Ju 187 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユンカースJu 187Ju 87急降下爆撃機の後継機として計画されたドイツ空軍爆撃機である。垂直尾翼が180度回転するという奇抜な設計がなされていた。試作されることなく計画は中止された。

バトルオブブリテンの段階では時代遅れになっていたJu 87の後継機として計画された。1,750HPのユモ213型液冷エンジンを装着した全金属製、引き込み脚の機体で、与圧コクピットを採用し、後部の武装は遠隔操作されるという計画であった。飛行中は後部機銃の射撃の邪魔になる垂直尾翼を180度回転させて胴体の下に移動させるという大胆な構想であった。Fw 190が地上攻撃に使える見通しもあって、計画は1943年10月に中止になった。