Me 323 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Me323
Me323(着陸時)

メッサーシュミット Me 323(Messerschmitt Me 323)は、メッサーシュミット社によって開発された第二次世界大戦中のドイツの軍用輸送機である。愛称はギガント(Gigant、ドイツ語で「巨人」の意)。

概要[編集]

輸送用グライダーMe 321に6基のノーム・エンジンをつけたものである。Me 321は巨大であるために当時としては比類無き輸送力を誇ったが曳航が困難で、3機のメッサーシュミット Bf110によるトロイカ曳航や、曳航専用機であるハインケル He 111Z ツヴィリング(Zwilling)が開発された。しかし専用機を使う場合はともかく、それが実用化される前の3機組での曳航は危険であり曳航中の事故も多く、航続距離が短過ぎるという問題もあり、モーターグライダー化が施されMe323として約200機が生産された。戦時の量産に向くように、スチール製の枠組みに羽布(はふ。密に織った軽い麻布)張りという構造をとっている。機首が左右に開いて野砲を牽引車ごと搭載できた。42年4月に試作機が初飛行している。

当時実用化されていた輸送機としては驚異的な輸送力を持っており、軽戦車程度の車輌や100人の武装兵士などを運ぶことができた(資料によっては25tもあるIV号戦車を輸送できたとするものもある)。1943年から運用され、北アフリカ戦線イタリアから物資を輸送する作戦に用いられたが、あまりの巨大さゆえに1000馬力級のエンジンでは6発を搭載してもアンダーパワーであり、低速かつ鈍重なため連合軍戦闘機、またはB-25のような双発爆撃機からの襲撃を受け、多くの犠牲をだした。

ただし、撃墜するにはエンジンかコックピットに弾を当てる必要があり、羽布部分は貫通するだけである程度の攻撃を受けても飛行可能であったため、銃弾を撃ち尽くした連合軍機を尻目に悠々と飛行している、という事態も初期には珍しくなかった。また後述通り輸送機にしては多くの機銃を備えていたため、襲ってきた敵機が返り討ちに遭わされたこともある。もっとも攻撃を受ければ飛行に影響はしなくても、輸送中であれば積荷が被弾することになるため無意味だったわけではなかった。

諸元[編集]

  • 乗員: 5 名
  • 全長: 28.2 m
  • 翼幅: 55.2 m
  • 全高: 9.6 m
  • 空虚重量:15,500 kg
  • 全備重量:29,500 kg (ドイツ語版によると最大離陸重量は45t)
  • エンジン:6× ノーム・エ・ローヌ 14N
  • 出力: 950 hp×6 (資料により850hp~1180hpと開きがある)
  • 最高速度:270 km/h (資料により250km/h~300km/hと開きがある)
  • 航続距離:800 km (資料により700km~1100kmと開きがある)
  • 武装:18 × 7.92 mm MG 81など (生産型によって数の増減あり、また一部を13mm MG 131や20mm MG 151/20と交換したものもある)
  • 輸送力:兵員60~80名(120名) もしくは20tまでの貨物 (資料により15t~25tと開きがある)

登場作品[編集]

  • ストライカーズ1945II - 日本ステージの中ボスとして登場。本作では爆撃機という扱いになっている。

以下の作品には、Me 323そのものではないが、着想を得た飛行機が登場する。