ナガナ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナガナ病(: Nagana, nagana pest, Animal African Trypanosomiasis)とは脊椎動物の疾病。ナガナ病は原生生物であるトリパノソーマ属のうちいくつかの種が原因となる。トリパノソーマが脊椎動物宿主の血液に感染すると、発熱、衰弱、体重減少、貧血を引き起こし、未治療では致死的となる場合がある。これらのトリパノソーマはツェツェバエによって媒介される[1]

脚注[編集]