ラクダ痘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクダ痘ウイルス
Rubella virus TEM B82-0203 lores.jpg
分類(ウイルス)
: 第1群(2本鎖DNA)
: ポックスウイルス科 Poxviridae
: オルソポックスウイルス属 Orthopoxvirus

ラクダ痘: camelpox)とは、ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属に属するウイルス(Camelpox virus)によって引き起こされるラクダ感染症。ラクダ痘では皮膚病変(skin lesions)と全身感染症(generalized infection)が認められる。若齢のラクダでの流行では死亡率は25%程度であったが[1]、他の事例では軽症であることが多い。ラクダ痘はラクダの乗り手の手を介して伝播することがある[2]

脚注[編集]

  1. ^ Fenner, Frank J.; Gibbs, E. Paul J.; Murphy, Frederick A.; Rott, Rudolph; Studdert, Michael J.; White, David O. (1993). Veterinary Virology (2nd ed.). Academic Press, Inc. ISBN 0-12-253056-X. 
  2. ^ Carter, G.R.; Wise, D.J. (2006年). “Poxviridae”. A Concise Review of Veterinary Virology. 2006年6月10日閲覧。