Fw 187 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Fw 187 ファルケ(鷹)は、第二次世界大戦直前にドイツの航空機メーカー フォッケウルフ社によって試作された双発戦闘機である。当時制式採用されていたBf 109B/CやBf 110よりも優れた速度性能を示したが、ドイツ航空省の方針で不採用となった。

概要[編集]

1936年にフォッケウルフ社のクルト・タンク技師は、駆逐機の第1号であるメッサーシュミットBf 110に対抗する機体の開発を試みた。これがFw 187で、ドイツ空軍から3機の試作機の受注を得ることに成功した。

Fw 187は単座双発で、ライバルであるBf 110よりも小型・軽量でコンパクトにまとめられていた。特に空気抵抗軽減に気を使った設計となっており、胴体の幅はパイロットの肩幅程しかなく、コックピットはかなり窮屈なものとなった。このため、一部計器はコックピット内に搭載できず、エンジンナセル内側に取り付けられていた。主翼は、細長い逆ガル式であり、双発エンジンのラジエーターは半引き込み式になっていた。エンジンは当初680 hpのユンカース ユモ 210エンジンを搭載していたが、量産機では1000 hpのDB 600を装備する予定だった。

原型1号機であるV1は1937年春に初飛行し、最高速度525 km/hを記録した。これは当時の主力戦闘機メッサーシュミットBf 109Bよりも速く、操縦性、上昇力等も優れた性能を示した。しかし、ドイツ航空省では双発戦闘機は重武装で複座以上の機体でなければならないということから、本機に対する態度は冷ややかなものだった。その後1938年にはV1が墜落事故を起こしたため飛行テストは中止されてしまった。

フォッケウルフ社では本機の制式採用を目指し3号機からは複座とするなどの改良を続けた結果、エンジンをチューンアップしたユモ 210Gに換装した原型6号機は、最高速度635 km/hを記録した。続けて先行生産型のA-0を3機生産しBf 110との比較審査に臨んだが、既に双発戦闘機はBf 110に機種を統一する航空省の方針は覆らず、Fw 187は不採用となった。

先行生産機は1940年から1年程ノルウェーの航空学校で訓練機としても使用されたが、その後JG77の駆逐飛行隊に配備され実戦部隊で使用された、飛行性能や機動性、操縦性への評判はBf110よりも良好だった為にRLMはFw187Aを直ちにフォッケウルフ社に返却された、自社の工場を防衛するために利用され、以降はTa154の開発の為に飛行試験に用いられたが、ブレーメン防空戦に参加したテストパイロットのメールホーン技師は1943年10月8日の迎撃戦の際にFw187Aで出撃し四発重爆3機を撃墜後に撃墜され戦死したと言われている

スペック[編集]

A-0
  • 全長:11.3 m
  • 全幅:15.3 m
  • 全高:3.85 m
  • 翼面積:30.4 m²
  • 全備重量:5,000 kg
  • エンジン:ユンカースJumo210Ga 700 hp×2
  • 最大速度:525 km/h
  • 実用上限高度:10,000 m
  • 航続距離:1,530 km
  • 武装
    • 20mm機関砲×2
    • 7.92mm機関銃×4
  • 乗員 2名

関連項目[編集]