Hs 126 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンシェル Hs 126

ヘンシェル Hs 126

ヘンシェル Hs 126

Hs 126は、ドイツヘンシェル社によって開発された偵察兼軽爆撃機である。第二次世界大戦の初期に、近距離偵察や地上軍との直協任務に活躍した。

概要[編集]

Hs 126 は Hs 122 を発展させる形で開発された偵察機である。乗員は操縦手と後方銃手兼偵察員の二名で、主翼は高翼配置、着陸脚は固定式だった。短距離離陸性能と低速飛行性能に優れていたが、後継の Fi 156Fw 189 が登場すると本来の任務からは退いた。その後はグライダー牽引機や夜間攻撃機として運用されたものの、1941年に生産が終了し、1942年に前線から引き揚げられた。

スペック[編集]

  • 全長: 10.85 m
  • 全幅: 14.50 m
  • 全高: 3.75m
  • 全備重量: 3,275 kg
  • エンジン: B.M.W. ブラモ 323A-1 空冷9気筒 850 hp
  • 最大速度: 356 km/h
  • 航続距離: 720 km
  • 武装
    • 7.92mm機銃 × 2
    • 爆弾 100 kg
  • 乗員: 2名

関連項目[編集]

外部リンク[編集]