カンピロバクター症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カンピロバクター症(カンピロバクターしょう、英:campylobacteriosis)とは、カンピロバクター属菌の感染を原因とするヒトおよび家畜の感染症。平成18年度の統計では、食中毒としては、ノロウイルスの次に患者数が多かった。[1]カンピロバクター属菌はグラム陰性、らせん状桿菌。水源となる河川などの汚染により発展途上国ではありふれた病気。ヒトの死亡例の報告はない。キャンピロバクター症とも呼ばれる。

原因[編集]

  • ヒトでは1982年に食中毒菌として指定されたCampylobacter jejuniCampylobacter coli の感染によるものが大部分を占め、汚染された食品や水、保菌動物との接触により感染が成立する。C. jejuniC.coliコレラ毒素に類似したエンテロトキシンを生産し、エンテロトキシンにより食中毒症状を発症する。具体的には、保菌動物や鳥類などのふんにより汚染源となった食品の摂取。肉(特に鶏肉)の生食や加熱不十分、飲料水、サラダ、未殺菌の牛乳など。イヌネコなどのペットも保菌していることがある。2006年EU/EFSA の報告によれば、鶏肉の80%が汚染されている。汚染されても、臭いや味に変化はない[2] 。また、潜伏期間が2~5日と比較的長いことから、原因となった食品が残されていないことが多く、原因が特定されない場合も多い。食中毒事例からの検出は、C. jejuniC.coliが90%程度とされているが、現在の検出方法は C. jejuniC.coli 以外の検出に適していない事が原因である[3]
  • ウシでの原因菌はCampylobacter fetus であり、主に交尾感染により伝播する。
京都市保健福祉局などの調査によれば、ウシの胆汁からCampylobacter jejuni が 150 検体中 42 検体(28%)から検出、全国調査では胆汁から 35%、肝臓から 12% の検出が報告されており、と殺の際に胆嚢を破らない注意が必要で、牛レバー生食による感染の危険性を示している。[4]

症状[編集]

  • ヒト
    • 発熱(38℃以下)・下痢(ときに粘血便)・腹痛が主であり、嘔吐を伴うこともある。腹痛は下痢よりも長期間継続。100個程度の菌でも発症。[5]たとえば、生の鶏肉からの一滴のしずくでも発症する。[6]
    • サルモネラ症のような症状だが、サルモネラ症よりも軽いことが多い。
    • 潜伏期間は約2~7日で、2~5日で回復する。
    • まれに、0.1%くらいの頻度で、腸炎が完治してから10日後くらいにギランバレー症候群を併発することがある。従って、腸炎症状が治った後の患者も注意を払う必要がある。
  • ウシ

診断[編集]

ヒトでは糞便、ウシでは流産胎子の胃、盲腸内容物を材料として本菌の分離を行う。分離にはSkirrow培地やCCDA培地などの選択培地を使用する。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による検出、同定も可能である。糞便中には非病原性のものも含め細菌が無数にいるが、症状から細菌性腸炎を疑った場合、便中に白血球がいること、カモメが翼をひろげたような形状のグラム陰性桿菌 (gull-wing shaped GNR)[7] の二点が確認できれば、臨床的にはほぼカンピロバクター感染症と診断してよい。

治療[編集]

患者の多くは自然治癒し重篤な症状に至ることは少なく特別な治療を必要としない。一方、敗血症や重篤な症状を呈した場合、対症療法と共に適切な投薬治療が必要となる。薬剤としては、マクロライド系が第一選択薬剤として推奨されている。しかし、自然耐性を示すセフェム系薬剤では治療効果は望めない。また、ニューキノロン系薬剤に対する耐性菌が1994年頃から増加し、世界的な問題となっている[8]

食品衛生の観点から[編集]

60℃、1分程度の加熱でほぼ不活性化されることから、十分な加熱調理と肉類に触れた器具や手指の洗浄、生食する野菜と肉類の接触防止といった二次汚染の防止処置を行えば簡単に防ぐことが出来るが、飲食店や学校の調理実習等での食中毒事例が多く発生している。冷凍や「湯引き」などの方法では不活性化出来ない。厚生労働省は食鳥処理業者に対し2006年3月に、「一般的な食鳥処理場に於ける衛生管理総括表」を作成し指導を行った。また、若齢者、高齢者、低免疫状態の人は生肉牛レバー等を食べないよう指導している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 山内亮監修 『最新家畜臨床繁殖学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4254460201
  • 高島郁夫、熊谷進編 『獣医公衆衛生学第3版』 文永堂出版 2004年 ISBN 4830031980

脚注[編集]

  1. ^ 食品安全委員会
  2. ^ 微生物(第18回)・ウイルス(第11回)合同専門調査会資料 資料2-1 リスクプロファイルのまとめ 食品安全委員会
  3. ^ 話題の感染症 カンピロバクター感染症 (PDF) モダンメディア 2005年3月号(第51巻3号)
  4. ^ 京都市と畜場における牛の胆汁及び肝臓のカンピロバクター汚染実態調査 京都市保健福祉局
  5. ^ カンピロバクター食中毒愛知県衛生研究所
  6. ^ カンピロバクター感染症について 横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課
  7. ^ メリーランド大学の病原微生物学テキスト
  8. ^ カンピロバクター感染症 国立感染症研究所 感染症の話 2001年第6週

外部リンク[編集]