ジェイミー・マリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェイミー・マレーから転送)
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジェイミー・マレー
ジェイミー・マリー Tennis pictogram.svg
Murray J. WM15 (4) (20630668485).jpg
ジェイミー・マリー
基本情報
ラテン文字名 Jamie Murray
フルネーム James Robert Murray
愛称 ジェイミー
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 同・ダンブレーン
生年月日 1986年2月13日(30歳)
身長 190cm
体重 84kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
ツアー通算 15勝
シングルス 0勝
ダブルス 15勝
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2016)
全仏 3回戦(2014・15)
全英 準優勝(2015)
全米 準優勝(2015)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト8(2016)
全仏 ベスト4(2011)
全英 優勝(2007)
全米 準優勝(2008)
優勝回数 1(英1)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2015)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 834位(2006年5月22日)
ダブルス 1位(2016年4月4日)
2016年4月1日現在

ジェームズ・ロバート・マリーJames Robert Murray /ˈdʒeɪmi ˈmʌri/, 1986年2月13日 - )は、スコットランド・ダンブレーン出身の男子プロテニス選手。アンディ・マリーの1歳年上の兄で、ダブルスのスペシャリストとして活動している。左利き。シングルスにはほとんど出場せず、4大大会の男子シングルスには1度も出場記録がない。これまでにATPツアーでダブルス15勝を挙げている。彼は様々なダブルス・パートナーと組んで好成績を出しており、弟のアンディと兄弟ペアを組む時もある。趣味のゴルフではハンデキャップ3の力量を持っている。

シングルス・ダブルス通してイギリス人初の世界ランキング1位。[1]イギリス人20年ぶりのウィンブルドン優勝者。グランドスラム優勝2回。イギリス人男子43年ぶりの全米ダブルス決勝進出。また2015年デビスカップではイギリスの79年ぶりの優勝に貢献。

来歴[編集]

マリー家の兄弟2人は、スコットランドのナショナル・コーチを務めていた母親の手ほどきでテニスを始めた。一緒にラケットを握った時、兄ジェイミーは4歳、弟アンディは3歳だった。ジェイミーの公式サイトによれば、少年時代に家族でウィンブルドン選手権を観戦した頃「自分はできる限り多くの試合を見ようとしたが、アンディはできる限り(選手たちの)サインをねだることに夢中だった」という。ジュニア選手のトーナメントでは、2004年全米オープンの男子ジュニアダブルス部門でアンディと組んだベスト4がある。同年に18歳でプロ入り。最初期は男子ツアー最下層の大会群(フューチャーズ)でシングルス戦もこなしたが、2006年4月以後はダブルスのみに専念するようになった。

2007年、ジェイミー・マリーはエリック・ブトラックアメリカ)と組んで男子ツアー大会のダブルスに3勝を挙げ、2007年ウィンブルドン選手権混合ダブルスエレナ・ヤンコビッチとコンビを組んで優勝した。J・マレーとヤンコビッチは、決勝でヨナス・ビョルクマンスウェーデン)&アリシア・モリクオーストラリア)組を 6-4, 3-6, 6-1 で破って栄冠を獲得した。イギリス人選手がウィンブルドンを制覇したのは、1987年の混合ダブルスを制したジェレミー・ベイツ&ジョー・デュリー組(この組は2人ともイギリスペア)以来20年ぶりの快挙であった。

2011年楽天ジャパンオープンでのマリー兄弟

2008年は、2月のアメリカフロリダ州デルレイビーチ大会でマックス・ミルヌイベラルーシ)と組んだ優勝がある。8月の北京五輪には、イギリス代表選手としてジェイミーとアンディの兄弟ペアが男子ダブルスに出場し、2人は2回戦でフランス代表のアルノー・クレマン&ミカエル・ロドラ組に 1-6, 3-6 で敗れた。オリンピック終了後、ジェイミーは全米オープン混合ダブルスでリーゼル・フーバーと組み、自身2度目の4大大会混合ダブルス決勝に進出した。ここではリーンダー・パエスインド)&カーラ・ブラックジンバブエ)組に 6-7, 4-6 で敗れ、混合ダブルス2冠のチャンスを逃している。

2010年11月のバレンシア大会でジェイミーは、弟のアンディと組んだダブルスの決勝でマヘシュ・ブパシ&マックス・ミルヌイ組を 7–6(8), 5–7, [10–7] で破った。2011年の楽天ジャパンオープンでもアンディと組み優勝し、ダブルスツアー7勝目を挙げた。

2015年は躍進の年となった。ジョン・ピアーズと組み、ウィンブルドン選手権で決勝に進出。決勝ではジャン=ジュリアン・ロジェ&ホリア・テカウ組に6–7(5–7), 4–6, 4–6で敗れた。全米オープンでも再び決勝に進出。決勝ではピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ組に4-6, 4-6で敗れた。 デビスカップ2015でもダブルスで活躍。1回戦のアメリカ戦ではドミニク・イングロットと組み、ブライアン兄弟に敗れたが、準々決勝以降は弟のアンディ・マリーと組み、フランス戦ではジョー=ウィルフリード・ツォンガ&ニコラ・マユ組に、オーストラリア戦ではサム・グロス&レイトン・ヒューイット組に、決勝ベルギー戦ではスティーブ・ダルシス&ダビド・ゴファン組に勝利し、イギリスの優勝に貢献した。

2016年はブルーノ・ソアレスと組み、年初のシドニー国際で優勝すると、全豪オープンで2015年のウィンブルドンから3大会連続決勝進出を果たすと、決勝でダニエル・ネスター&ラデク・ステパネク組に2–6, 6–4, 7–5で勝利し、男子ダブルスでのグランドスラム初タイトルを手に入れた。

4月4日付の世界ランキングで世界ランク1位になることが確定した[2]

主要大会決勝[編集]

グランドスラム決勝[編集]

男子ダブルス: 3 (1–2)[編集]

結果 大会 サーフェス パートナー 相手 スコア
準優勝 2015 ウィンブルドン選手権 オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ オランダの旗 ジャン=ジュリアン・ロジェ
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
6–7(5–7), 4–6, 4–6
準優勝 2015 全米オープン ハード オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ フランスの旗 ニコラ・マユ
フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール
4-6, 4-6
優勝 2016 全豪オープン ハード ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス カナダの旗 ダニエル・ネスター
チェコの旗 ラデク・ステパネク
2–6, 6–4, 7–5

混合ダブルス: 2 (1–1)[編集]

結果 大会 サーフェス パートナー 相手 スコア
優勝 2007 ウィンブルドン選手権 セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ オーストラリアの旗 アリシア・モリク
スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
6–4, 3–6, 6–1
準優勝 2008 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
インドの旗 リーンダー・パエス
6–7(6–8), 4–6

デビスカップ[編集]

優勝 (1)[編集]

イギリスの旗 イギリスチーム ラウンド/相手
2015年 アンディ・マリー
ジェームズ・ウォード
ダン・エバンス
カイル・エドマンド
ジェイミー・マリー
ドミニク・イングロット
1R: イギリス 3–2 アメリカ
QF: イギリス 3–1 フランス
SF: イギリス 3–2 オーストラリア
FN: ベルギー 1–3 イギリス

ATPツアー決勝進出結果[編集]

大会グレード
グランドスラム
ATPワールドツアー・ファイナル
オリンピック
ATPワールドツアー・マスターズ1000
ATPワールドツアー・500シリーズ
ATPワールドツアー・250シリーズ

ダブルス: 31回 (15勝16敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2006年7月30日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
2–6, 4–6
準優勝 2. 2006年10月1日 タイ王国の旗 バンコク ハード (室内) イギリスの旗 アンディ・マリー イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
2–6, 6–2, [4–10]
優勝 1. 2007年2月18日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック 南アフリカ共和国の旗 クリス・ハガード
ドイツの旗 ライナー・シュットラー
7–5, 7–6(8–6)
優勝 2. 2007年2月25日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー
オーストリアの旗 ユリアン・ノール
7–5, 6–3
優勝 3. 2007年6月23日 イギリスの旗 ノッティンガム アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック イギリスの旗 ジョシュア・グドール
イギリスの旗 ロス・ハッチンス
4–6, 6–3, [10–5]
優勝 4. 2008年2月17日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–4, 3–6, [10–6]
準優勝 3. 2008年4月21日 ポルトガルの旗 エストリル クレー ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット 南アフリカ共和国の旗 ジェフ・クッツェー
南アフリカ共和国の旗 ウェスリー・ムーディ
2–6, 6–4, [8–10]
準優勝 4. 2008年6月16日 イギリスの旗 ノッティンガム 南アフリカ共和国の旗 ジェフ・クッツェー ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
2–6, 6–7(5–7)
優勝 5. 2010年11月7日 スペインの旗 バレンシア ハード (室内) イギリスの旗 アンディ・マリー インドの旗 マヘシュ・ブパシ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
7–6(10–8), 5–7, [10–7]
優勝 6. 2011年9月25日 フランスの旗 メス ハード (室内) ブラジルの旗 アンドレ・サ チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー
ブラジルの旗 マルセロ・メロ
6–4, 7–6(9–7)
優勝 7. 2011年10月9日 日本の旗 東京 ハード イギリスの旗 アンディ・マリー チェコの旗 フランティセク・チェルマク
スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク
6–1, 6–4
準優勝 5. 2012年2月5日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) オーストラリアの旗 ポール・ハンリー フランスの旗 ニコラ・マユ
フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=バセラン
4–6, 6–7(4)
優勝 8. 2013年4月13日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
1–6, 7–6(7–3), [12–10]
優勝 9. 2013年7月28日 スイスの旗 グシュタード クレー オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ スペインの旗 パブロ・アンドゥハール
スペインの旗 ギリェルモ・ガルシア=ロペス
6–3, 6–4
優勝 10. 2013年9月30日 タイ王国の旗 バンコク ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ ポーランドの旗 トマシュ・ベドナレク
スウェーデンの旗 ヨハン・ブランシュトロム
6-3, 3-6, [10-6]
準優勝 6. 2013年10月6日 日本の旗 東京 ハード オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=バセラン
インドの旗 ロハン・ボパンナ
6–7(7), 4–6
優勝 11. 2014年5月4日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ イギリスの旗 コリン・フレミング
イギリスの旗 ロス・ハッチンス
6–4, 6–2
準優勝 7. 2014年6月16日 イギリスの旗 ロンドン オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
6–4, 6–7(4), [4–10]
準優勝 8. 2014年8月23日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ コロンビアの旗 フアン・セバスティアン・カバル
コロンビアの旗 ロベルト・ファラ
3–6, 4–6
準優勝 9. 2014年9月27日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ ポーランドの旗 マルチン・マトコフスキ
インドの旗 リーンダー・パエス
6–3, 6–7(5), [5–10]
優勝 12. 2015年1月11日 オーストラリアの旗 ブリスベン国際 ハード オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ 日本の旗 錦織圭
ウクライナの旗 アレクサンドル・ドルゴポロフ
6–3, 7–6(4)
準優勝 10. 2015年2月15日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
オランダの旗 ジャン=ジュリアン・ロジェ
6–3, 3–6, [8–10]
準優勝 11. 2015年4月26日 スペインの旗 バルセロナ クレー オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ クロアチアの旗 マリン・ドラガンヤ
フィンランドの旗 ヘンリ・コンティネン
3–6, 7–6(6), [9–11]
準優勝 12. 2015年7月11日 イギリスの旗 ウィンブルドン オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
オランダの旗 ジャン=ジュリアン・ロジェ
6-7(5), 4-6, 4-6
優勝 13. 2015年8月2日 ドイツの旗 ハンブルク クレー オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ コロンビアの旗 フアン・セバスティアン・カバル
コロンビアの旗 ロベルト・ファラ
2–6, 6–3, [10–8]
準優勝 13. 2015年9月13日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ フランスの旗 ニコラ・マユ
フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール
4–6, 4–6
準優勝 14. 2015年10月25日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ ポーランドの旗 ルカシュ・クボット
ブラジルの旗 マルセロ・メロ
6-4, 6-7(3), [6-10]
準優勝 15. 2015年11月1日 スイスの旗 バーゼル ハード (室内) オーストラリアの旗 ジョン・ピアーズ オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
5-7, 5-7
優勝 14. 2016年1月16日 オーストラリアの旗 シドニー ハード ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス インドの旗 ロハン・ボパンナ
ルーマニアの旗 フロリン・メルゲア
6–3, 7–6(8–6)
優勝 15. 2016年1月30日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス カナダの旗 ダニエル・ネスター
チェコの旗 ラデク・ステパネク
2–6, 6–4, 7–5
準優勝 16. 2016年4月17日 モナコの旗 モンテカルロ クレー ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール
フランスの旗 ニコラ・マユ
6–4, 0–6, [6–10]

4大大会成績[編集]

男子ダブルス[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 1R A 2R 1R 1R 2R 3R W 10–8
全仏オープン A 1R 1R 1R 1R 2R 1R 2R 3R 3R 6–9
ウィンブルドン 1R 3R 3R 1R 1R 2R 2R 1R 3R F 13–10
全米オープン A 2R 1R A A 1R 1R QF 1R F 9–7
Win-Loss 0–1 3–4 2–4 0–3 0–2 3–4 1–4 4–4 5–4 14–4 6–0 38–34

混合ダブルス[編集]

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算
全豪オープン A 2R 2R A 1R 1R A 1R 1R QF 4–7
全仏オープン A QF A A SF A A 1R 2R 5–4
ウィンブルドン選手権 W SF SF 1R 2R A 1R QF A 15–6
全米オープン SF F A A 1R A A A 2R 8–4
Win-Loss 9–1 9–4 4–2 0–1 4–4 0–1 0–1 2–3 2–3 2–1 32–21

出典[編集]

外部リンク[編集]