ダイムラー・ベンツ DB 600

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DB600A NII VVS.jpg

ダイムラー・ベンツ DB 600 (Daimler-Benz DB 600) は、第二次世界大戦中に製造されたドイツの航空機レシプロエンジンダイムラー・ベンツ (Daimler-Benz AG) が開発し、メッサーシュミット Bf110ハインケル He111に搭載された液冷倒立V型12気筒エンジン。大戦中に使用された大部分のエンジンがDB 600を基礎にして製造されたDB 600 シリーズで、燃料直接噴射を取り入れたDB 601などに発展した。

仕様[編集]

  • 全長:1,727 mm (68 in)
  • 空虚重量:560 kg (1,235 lb)
  • 弁機構 : 1バンクに対して1カムシャフトのSOHC
  • シリンダー内径 (Bore) :150 mm (5.91 in)
  • シリンダー行程 (Stroke) :160 mm (6.30 in)
  • 過給機:ギア駆動 一段・一速式 遠心型過給機
  • 総排気量:33.929 cc(2,070 in&sup3)
  • 出力:770 hp (575 kW) - 1000 hp (735 kW)
  • 圧縮比:6.8:1
  • 出力重量比:1.20 kW/kg (0.73 hp/lb)
  • 乾燥重量:545kg
  • 燃料:87オクタンガソリン
  • 燃料機構:キャブレター
  • 潤滑油機構:ドライサンプ 及び 圧縮機、ポンプ機2基