ギュンター兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギュンター兄弟

ジークフリート・ギュンターSiegfried Günter1899年12月8日 - 1969年6月19日)とヴァルター・ギュンターWalter Günter1899年12月8日 - 1937年9月21日)の双子の兄弟は、ドイツの航空技術者である。

来歴[編集]

ジークフリートとヴァルター・ギュンターは1899年12月8日に生まれた。2人とも第1次世界大戦に従軍し英軍の捕虜になった。戦後、兄弟はハノーファーの工科大学で工学を学んだ。兄弟の才能を初めに認めたのはパウル・バウマー(Paul Bäumer)であり、彼は兄弟が友人のヴァルター・メルテンス(Walter Mertens)とヴェルナー・マイヤー=カッセル(Werner Meyer-Cassel)と共に製作しヴァッサークッペ(Wasserkuppe)で飛ばしたグライダーに感銘を受けた。バウマーは4人全員をベルリンにある自分の会社バウマー航空(Bäumer Aero)に招いた。彼らはそこでモーターグライダーやその後増えてきた高速スポーツ機(この中の1機でバウマーは1928年に事故死した)を設計した。

1931年エルンスト・ハインケルはギュンター兄弟をロストックハインケル社に招聘した。兄弟はそこでHe 51He 70He 111を含むハインケル社で最も重要かつ有名な機種の幾つかを設計した。

ヴァルター・ギュンターは1937年9月21日に交通事故に遭い死去した。

第2次世界大戦後、ジークフリートはベルリンで義父の経営する車屋で働いていたが誘拐されソビエト連邦に連行されてそこで航空機の設計を強いられた。これによりジークフリート・ギュンターがソビエトのMiG-15戦闘機の開発に携わったという冷戦時代の神話が生まれたが、ジークフリート自身は常にこれを否定した。1952年に彼は東ドイツに帰ってきた。1年後にジークフリートは西ドイツに移り、再びハインケル社で働き始めた。彼はそこで世界初の超音速V/STOL機のEWR VJ 101とV/STOL輸送機VC 400の開発に携わった。両機ともに試作の段階までで量産はされなかった。

ジークフリート・ギュンターは1969年6月19日に死去した。

伝記[編集]

Siegfried Günter