された[42]。ビデオに映っていたのは竹中ではなかった[43]ため、メンバーの森咲樹が「(ビデオに映っていた)あの方は先生のアシスタントの方ですか?」と尋ねたところ、竹中は「この瞬間の(サプライズの)ために(別の先生に)覚えてもらって、みんなにばれないように」と回答し、サプライズであったことを明かした[44]。アップアップガールズ(仮)はサプライズの多いグループであるが[14]、これは「珍しくと~っても嬉しいサプライズ」であったという[40]

超完成版の披露[編集]

2012年3月10日、アップアップガールズ(仮)は竹中夏海プロデュースによる[45]公演『また帰ってきた 黒船 LIVE in 汐留AX!!』を開催した[46]。この公演では、竹中によるダンスのフォーメーションつきのGoing my ↑超完成版を披露した[47][48]。竹中は普段、ダンスのフォーメーションを考えてから振り付けを考えるので、その順序が逆になって苦労したという[49]

シングル収録曲[編集]

CDシングル(2012年3月31日発売分)[50]
#タイトル作詞作曲編曲
1.「Going my ↑」大華奈央香[注釈 1]michitomomichitomo
2.お願い魅惑のターゲット(Newアレンジversion[4])」上田ケンジ田中秀典michitomo
3.「Going my ↑(Instrumental)」 michitomomichitomo

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 後に「大華奈央香」の正体がmichitomoであることが明らかにされた[2]
  2. ^ 仙石みなみ古川小夏森咲樹佐藤綾乃関根梓新井愛瞳
  3. ^ アップアップガールズ(仮)がK-POPカバーダンスグループとして活動する際の名義。
  4. ^ 韓国のエレクトロK-POPユニット

出典[編集]

  1. ^ アップアップガールズ(仮)「Going my ↑」3/26より先行配信スタート♪”. アップフロントワークス (2012年3月26日). 2012年3月26日閲覧。
  2. ^ 原田和典 (2014年11月10日). “第28回 作・編曲家/音楽プロデューサーのmichitomo氏にインタビュー”. dot.ドット. 朝日新聞出版. 2015年9月16日閲覧。
  3. ^ アップアップガールズ(仮)、バレンタイン公演で初オリジナル曲「Going my ↑」初披露。赤面告白も”. BARKS. アイティメディア (2012年2月13日). 2012年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c d @ufc_de_staff:【オリジナル作品発売決定!】.2012年3月31日閲覧。
  5. ^ a b (仮)CDをe-LineUP!で販売します。”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2012年3月19日). 2012年3月19日閲覧。
  6. ^ a b テレ朝動画 上々少女's×ヤングマガジン」『週刊ヤングマガジン』2012年4月2日号、講談社、2012年3月19日、 445頁。
  7. ^ a b アップアップガールズ(仮)の歌番組を作れるiPhoneアプリ「iカメラワーク」”. BARKS. グローバル・プラス株式会社 (2012年4月10日). 2012年4月13日閲覧。
  8. ^ a b c d 「アイドルMONTHLY NEWS TOPICS vol.2 アップアップガールズ(仮)がオリジナル曲を初披露!」『Top Yell』2012年3月号、竹書房、2012年2月、 126頁。
  9. ^ 「キャリア豊富な秘密兵器は「(仮)」付き!!」『UTB』平成23年6・8月合併号、ワニブックス、2011年6月、 58頁。
  10. ^ K-POPカヴァーユニットをも内包する謎のアップフロントガールズ(仮)”. BARKS. アイティメディア (2011年5月19日). 2012年2月14日閲覧。
  11. ^ アップアップガールズ(仮)に改名しました!!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2011年6月27日). 2012年2月14日閲覧。
  12. ^ 「LIVE REPORT 05 アップアップガールズ(仮)マップ劇場定例公演 7.21@マップ劇場」『特冊新鮮組DX』9月号、竹書房、2011年8月、 24頁。
  13. ^ K-POPダンスイベント<K☆DANCE LOVERS Vol.2>に、ハロプロエッグ出身・UFZSが登場”. BARKS. アイティメディア (2011年11月12日). 2012年2月14日閲覧。
  14. ^ a b 「2011年 アップアップガールズ(仮)ガチンコで突っ走っちゃいました!!」『UTB』2012年2月号、ワニブックス、2011年12月、 58-59頁。
  15. ^ 公演情報 アップアップガールズ(仮) 第37公演(木曜レギュラー公演)”. PigooHD Live. つくばテレビ. 2012年2月15日閲覧。
  16. ^ 公演情報 アップアップガールズ(仮) 第38公演(木曜レギュラー公演)”. PigooHD Live. つくばテレビ. 2012年2月15日閲覧。
  17. ^ a b アップアップガールズ(仮)オリジナル曲(仮)大発表!!、、、カフェっ子が. (2011年12月21日). 該当時間: 0分50秒 - 1分46秒. http://www.nicovideo.jp/watch/1324399998 2012年2月15日閲覧。 
  18. ^ 佐藤綾乃 (2011年12月15日). “綾乃☆゛”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年2月15日閲覧。
  19. ^ 「DELIGHTFUL! 仙石みなみ(アップアップガールズ(仮))」『UTB』2012年6月号 vol.208、ワニブックス、2012年4月、 90頁。
  20. ^ a b c d e f アップアップガールズ(仮)、バレンタイン公演で初オリジナル曲「Going my ↑」初披露。赤面告白も (2)”. BARKS. アイティメディア (2012年2月13日). 2013年8月17日閲覧。
  21. ^ a b アップアップガールズ(仮) #12. 該当時間:25分30秒 - 27分11秒 2012年3月1日閲覧。
  22. ^ 佐保明梨 (2012年2月25日). “撮影★明梨”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月1日閲覧。
  23. ^ 森咲樹 (2012年3月2日). “(。・∀・。)*咲樹”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月3日閲覧。
  24. ^ 仙石みなみ (2012年3月3日). “みなみ!Rec2”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月4日閲覧。
  25. ^ 「アイドルMONTHLY NEWS TOPICS vol.2 アップアップガールズ(仮)初のオリジナル曲がついに完成!」『Top Yell』2012年4月号、竹書房、2012年3月、 126頁。
  26. ^ 新井愛瞳 (2012年2月5日). “愛瞳★゛”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年2月15日閲覧。
  27. ^ a b アップアップガールズ(仮)、定期公演で初のオリジナル曲披露”. Web De-View. オリコン・エンタテインメント (2012年2月14日). 2012年2月15日閲覧。
  28. ^ 仙石みなみ (2012年2月24日). “みなみ!生TEL”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月1日閲覧。
  29. ^ 佐藤綾乃 (2012年2月24日). “生暖かい:NON☆゛”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月1日閲覧。
  30. ^ アプガ初のアルバム「ファーストアルバム(仮)」発売”. ナタリー. ナターシャ (2013年1月29日). 2013年8月17日閲覧。
  31. ^ a b 関根梓 (2012年3月20日). “(ぶろっさむ・x・)あず”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月21日閲覧。
  32. ^ 3月20日「idol LINE」 LIVE vol.1出演情報”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2012年3月16日). 2012年3月21日閲覧。
  33. ^ 公演情報 アップアップガールズ(仮) 第44公演”. PigooHD Live. つくばテレビ. 2012年2月15日閲覧。
  34. ^ a b アップアップガールズ(仮)エピソード大募集!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2012年1月15日). 2012年3月1日閲覧。
  35. ^ 佐保明梨 (2012年1月29日). “2番★明梨”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年2月15日閲覧。
  36. ^ a b アップアップガールズ(仮)オリジナル曲(仮)をフルコーラス披露!2012年2月5日” (2012年2月5日). 2012年2月15日閲覧。
  37. ^ Hello! Project会員先行受付 『アップアップガールズ(仮)』イベント開催決定!” (2011年12月19日). 2012年2月15日閲覧。
  38. ^ 仙石みなみ (2012年2月10日). “みなみ!よっし!!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月1日閲覧。
  39. ^ アップアップガールズ(仮) #12. 該当時間:49分37秒 - 49分44秒 2012年3月1日閲覧。
  40. ^ a b 佐保明梨 (2012年2月19日). “いっぱい★明梨”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月1日閲覧。
  41. ^ アップアップガールズ(仮) #12. 該当時間:50分18秒 - 50分23秒 2012年3月1日閲覧。
  42. ^ アップアップガールズ(仮) #12. 該当時間:50分32秒 - 50分53秒 2012年3月1日閲覧。
  43. ^ アップアップガールズ(仮) #12. 該当時間:51分45秒 - 51分50秒 2012年3月1日閲覧。
  44. ^ アップアップガールズ(仮) #12. 該当時間:51分39秒 - 51分51秒 2012年3月1日閲覧。
  45. ^ 仙石みなみ (2012年3月10日). “みなみ!黒船”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月11日閲覧。
  46. ^ 3月10日黒船公演が帰ってくる!!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2012年2月17日). 2012年3月11日閲覧。
  47. ^ 「アイドルMONTHLY NEWS TOPICS vol.2 フォーメーションまで完成した『Going my ↑』」『Top Yell』2012年5月号、竹書房、2012年4月、 126頁。
  48. ^ 森咲樹 (2012年3月10日). “(*´ー`*)*咲樹”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba. 2012年3月11日閲覧。
  49. ^ 「竹中夏海先生の 踊る!アイドルソング時評」『Top Yell』2012年7月号、竹書房、2012年6月、 62頁。
  50. ^ アップアップガールズ(仮)第20回公演、第21回公演、第22回公演 ツアーグッズ”. アップフロントインターナショナル. 2012年3月30日閲覧。[リンク切れ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • iカメラワーク - TBSが制作している音楽ゲーム。第1弾としてアップアップガールズ(仮)が「Going my ↑」を歌う映像を作成するゲームが公開されている。

外部リンク[編集]