山羊伝染性胸膜肺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山羊伝染性胸膜肺炎(やぎでんせんせいきょうまくはいえん、英:contagious caprine pleuropneumonia)とはMycoplasma capricolum subsp. capricolum感染を原因とする山羊の感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は山羊。症状は発熱発咳。治療にはテトラサイクリン系抗生物質マクロライド系抗生物質ニューキノロン系合成抗菌薬が有効。

関連項目[編集]

参考文献[編集]