世自在王仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世自在王仏(せじざいおうぶつ、Lokeśvararāja)は、法蔵菩薩阿弥陀如来)の師とされる如来。世饒王仏(せにょうおうぶつ)とも。法蔵菩薩が「四十八願」等として知られる願を述べた相手でもある。ローケーシュヴァラ(Lokeśvara)という語はシヴァ神や観世音菩薩に対しても用いられている。また『ローケーシュヴァラ讃』(Lokeśvararāja-stava)という書物が存在している。

今をさかのぼること無数劫という遥か過去の時代の仏で、無量寿経のサンスクリット本では燃燈仏から過去にさかのぼること81人目、康僧鎧による漢訳では54人目(世自在王仏から後の仏たちを五十三仏という)に現われたとされる。

関連項目[編集]