.in

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
.in
インドの旗
施行 1989年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 INRegistry
後援組織 インド国立インターネット交換局(en:National Internet Exchange of India)
利用地域 インドに関係する実体
使用状況 .comなどのgTLDに比べるとそれほど人気はなかったが、2005年に登録の自由化が行われると(外国人からの利用も多いが)登録数は飛躍的に増加した。
登録の制限 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。
関連文書 www.inregistry.in (英語)
方針 .IN Domain Name Dispute Resolution Policy (INDRP)
ウェブサイト registry.in
テンプレートを表示

.inインド国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。

2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。

  • .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能)
  • co.in(銀行・企業・商標用)
  • firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用)
  • .net.inISP用)
  • .org.inNPO用)
  • .gen.in(その他)
  • .ind.in(個人用)

公的な組織のために6つの分類が用意されている。

  • ac.in(学術施設)
  • edu.in(教育施設)
  • res.in(調査施設)
  • ernet.in(教育調査施設)
  • gov.in(政府)
  • mil.in(軍)

.inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インドドイツアメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。

.nic.inドメインはインドの国立情報センター(National Informatics Centre)のために予約されたものであったが、実際にはインドの政府組織のほとんどがnic.inドメインを取得するに至った。

外部リンク・出典[編集]