Ar 66 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラド Ar 66

アラド Ar 66

アラド Ar 66

アラド Ar 66は1930年代のドイツで製造された単発・複座・複葉の基本練習機である。

概要[編集]

1931年にアラド社の主任設計者 ヴァルター・レーテルによって設計が始められたが、途中で彼がバイエルン航空機製造に移籍した為に、ヴァルター・ブルーメに引き継がれた。よって本機がレーテルのアラド社での最後の設計となった。

最初の試作機 Ar 66aは1932年に初飛行した。

1933年に運用開始され、第二次世界大戦まで使用された。1942年末からドイツ空軍は東部戦線において活動する攪乱作戦部隊(後に夜間戦闘攻撃隊と改称)を設立することにし、Ar 66はGo 145と共に、ソ連軍への夜間嫌がらせ攻撃部隊の主要装備となった。


機体構造は、胴体と尾翼が鋼管溶接骨組みに羽布張り、主翼は木製骨組みに羽布張りだった。上下の主翼はともに、同じ幅で、8度の上反角で、エルロンがついていた。上翼のみ後退翼だった。

開放式のタンデムシートには複操縦装置と計器飛行装置を備えていた。機体にはオプションでカメラを装備することもできた。

2.5 mの固定ピッチ2翅プロペラと、固定式の主脚と尾そりを備えていた。

性能諸元 (Ar 66C)[編集]

  • 全長: 8.30 m
  • 翼幅: 10.00 m
  • 全高: 2.93 m
  • 翼面積: 29.60 m²
  • 自重: 905 kg
  • 最大離陸重量: 1,330 kg
  • エンジン: アルグス As 10C 空冷倒立V型8気筒エンジン 240 hp ×1
  • 最高速度: 210 km/h
  • 巡航速度: 175 km/h
  • 着陸速度: 80 km/h
  • 航続距離: 716 km
  • 実用上昇高度: 4,500 m
  • 上昇力: 高度1,000 mまで4.1 分
  • 武装: 2 kg もしくは 4 Kg対人爆弾
  • 乗員: 2 名

派生型[編集]

  • Ar 66a : 試作1号機
  • Ar 66A : 初期生産型
  • Ar 66B : Ar 66C の水上練習機型。双フロート式。約10機製造。
  • Ar 66C : Ar 66A の改良型。昇降舵の修正、方向舵・主輪の大型化など。

運用組織[編集]

  • ドイツ空軍
    • 第2・3・5・8・12 夜間戦闘攻撃隊 (Nachtschlachtgruppe)

関連項目[編集]