ジョン・ポステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ポステル
Jon Postel (Photo by Irene Fertik, USC News Service. Copyright 1994, USC)
人物情報
生誕 1943年8月6日
死没 1998年10月16日(55歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 南カリフォルニア大学情報科学研究所
博士課程
指導教員
デイビット・J・ファーバー英語版
主な業績 RFC
IANA
ポステルの法則
影響を
与えた人物
ティム・バーナーズ=リー[1]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジョン・ポステルJonathan Bruce Postel, 1943年8月6日 - 1998年10月16日[2])はアメリカコンピュータ科学者。

1974 年カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) よりコンピュータサイエンスの博士号を授与される。UCLA 在学中より初期の ARPANet に関わる。

1977 年より南カリフォルニア大学 (USC) の情報科学研究所 (ISI) にてインターネットの発展と標準化に多大な貢献をし、「インターネットの神」と呼ばれた。TCP/IP, SMTP, DNS, FTP, Telnet の開発に携り、RFC の編集者としての他、IANA の発起人として知られる。

ポステルの法則[編集]

ポステルの法則(英語: Postel's law)とは、「送信するものに関しては厳密に、受信するものに関しては寛容に」という、通信における設計原則である。堅牢性原則 (robustness principle, ロバストネス原則) とも。

元々はポステルがTCPを規定した RFC793 において、相互運用性を確保するためにTCPの実装が持つべき性質として要約した節が、より一般化されて知られるようになったものである。原文は次のとおり。

2.10. robustness principle

TCP implementations will follow a general principle of robustness: be conservative in what you do, be liberal in what you accept from others.

RFC793

脚注[編集]

  1. ^ A Ten Year Tribute to Jon Postel where Berners-Lee comments on the "society, sets of values and ways of working" as, in part, established by Postel
  2. ^ インターネットの創始者の1人、ジョン・ポステル氏が死去”. INTERNET Watch (1998年10月19日). 2012年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]