ジョン・ポステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jon Postel (Photo by Irene Fertik, USC News Service. Copyright 1994, USC)

ジョン・ポステルJonathan Bruce Postel, 1943年8月6日 - 1998年10月16日[1])はアメリカコンピュータ科学者。

1974 年カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) よりコンピュータサイエンスの博士号を授与される。UCLA 在学中より初期の ARPANet に関わる。

1977 年より南カリフォルニア大学 (USC) の情報科学研究所 (ISI) にてインターネットの発展と標準化に多大な貢献をし、「インターネットの神」と呼ばれた。TCP/IP, SMTP, DNS, FTP, Telnet の開発に携り、RFC の編集者としての他、IANA の発起人として知られる。

ポステルの法則[編集]

ポステルの法則(英語: Postel's law)とは、「送信するものに関しては厳密に、受信するものに関しては寛容に」という、通信における設計原則である。堅牢性原則 (robustness principle, ロバストネス原則) とも。

元々はポステルがTCPを規定した RFC793 において、相互運用性を確保するためにTCPの実装が持つべき性質として要約した節が、より一般化されて知られるようになったものである。原文は次のとおり。

2.10. robustness principle

TCP implementations will follow a general principle of robustness: be conservative in what you do, be liberal in what you accept from others.

RFC793

脚注[編集]

  1. ^ インターネットの創始者の1人、ジョン・ポステル氏が死去”. INTERNET Watch (1998年10月19日). 2012年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]