Hs 121 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンシェル Hs 121

Hs 121 V1(模型)

Hs 121 V1(模型)

  • 用途:高等練習機
  • 製造者ヘンシェル
  • 運用者:ドイツ空軍
  • 初飛行:1934 年 1 月 4 日
  • 生産数:1 機
  • 運用状況:試作のみ

ヘンシェル Hs 121は1930年代のドイツで試作された単発・単座・高翼単葉の高等練習機である。

概要[編集]

ヘンシェル社は元は機関車自動車を製造する機械・車輌メーカーであった。1930年代初めにそれらに加え新たに航空機部門に進出することを試み、1933年にカッセルにヘンシェル航空機製作所が設立された。

Hs 121はそのヘンシェル社が最初に製造した航空機であった。

ガル翼であるHs 121を低翼機化した機体がHs 125である。

性能諸元[編集]

  • 全長: 7.30 m
  • 翼幅: 10.00 m
  • 全高: 2.80 m
  • 翼面積: 14.00 m²
  • 自重: 760 kg
  • 最大離陸重量: 960 kg
  • エンジン: アルグス As 10C 空冷倒立V型8気筒エンジン 240 hp ×1
  • 最高速度: 278 km/h
  • 巡航速度: 250 km/h
  • 航続距離: 2 h
  • 実用上昇高度: 6,500 m
  • 乗員: 1 名 (操縦士)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]