ネオスポラ症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネオスポラ症(ねおすぽらしょう、英:neosporosis)とはNeospora carinum寄生を原因とする寄生虫病。日本では家畜伝染病予防法における届出伝染病であり、対象動物はウシスイギュウNeospora carinumはイヌを終宿主とする原虫であり、生活環トキソプラズマと類似する。上皮細胞脳脊髄液中の単核細胞神経細胞の細胞内に寄生する。ウシでの主要症状は流産死産であり、流産胎子には非化膿性脳炎、肉眼的には孔脳症が認められる。イヌでは多発性筋炎、上行性麻痺を引き起こす。臨床症状だけでは確定診断は不可能であり、脳脊髄液あるいは血清を材料とした間接蛍光抗体法が使用される。治療にはサルファ剤エリスロマイシンドキシサイクリンクリンダマイシンが有効であるが、筋肉の硬直、上行性麻痺を示すイヌでは予後が悪い。効果的な予防は確立されていない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747
  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279