ナチス左派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナチス左派(ナチスさは)とは、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)で社会主義を強調していた党内左派グループを指す。「革命的ナチス」とも呼ばれる。またグレゴール・シュトラッサーらの主張はシュトラッサー主義英語: Strasserism)と呼ばれることもある。

概要[編集]

左派の領袖としてはグレゴール・シュトラッサーオットー・シュトラッサーのシュトラッサー兄弟が知られる。彼らは1923年のミュンヘン一揆アドルフ・ヒトラーが入獄した後、主に北ドイツでナチ党系の組織を率いた。「国家社会主義通信」など独自の機関誌を発行していた彼らの主張は社会主義的側面が強く、ドイツ共産党が提案したドイツ帝国構成諸国旧君主の財産接収ドイツ語版法案にも賛成していた。このためミュンヘンを中心とするナチ党右派、ヘルマン・エッサーユリウス・シュトライヒャーらと強く対立した。出獄してきたヒトラーは1926年のバンベルク会議でシュトラッサーらの主張を否定し、党内における指導者原理を確立させた。その後グレゴールやその秘書ヨーゼフ・ゲッベルスを懐柔する一方で、オットーは離党を余儀なくされた。オットーは後に黒色戦線と呼ばれる組織を立ち上げ、左派的な国家社会主義を主張し続けた。

ヒトラーの権威が党内で不動のものとなると、バンベルク会議後の左派の勢力は減退し、1932年にクルト・フォン・シュライヒャー首相がナチ党左派を取り込もうとしたが失敗し、グレゴールが離党を余儀なくされた際にも追随者はほとんど出なかった。

左派の出身者としてはグレゴールの秘書を務めていたゲッベルスとハインリヒ・ヒムラー、人民法廷の裁判官ローラント・フライスラーらが知られている。ヒムラーには離党して養鶏農家を始めようか迷い、シュトラッサーに相談していたエピソードがある。またエルンスト・レームらの突撃隊幹部も左派に近く、政権獲得後には「第二革命」を唱えていた。

1934年長いナイフの夜事件により、レーム、グレゴール・シュトラッサーら象徴的人物が粛清され、左派は党内での影響力を完全に失った。しかしナチス・ドイツで強い影響を持ったゲッベルスやヒムラーなどの思想にも左派の影響は強く残っていた。

関連作品[編集]

粛清直前のシュトラッサーが、同じく危うい立場のレームに共闘を持ちかけるフィクション

関連項目[編集]