.ca

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
.ca
カナダの旗
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Canadian Internet Registration Authority
後援組織 None
利用地域 カナダに関連する団体・個人
使用状況 カナダでは非常によく使われている。
登録の制限 カナダ在住であること。
階層構造 かつては所属する地方のドメイン下で登録する必要があったが、いまは直接第二レベルドメインに登録できる。
関連文書 Official CIRA documents
方針 CIRA Domain Name Dispute Resolution Policy (CDRP)
ウェブサイト CIRA
テンプレートを表示

.caは、国別トップレベルドメイン (ccTLD) の一つで、カナダに割り当てられている。

登録[編集]

登録はレジストリが定めた条件を満たさなければならない。条件は以下の通り

  • カナダ国籍の成人
  • カナダの永住者
  • カナダの法人
  • イヌイットファースト・ネーションメティやその他カナダの先住民
  • インディアン法で定められた、先住民の一団
  • カナダで登録商標をもっている外国人
  • 条件を満たす、執行者、管理者、その他法的代理人である法人や個人
  • 政府の部門
  • イギリス連邦元首

登録者は直接第二レベルドメインに登録することもできるが、地域型ドメイン下に登録することもできる。また、.caの登録は、レジストラを通じて行う。

歴史[編集]

1988年、.caはIANAのオペレータジョン・ポステルによって、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)に割り当てられた。

1997年、カナダのノバスコシア州ハリファックスで開かれたインターネット年次カンファレンスで、カナダのインターネットコミュニティは、登録手続きを自由化して登録にかかる時間を大幅に短縮するレジストリ改革を行うことを決めた。

2000年12月1日、.caの運営管理はUBCから非営利組織のCanadian Internet Registration Authority (CIRA)に移管された。

第二レベルドメイン[編集]

UBCはかつて、一地区で活動しているエンティティにはcity.toronto.on.caといった第四レベルドメイン、一行政区内で活動しているエンティティには第三レベルドメインの下で割り当てるという運用を行っていた。地方の有限責任会社は.mb.caといった第三レベルドメインでの登録しかできなかった一方、連邦の有限責任会社は.ca下の第二レベルドメインが持てた。つまり、二つの行政区にまたがった団体のみが.caに直接登録することができた。このような厳しい規制のためカナダの多くの団体が.caより登録料の高い.comや、.org.netを使用するようになってしまった。

現在は、どの公認レジストラでも、ドメインを.ca下に直接登録できる。以下のサブドメインは、主にCIRAが管理する以前の.caドメインで使われた歴史的な遺物として残っている。

註:第二レベルドメイン.gc.caは、一般にCIRAが政府のために割り当てた地名型ドメインと認識されているがこれは誤りである。実は、.gc.caは他の.caドメイン下に登録されたドメインと変わらない。CIRAは.gc.ca下での登録には関与していない。.mil.caも同様である。

名前に関する規制[編集]

  • 頭がxn--からはじまるドメイン(国際化ドメイン用)。
  • トップレベルドメインに存在するドメイン(例:com.ca、ca.ca)。
  • 特定の卑語。
  • カナダ国内の地名。

奇妙なことに、これら名前は第二・第三レベルいずれでも予約されているが、既に登録している実体は引き続き保持することが出来る(例:St. Lawrence Collegeのsl.on.ca)。また、2文字ドメインは僅かにあるものの、既存の国別コードトップレベルドメインと一致することは少ない。

登録しようとしている名前が、他の.caや行政区や準州で使用されている場合、名前の登録は制限される。登録するためには、レジストラの仲介を受け、CIRAからその名前で登録している全ての登録者からの許可を取り付けなければならない。


期限切れの.caドメイン[編集]

期限切れで一時停止されたドメイン名は、30日間の猶予期間経過後 to-be-released(TBR)ステータスとなる。期限切れとなった名前は、毎週行われるオークションを通して、再び利用される。オークションにかけられるドメイン名はオンラインでリストアップされている[1]。入札がなかった場合は、通常のドメインと同じ先着となる。

参考[編集]

外部リンク[編集]