しんや一族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しんや一族
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本北海道
制作局 テレビ北海道(TVH)
出演者 かみむらしんや
ふれさわひろみつ
もとき(ラフ→チケット)他
しんや一族
放送時間 月曜日0:35 - 1:05[注 1](JST)(日曜深夜)(30分)
放送期間 2017年4月10日 - 2018年3月26日(50回)
しんや一族
放送時間 月曜日1:05 - 1:35(JST)(日曜深夜)(30分)
放送期間 2018年4月2日 -
テンプレートを表示

「しんや一族」は、テレビ北海道でローカル放送されている北海道を舞台にしたバラエティ番組

概要[編集]

かみむらしんやふれさわひろみつ、もとき(ラフ→チケット)の3人が北海道の各市町村のご当地グルメや気になるスポットをご紹介しながら最終的には北海道179市町村全てを巡るという壮大なグルメ旅バラエティ番組。

すきタマTVの後番組として番組開始当初は同じ月曜日(日曜日深夜)の12:35からの放送だったが、2018年4月2日よりゴッドタンと放送時間を交換し、1:05スタートとなった。 

企画[編集]

現在行われている企画一覧[編集]

北海道189市町村おいしいもの巡りの旅

この番組のメイン企画。番組開始当初は特に企画名はなかったが、2017年5月8日の当別町編から現在の名称がつけられた。

基本その市町村のおいしいものを食べたり観光スポットに行き楽しむ企画で、お支払いが発生した場合「一族カード」を引き支払う人を決定する(一族カードについては後述で説明)。

番組の企画がこの旅のみだった2017年は基本的に1つの市町村を2週で放送、場所によっては2つの町をまとめて紹介する形となることもあり、その場合は1つの町1週で2週で2つの町を回る形。場合によっては1週のみの放送や、3週かけて放送されることもあったが、放送する企画が増えた2018年からは全て1週の放送になった。なお札幌市は面積が大きいので各区ごとに回る。

かみむらしんやインスタグラムにチャレンジ KAMISUTA映え企画

SNS初心者のかみむらしんやが、Instagramを始めて、インスタ映え(番組内ではカミスタ映え)する写真を乗せ「いいね」をもらって、初心に帰って有名になり、かみむらの夢をかなえようという企画。

この企画ではかみむらともときが出演していて、ふれさわは出演しない[注 2]。またこの企画のみ普段のスタッフとは別に2人のスタッフが存在する(番組内では影のスタッフのサトP・カジDと紹介され、エンディングのスタッフロールでも紹介されない)。この企画の指示はこの2人の影のスタッフの指示から出される。また企画のルールや後述の達成する目標及びご褒美も影のスタッフにより作られた[注 3]。2018年1月22日放送分より企画スタート。

「いいね」の数によってかみむらの夢が叶えられる。企画開始当初は1万いいねで海外ゴルフ旅行、100万いいねでランボルギーニをプレゼントだったが、3月12日放送分より以下の通りに変更された。

いいね数 期間 達成時のご褒美 失敗時の罰ゲーム 結果
10,000いいね 2018年3月31日まで 沖縄旅行 雪原!!裸でゴルフ合宿 達成(4月9日放送分で発表)
100,000いいね 2018年6月30日まで 海外ゴルフ旅行 地方巡業!!道内の祭りで漫才・コント[注 4]
1,000,000いいね 2018年12月31日まで ランボルギーニプレゼント 自腹でGT-R購入

3月19日放送分で北海道の女性ローカルアイドルグループフルーティーが出演して以降、通常番組のエンディングでは次回予告が流れるが、KAMISUTA映え企画では予告は流さず、フルーティーの楽曲が流れるようになった。

キングなソフトさん

番組内でCMを放送している札幌市北区新琴似のキングソフトが舞台のミニコント。夜な夜な迷える人が来店しキングなソフトさん(かみむら)が悩みを解決する。

出演及び設定
  • キングなソフトさん(かみむら):芸能界を28年駆け抜て突如芸能界を引退し、ひっそりとキングソフトオープンさせ余生を楽しんでいる。
  • 常連客(もとき・ふれさわ、登場するのは1人。)
  • 悩める人(ゲスト)
  • 店長:キングソフトの実際の店長。4月9日放送分で登場。

過去に行われた企画一覧[編集]

「かみむら」ルーツの旅

番組の出演者であるかみむらしんや、番組内でCMを流しているトミーモータースの社長上村さん。2人に共通する苗字「上村」の先祖を辿れば出所は同じなのではないかというのを調べる企画。

この企画ではかみむらとふれさわが出演し、もときは出演しない。2018年2月12日放送分より企画スタート。4月30日放送分で終了。

企画内では上村社長のルーツを追い、その過程で栃木県足利市まで足を運んだ。しかし、ルーツ到達までは行かず一度企画は完結となった。しかし、最後に出てきた栃木県佐野市(栃木県内で上村姓が一番多い場所)と新潟県上越市(一番古かった上村家のご先祖のお嫁さんの住んでいた地域)の上村さんに手紙を出し、有力な情報が手に入った場合シーズン2を開始する予定となっている。

スロット大当たりDE視聴者プレゼント

もときが制限時間30分の間にスロットを打って大当たりを出し、大当たりした回数分視聴者プレゼントが出る企画。視聴者プレゼントは番組ステッカー。

番組内でCMを放送しているパチンコ店がちゃぽんで企画が行われ、店舗スタッフが助っ人としてもときと一緒にスロットを打つ。

パチンコ・スロット旅打ち企画

かみむら・ふれさわ・もときの3人スロットを打って勝負する特別企画。

苫小牧市の「がちゃぽん苫小牧店」と厚岸町の「GOD SLOT PARK」の2店舗でスロットを打ち、苫小牧ではメダル数、厚岸ではジャグラーのBIG BONUSの回数で勝負してポイントを競う。苫小牧では1位5ポイント、2位3ポイント、3位2ポイント。厚岸では1位10ポイント、2位5ポイント、3位0ポイント。

苫小牧ではかみむらが1位(5ポイント)、もときが2位(3ポイント)、ふれさわが3位(2ポイント)、厚岸ではもときとふれさわが同率1位(10ポイント)、かみむらが3位(0ポイント)で、もときが13ポイント、ふれさわが12ポイント、かみむらが5ポイントとなり、最下位のかみむらが罰ゲームで厚岸での食事代を自腹で払うことになった。

三河麺don家帯広店1位メニューを当てるまで食べ続けまSHOW

がちゃぽん帯広店内にある三河麺don家帯広店の全メニューの中からがちゃぽん帯広店のスタッフさんが選んだ1位メニューを当てるゲーム。

指定した料理を完食しないと順位は発表されない、1位メニューを当てるまでは食べ続けないといけないといったところから某局の有名人気企画のパロディ企画である。

なお、パチンコ絡み企画の一部のテロップ及び効果音は、この番組を制作しているオフィスセブン制作で、2017年12月までHTBで放送していたパチンコ番組『プリパチ』で使われていたものと同じものを使用している。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

以上の3名に加え、北海道189市町村おいしいもの巡りの旅では番組スポンサーであるアスクゲートの社長と社員(通常1名、最大3名)、「かみむら」ルーツの旅では番組でCMを流しているトミーモータースの社長が登場する。

ナレーター[編集]

  • いとうなお(2018年4月16日 - )

過去の出演者[編集]

ナレーター
  • 長岡夢( - 2018年4月9日)

一族カード[編集]

食事や視聴者プレゼント用の商品を買う等で支払いが発生した場合、一族カード(番組開始当初はお支払いカード)をその場にいる出演者全員で引くのがルールになっている。

通常カード

1人1枚カードを引く。カードの種類は○・×・ドクロ・割り勘・スーパードクロ・やりなおしの6種類あり、基本的にどの種類のカードが何枚入っているかは出演者は知らない[注 6]

開始当初は○とドクロカードの2枚で、食事終了後にカードを引いていたが、5月22日の千歳市編1週目で料理が食べられない×カードが追加されたため、その際は食事前にカード引きをすることもある。また×カードやドクロカードはは人数により枚数が変動する[注 7]

それぞれのカードの内容

  • ○カード - お支払いはなく、料理も食べられる。
  • ドクロカード - 食事代金のお支払い、ただし料理は食べられる。
  • ×カード - お支払いはないが、料理は食べられない。5月22日の千歳市編1週目より追加。食事前にカードを引く際に登場する。
  • 割り勘カード - このカードを引いた時点で食事代金の支払いが全員で割り勘となる[注 8]。6月12日の千歳市編3週目よりもときの提案で追加。アスクゲート関係者がいる場面で食事後にカードを引く際に登場する。
  • スーパードクロカード[注 9] - 食事代金の支払いに加え、料理も食べれない。8月14日の東川町編から追加。
  • やりなおしカード[注 10] - このカードを引くと強制的にカード引きがやり直しとなる[注 11]。10月9日の佐呂間町編から追加。
名前カード

出演者の名前の書いてあるカードを店員に引いてもらう。引いたカードに書かれていた名前の人がお支払いとなる。このカードは主に視聴者プレゼント購入時に引くためのカードであったが、最近ではレギュラー3人で食事をした後の支払い時に使われることも多い。このカード引きになると、かみむらのカードが極端に引かれる傾向がある。

これまでの記録
  • 最多支払い者 - ふれさわ(24回)(食事代金の支払いが割り勘カードでの支払いの6店舗を含む21店舗、さらに視聴者プレゼント用の商品代金支払いが1回、食事代金と視聴者プレゼント用の商品代金をまとめて払ったのが2回。)
  • 最高支払金額 - 10,800円(富良野市編で支払った食事代、5人で割り勘での支払い)
    • 1人での支払いに限るとかみむらの7,950円(洞爺湖町編で支払った食事代。ただし自分達の食事代3,850円に加え、取材時にいた女性客4名分の食事代4100円を加えた金額)
    • 自分達の食事代だけに限ると、アスクゲート社員の7,128円(増毛町編で支払った食事代)
  • 連続支払い回数 - もとき(6連続)(旭川市後編の2店舗目から当別町前編の1店舗目までの支払い)
  • 連続支払い回避数 - かみむら(11連続)(増毛町前編の支払い後から東神楽町編の3店舗目で割り勘カードで支払いするまで)

放送日程[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 番組初回は30分遅れの1:05からの放送。
  2. ^ ただし、2月5日の放送ではFM-JAGAで放送しているかみむらとふれさわが出演のラジオ番組「金曜しんや倶楽部」の生放送中のスタジオにもときと番組カメラが入ったためふれさわが出演している。
  3. ^ ルールによって禁止にされたのは、インスタの投稿としてパチンコは禁止(これは番組内でCMを放送しているパチンコ店がちゃぽんの帯広店で撮った写真をインスタに投稿したところ、サトPがこの番組を制作しているオフィスセブン制作で、2017年12月までHTBで放送していたパチンコ番組『プリパチ』に出演していたことにより、かみむら=パチンコのイメージがあるためインスタには新しいかみむらの姿を見せたいため、今までやって来たこと、かみむらの得意なことをインスタに載せるのことを禁止にしたため。)、この企画中は出された料理に対してテレビを通じての食レポは禁止(ただしその料理をインスタ内で食レポをするのはOK。)の2つ。また4月9日の放送ではカード引きにしたがってお題を決めインスタ映えする写真を撮っていたが、お題に沿う人(お題はセレブの人をお姫様抱っこする)が見つからなかっため、100いいねでカードを引きなおす権利を与えるルールを発表したが、その直後にお題に会う人が現れたためこのルールは適用しなかった。
  4. ^ もときと2人でネタを披露する。コンビ名やネタもすべて1から考えてやる。
  5. ^ a b 前番組のすきタマTVから継続出演。
  6. ^ 例外として割り勘カードが誕生した際にもときが、やりなおしカードが誕生した際にふれさわがそのカードが入っているとスタッフから事前に知らされた。
  7. ^ 出演者3人だけの場合は1枚、アスクゲート関係者が加わり5人になると1-2枚、また×カードがない場合もある。
  8. ^ 1枚多いカードの中から1人ずつ引いていく。割り勘カードが出た時点で支払が全員での割り勘となるため、割り勘カードが出る前にドクロカードを引いた人は支払い金額が少なくなるが、先に○カードを引いた人は支払いを回避したはずなのに支払わなければいけないということになる。また最後まで割り勘カードが残ればドクロを引いた人がお支払いとなる。
  9. ^ ドクロカードとの見分け方は、ドクロカードが白いガイコツの絵が描かれているのに対し、スーパードクロカードは黒いガイコツの絵が描かれいる。
  10. ^ カードは☆マーク。
  11. ^ 1枚多いカードの中から1人ずつ引いていく。やり直しのカード引きの際はこのカードは外される。
  12. ^ ふれさわの所持金が2045円だったためアクスゲート社員から1,000円を借金して支払い。
  13. ^ 2店舗合計での支払い(1店舗目3,500円、2店舗目3,000円)。
  14. ^ 2店舗合計での支払い(1店舗目2,900円、2店舗目6,600円)。さらに先週から連続しての支払いにより1店舗目の時点で残金が1,000円しかなく、1店舗目ではアスクゲート社員から2,000円を借金して、2店舗目ではかみむらから財布を借りて支払い。
  15. ^ a b c 視聴者プレゼント用の商品代金。
  16. ^ 2店舗合計での支払い(1店舗目890円、2店舗目3,670円)。なお2店舗目はカード引きによりふれさわの支払いが決定したが、途中で放送が終了したため、金額は翌週の放送で発表された。
  17. ^ 本来は6月5日放送予定であったが、予定を変更し世界卓球選手権男子ダブルス決勝を放送したため放送が一週間延期。
  18. ^ 割り勘カードをアスクゲート社長が引いたため1人2,000円ずつの割り勘。ちなみにその他が引いたのはかみむら・もとき・アスクゲート社員が○、ふれさわがドクロだった。ちなみに残り1枚はドクロで社長がドクロを引けばふれさわと2人で5,000円ずつの支払いだった。
  19. ^ 千歳編で6,560円を支払って残金が不足していたため、もときから借金して支払いをした。
  20. ^ 割り勘カードをアスクゲート社長が引いたため1人1,367円ずつの割り勘。ちなみにその他が引いたのはかみむらが○、ふれさわ・アスクゲート社員がドクロ、もときは引く前だった。ちなみに残り2枚は○で社長・もときが○を引けばふれさわとアスクゲート社員の2人で3,418円ずつの支払いだった。
  21. ^ 2017年東京都議会議員選挙特番の影響で25:00からの放送。
  22. ^ 増毛えび地酒まつり2017で出会った番組視聴者への食事代。当初は850円(とり串5本で400円、塩焼きそば300円、味噌汁150円)だったが、かみむら本人が途中でとり串を追加で購入したため400円プラス。
  23. ^ 食事代3,068円+視聴者プレゼント代1,520円。
  24. ^ ボクシングダブル世界タイトルマッチの放送時間延長の影響で15分遅れの24:50から放送。
  25. ^ ドクロカードを引きお支払いとなったが、お店オーナーのご厚意により番組史上初のお店からのご馳走となり支払いはなし。
  26. ^ 本来の金額は3,800円だったがお店の主人のご厚意で3,000円に。カード引きでドクロカードが2枚あったため2人で1,500円ずつの支払い。
  27. ^ 本来の金額は1,340円だったがお店の主人のご厚意で1,000円の支払いとなった。
  28. ^ 今回はピザ作り体験だったため×カードは食事なしではなくピザ作り体験に参加できないこと。
  29. ^ お店の主人のご厚意で、第2回放送の旭川編の3店舗目以来となる食事の場面でのカード引きなし(旭川編はアスクゲート社長の関係者を含めた宴会だったため通常の食事では初となる)。
  30. ^ 2店舗での合計での支払い(1店舗目2,620円、2店舗目1,760円)また2店舗目はスーパードクロカードでの支払い。
  31. ^ a b カード引きにより本来はふれさわがドクロ、アスクゲート社長が×であったが、先週の東川町編から全部支払いをしているふれさわと、不在だった7回目の千歳編を除くすべての×カード登場時に×を引いていた社長の思惑が一致し、かみむらの裁定により番組史上初のカードのトレードが成立した。ちなみにカード通りふれさわが支払いをしていた場合、次の店が割り勘カードでの支払い、翌週の上士幌編の1店舗目でもふれさわが支払いだったため、ふれさわはもときが持っている連続支払い記録を更新するはずだった。
  32. ^ 割り勘カードをもときが引いたため1人1,620円ずつの割り勘。ちなみに全員で一斉にカードを開き、もとき以外は全員○、残り1枚はドクロだった。
  33. ^ やんごとなき事情により次のロケ地の室蘭市に行けなかったため未公開集&利尻島巡りを放送。利尻島を巡ったため利尻町と利尻富士町は189市町村おいしいもの巡りの旅をクリアしたことになった。
  34. ^ 自分たちの食事代は2,800円だが、かみむらがお隣の席の人の食事代金を支払ったためこの金額。
  35. ^ かみむらがやりなおしカードを引いたため、カード引きをやり直した結果。ちなみに1回目のカード引きではかみむら以外の全員が○、残り1枚がドクロ。2回目はかみむらが先にカードを引き○、残り4人が一斉にカードを引きアスクゲート社員がドクロを引いてお支払いとなった。
  36. ^ 割り勘カードをアスクゲート社長が引いたため1人約994円ずつの割り勘。ちなみにカード引きはアスクゲート社員(○)、ふれさわ(ドクロ)、アスクゲート社長(割り勘カード)、もとき(○)、かみむら(×)の順番。残り1枚は○だった。
  37. ^ 第48回衆議院議員総選挙特番「池上彰の総選挙ライブ」の影響で25:00からの放送。
  38. ^ 本編が釣り対決と厚岸漁猟協同組合感謝祭のイベントステージの模様だったため番組初の本編でカード引きなしとなった。
  39. ^ 本編がかまぼこ工場見学と札幌オータムフェスト2017編でも紹介した豚肉を使った商品でバーベキューをした模様だったためカード引きなし。
  40. ^ 食事代1,500円+視聴者プレゼント代2,250円。
  41. ^ 本来食事代3,920円を支払う予定だったが、店長のご厚意により食事代は無料となり、代わりに視聴者プレゼントを購入することになったため、もときは視聴者プレゼント用の商品代金を支払った。
  42. ^ 割り勘カードをアスクゲート社員が引いたため1人1,124円の割り勘。ちなみにカード引きはふれさわが1番でドクロを引き、アスクゲート社員が2番で割り勘カードを引いて終了。残り4枚は全て○だった。
  43. ^ 乃木坂工事中大妄想クリスマス1時間SPの影響で25:05からの放送予定。
  44. ^ 番組の年内最終放送がクリスマスということでアポなしでお店から視聴者プレゼントを集める企画。また企画内でもらったプレゼントをお店からもらうか自腹で買い取るかのカード引き(○を引けばお店からプレゼント、ドクロを引けば引いた人が自腹で買い取り)が決行され、ふれさわが2回カードを引き1回買い取り(3,000円のお食事券5名分、計15,000円)、アスクゲート社長が1回カードを引き買い取り(2,000円のバッティングセンターの回数券5枚、計10,000円)、もときが1回カードを引き買い取りはなしだった。
  45. ^ 番組冒頭でもときより何らかの講習を受けるため及びサンタクロースの衣装のサイズがなかったため欠席と発言していたが、番組中に視聴者プレゼントをくれそうなお店を紹介してもらうために電話をかけたため音声のみの出演。
  46. ^ 乃木坂工事中新春1時間SPの影響で25:05からの放送。
  47. ^ 割り勘カードをアスクゲート社長が引いたためアスクゲート社長が1,004円、その他6名が1,000円支払いの割り勘。ちなみにカード引きはアスクゲート社長が1番で割り勘カードを引いて終了。残り6枚は○が5枚、ドクロが1枚だった。
  48. ^ カミスタ企画がかみむらともときの2人で進められ、キングなソフトさんも常連客役がもときだったためふれさわは41・42回の2週は出演がなかった。しかし、43回ではもときと番組スタッフがかむむらとふれさわがFM-JAGAで放送しているラジオ番組「金曜しんや倶楽部」の生放送中のスタジオに入ったためふれさわが本編に出演。さらにキングなソフトさんも常連客役がふれさわだったため3週目にはふれさわが出演している。
  49. ^ 平昌オリンピックハイライトの影響で25:05からの放送。
  50. ^ 食事代は3,850円だが、取材時にいた女性客4名分の食事代4,100円も支払ったためこの金額。
  51. ^ 本来は5,580円だが、店主のご厚意で5,000円の支払いとなった。
  52. ^ 2店舗合計での支払い(1店舗目4,550円、2店舗目4,330円)。
  53. ^ 5人に対しカードが6枚の状態でカード引きをした。1番にアスクゲート社員、2番にふれさわがカードを引き共にドクロ。その後かみむら・もとき・アスクゲート社長が一斉にカードをめくり全て○。残ったカードは割り勘カードで、割り勘カードが登場してから初めて割り勘カードが最後まで残る結果となった。ふれさわとアスクゲート社員が5,000円ずつ支払い。
  54. ^ 割り勘カードをもときが引いたため1人2,160円の割り勘。カード引きははじめにアスクゲート社員が引いて○、次にもときが引いて割り勘カードを引いて終了。その後カードをめくらなかっため残り4枚のカードの中身は不明。
  55. ^ 2018年2月26日放送分より。
  56. ^ 北海道189市町村おいしいもの巡りの旅で社長と社員が出演している。
  57. ^ キングなソフトさんでコントの舞台としてお店を使用している。
  58. ^ 「かみむら」苗字ルーツの旅で社長が出演している。
  59. ^ テロップは出しているがCMは流しておらず、番組中にインフォメーションとして情報を流して、そのインフォメーションはふれさわがナレーションをしていた。

出典[編集]

  1. ^ 株式会社プランニング・ホッコー
  2. ^ オフィスセブン
  3. ^ アスクゲートグループ
  4. ^ 道央自動車株式会社
  5. ^ がちゃぽんグループ 株式会社 立岩
  6. ^ TOMMYモータース: 札幌ランクルの事ならトミーモータース
  7. ^ LC GROUP

外部リンク[編集]

テレビ北海道(TVH) 月曜日0:35-1:05(日曜深夜)
前番組 番組名 次番組
すきタマTV
( - 2017年3月27日)
しんや一族
(2017年4月9日 - 2018年3月26日)
ゴッドタン
(2018年4月2日 - )
テレビ北海道(TVH) 月曜日1:05-1:35(日曜深夜)
ゴッドタン
( - 2018年3月26日)
【30分繰り上げて継続】
しんや一族
(2017年4月2日 - )
-