ランピースキン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランピースキン病(らんぴーすきんびょう、英:lumpy skin disease)とはランピースキン病ウイルス感染を原因とする水牛感染症家畜伝染病予防法における届出伝染病。ランピースキン病ウイルスはポックスウイルス科コルドポックスウイルス亜科カプリポックスウイルス属に属し、中和テストにおいて羊痘ウイルス、山羊痘ウイルスと交差反応を示す。主として節足動物による機械的伝播により感染が成立する。症状は発熱、元気消失、流涎、流涙、鼻汁漏出を示し、皮膚結節を形成する。病変部の上皮細胞において好酸性の細胞質内封入体を形成することがある。診断は羊あるいは牛の精巣培養細胞によるウイルス分離による。ワクチンが開発されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]