アルトゥール・アクスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルトゥール・アクスマンArtur Axmann1913年2月18日1996年10月24日)はドイツ政治家国家社会主義ドイツ労働者党青少年全国指導者。初代青少年全国指導者バルドゥール・フォン・シーラッハの後任としてヒトラー・ユーゲントを指導した。

略歴[編集]

1913年2月にハーゲンに生まれた。法学を学びながら、1928年にはヴェストファーレンで最初のヒトラー・ユーゲントを組織した。ナチス党の青年細胞をまとめ、1932年には若くしてナチス党の党首脳部であるライヒスライター(Reichsleiter)の一人となった。1933年には党のライヒ青年指導者(ヒトラー・ユーゲント団長)バルドゥール・フォン・シーラッハの事務所の長となった。ヒトラー・ユーゲントの職業訓練や農業奉仕の仕事の監督にあたった。第二次世界大戦開戦後の1940年5月には西部戦線に従軍した。同年8月にシーラッハからライヒ青年指導者の地位を引き継ぐ。アクスマンは戦争の激化で枯渇していた人的資源の代替としてヒトラーユーゲントを利用した。消防・郵便・ラジオなどの分野にユーゲントの隊員が投入された。1943年以降、戦局が悪化するとユーゲント隊員は兵として動員されたが、十分な装備や訓練を受けない彼らは多くの死傷者を出した。ヒトラーユーゲントはベルリンの戦いにおいても戦闘に参加した。

ニュルンベルクで尋問を受けるアクスマン(1947年10月16日

アクスマン自身も1941年には東部戦線で右腕を切断する重傷を負っている。1944年1月4日には異例のドイツ勲章の生前授与をされている。ベルリンの戦いの際には総統地下壕にいたが、ヒトラーの自殺後、総統秘書マルティン・ボルマンや総統侍医ルートヴィヒ・シュトゥンプフエッガーとともに5月1日深夜に総統地下壕から脱出した。ソ連軍の攻撃が激しいためにボルマンやシュトゥンプフエッガーと一旦離れ離れになった。その後二人の死亡を確認したが、アクスマンは生き残った。この時、遺体のチェックができなかったため、アクスマンは二人が自殺したことを知らなかった。ベルリン脱出後は「エーリッヒ・ジーヴェルト(Erich Siewert)」の偽名で他のナチス関係者と共に地下活動を行った。1945年12月、地下活動が発覚したのに伴いリューベックで連合軍に逮捕された。1949年5月、ニュルンベルク継続裁判にかけられ、懲役3年3か月の刑を受けた。

戦後はゲルゼンキルヒェンベルリンでセールスマンとして働いた。1958年に西ドイツの法廷から彼の財産の半分にあたる35,000マルクをヒトラーユーゲントを指導したことについての罰金として課すと宣告された。1995年に自伝「"Das kann doch nicht das Ende sein." Hitlers letzter Reichsjugendführer erinnert sich.」を出版した。1996年にベルリンで死去。