ハインケル He111

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインケル He 111

He 111H。ドイツ空軍のマークが見える

He 111H。ドイツ空軍のマークが見える

ハインケル He 111第二次世界大戦前から大戦終了までドイツの航空機メーカーハインケルが製造し、ドイツ空軍が使用していたレシプロ双発爆撃機。大戦を通じて使用された主力機で、使い勝手の良さから多くの派生機が誕生した。

開発経緯[編集]

ドイツヴェルサイユ条約の規制のため、戦闘機などの開発を民間機の名目でしており、He 111も民間用輸送機として開発が進められており、民間用にC型が開発された。このC型を元に軍用機も研究、開発が進められた。

こうして開発された機体は当初、重量過多により巡航速度が予定の数値を大きく下回り、「期待はずれの落第機」の烙印を押されたが、その後DB600Aエンジンを搭載した機体が開発され、この機が実戦配備された。本機は楕円翼をもち、爆弾を胴体内に垂直に搭載する独特な爆弾倉を装備していた。

また、ドイツ空軍の「爆撃機の高速化」のコンセプトにも基づいており、当時の爆撃機としては高速であった。

実戦[編集]

1937年のスペイン内戦で第一線機として初登場し、1939年のポーランド侵攻や1940年のフランス戦など、大戦当初は主力機として活躍したが、爆弾の大型化に伴い速度が低下し、また防禦力も低かったため、バトル・オブ・ブリテンでは大損害を被った。

その後は東部戦線を除いて昼間爆撃任務の殆どはJu 88が行うようになり、He 111は夜間爆撃機、ミサイル母機や偵察機雷撃機として活躍した。東部戦線でも1943年頃からHe 111の爆撃任務は夜間に限定されるようになった。

また、1942年にはスターリングラード攻防戦で包囲された友軍への空中補給任務を行い、大戦末期にはほとんど輸送機として任務に就いた他、中華民国に輸出された機体が輸送機として使用された。

仕様 (H-6)[編集]

編隊飛行を行うHe 111(1940年
コックピットの視界が広いのが見て取れる
ポーランドへの電撃戦で爆弾投下を行うHe 111

出典: Jane's Fighting Aircraft of World War II[1]

諸元

  • 乗員: 5名(パイロット、航法兼爆撃手、機首銃手、腹部銃手、尾部銃手
  • 全長: 16.4 m (54 ft 6 in)
  • 全高: 3.9 m (13 ft 9 in)
  • 翼幅: 22.5 m(74 ft 3 in)
  • 空虚重量: 7,720 kg (17,000 lb)
  • 運用時重量: 12,030 kg (26,500 lb)
  • 最大離陸重量: 14,075 kg (31,000 lb)
  • 動力: ユモ 211 F-1 液冷V型12気筒エンジン、986 kW (1,300 hp) × 2

性能

  • 最大速度: 400 km/h (250 mph)
  • 航続距離: 2,800 km (1,521 海里, 1,750 マイル)
  • 実用上昇限度: 8,390 m (27,500 ft)
  • 上昇率: 5,185 mまで20分 (17,000 ft)
  • 翼面荷重: 137 kg/m2 (28.1 lb/ft2
  • 馬力荷重(プロペラ): .082 kW/kg (.049 hp/lb)

武装

  • *固定武装:MG15または7.92mmMG81機関銃 7門
  • 搭載爆弾:2000kg(4,400 lb)胴体内搭載 もしくは 外部2000kg及び胴体内500kg(1,100 lb)搭載
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bridgman, Leonard, ed. "The Heinkel He 111 H". Jane's Fighting Aircraft of World War II. London: Studio, 1946. 167. ISBN 1-85170-493-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]