レーベンスボルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーベンスボルンの誕生の家(1943年、上部は親衛隊の旗)
レーベンスボルンで生まれた子供の洗礼の様子

レーベンスボルンドイツ語: Lebensborn)は、ナチ親衛隊(SS)が設置した母性養護ホーム、福祉機関。ドイツ民族の人口増加と「純血性」の確保を目指した。「生命の泉」または「生命の泉協会」と訳されることが多い。

概要[編集]

第一次世界大戦以降、1920年の894,928人から、1932年の512,793人へと、ドイツの出生率は激しく落ち込んだ。男性の戦死によって、200万人以上の女性が夫ないし夫となるべき男性を失ったためと考えられる。また、当時、第一次大戦後の世界恐慌による生活苦などのための堕胎が流行し、60万から80万(1937)もあり、出生率を越える、と見積られた。

そこで、1934年3月、ナチス福祉局(NSV)は、母子援助制度を創設し、経済支援を行った。ドイツ児童手当制度(Das Deutsche Institut für Jugendhilfe e.V.)は、父親が養育費を払えない子供たちの世話に当たった。

1935年12月、SS長官兼ドイツ警察長官ハインリヒ・ヒムラーは、未婚の母と子のために、ベルリンに「生命の泉」(Lebensborn)協会を創設した。この協会は親衛隊の本部のひとつであるカール・ヴォルフの「親衛隊全国指導者個人幕僚部」の管轄下だったが、自立運営され、SSと無関係の母子も利用でき、「民族的義務」としてSS兵士からの寄付でまかなわれた。

1936年8月15日、「生命の御泉」協会は、最初の生活保護施設「高地荘」を、バイエルン州エーベルスベルク郡のシュタインヘーリンクに開設した。この住宅には、母親のための30床と子供のための55床があり、1940年までに倍増され、SS医官グレゴール・エープナー(de:Gregor Ebner)が担当した。しかし、ここに収容されるためには、SSと同様の人種的、係累的な条件を満たすことが求められるようになった。

これに続いて同協会の生活保護施設が国内外の各地に次々と創設された。

なおフィクション作品(後述)の中には、レーベンスボルンがナチズムの人種思想に基づく特別な施設であるような扱いをしている場合があるが、上記のようにレーベンスボルンはSSの福祉施設であるため、SS隊員と同様の人種条件が施設利用者である母や子にも課せられたことによっている。

子供達のその後[編集]

彼らはその親たちが手を染めた戦争犯罪には無関係であるが、第二次世界大戦後、親の世代の犯罪が暴かれることによって非難され、彼ら自身の出自を意識するようになった。1960年代に青春期と成年期に成長するとともに、彼らは罪の意識を感じ社会に拒絶された親たちを恥じた。

ドイツ国内のレーベンスボルン生活施設[編集]

ノルウェーのレーベンスボルン計画[編集]

「生命の泉」計画は主としてドイツ国内で実施された。しかしヒトラーは「北方人種」を「より純粋な」アーリア人と考え[1][出典無効]、ドイツ人のアーリア化を促進する目的で、ドイツ人ナチ党員男性に対してノルウェー女性との性交渉を積極的に奨励した(他のナチスドイツ占領地域では、このような行為は禁じられた)。このため、ノルウェーでは Lebensborn の用語が、ノルウェー人の母親とドイツ人の父親の間に生まれた子供について記述する場合に使用される。

1940年から1945年までの間にレーベンスボルン計画によってノルウェー国内10カ所に設けられた産院で出生した子供は約8000人、施設外の約4000人も含め約12000人の子供が駐留ドイツ兵とノルウェー人女性との間に生まれたとされる。

ドイツ降伏後に当時のノルウェー政府が「対敵協力者」の処分を行い、ノルウェー人女性約14000人を逮捕、そのうち約5000人が18ヶ月間強制収容所に入れられた。特にドイツ兵と結婚した女性についてはノルウェー国籍を剥奪された。出生した子供については恣意的な『知能鑑定』が行われ「子供たちの半数が知的障害の可能性が高い」と断定した。

ドイツ兵との間の子供についてはフランスで約8万人、オランダでも1万人以上との推定があるが、このように政府が「公式に迫害」したのはノルウェー政府だけであった。1999年12月にこのような出生である122人が、「欧州人権規約」に反するとして、ノルウェー政府に損害賠償を求める訴えを提起した。7人の提起が認められたが裁判では出訴期間が経過として却下された。しかしながら2000年には、当時のヒェル・マグネ・ボンデヴィークen:Kjell Magne Bondevik)首相が謝罪した、2002年にはノルウェー国会で公式の謝罪と補償を政府に促す決議が全会一致で採択され、2004年7月には迫害の度合いにより2万ノルウェー・クローネから20万ノルウェークローネの補償がなされることが決定した。

スウェーデンのポップグループABBAのメンバーだったアンニ=フリッド・リングスタッド(Anni-Frid Lyngstad)は、ドイツ人ナチ党員の父とノルウェー人の母の間に生まれた子である。彼女はノルウェーに生まれたが、ナチスドイツ崩壊後、ナチ残党への追及を避けるため母と共にスウェーデンへ逃れ、そこで成長した。実の父は存命だったが、死んだものと聞かされて育てられた[2]

占領地域下での子供の誘拐[編集]

「生命の泉」計画ではポーランドチェコフランスと言った占領地域下での子供の誘拐が行われた。ポーランドではおよそ5万人から20万人の子供が誘拐された。検査後に「アーリア人」の条件を満たすとされた子供は修正された出生証明書と共に選ばれた家族の元に送られた。子供の多くは本来の家族の元に帰されることはなく、更に彼らは自らがポーランド人であることも知らなかった。

フィクションなどにおけるレーベンスボルン[編集]

レーベンスボルン的施設が登場する作品[編集]

  • MONSTER - 旧東欧共産圏版レーベンスボルンともいうべき作中架空施設511キンダーハイム出身者ヨハン・ヴィルヘルム・リーベルトと日本人脳外科医の対決を描いた作品。
  • ゴルゴ13 第51巻(文庫版では第43巻)「毛沢東の遺言」 - 日本軍の細菌部隊が同盟国ナチスドイツのレーベンスボルンを真似て設立した超高度東洋種族創出所によって誕生させられた東郷狂介(中国名:小東郷)の足取りを追う中国弁公室(中国人民解放軍弁公室第四処"国防情報局")と主人公の対決を描いた作品。
  • 狂四郎2030 - 国策により社会の敵とされているM型遺伝子異常の子供達を収容(実態は強制徴用)し、特殊軍事訓練を課す関東厚生病院という施設が作中で登場(主人公も出身者の一人)。

出典[編集]

  1. ^ 講談社選書メチエ『ヒムラーとヒトラー』p.117
  2. ^ 以上、出典:「ナチス将校が父 『ドイツの子』――半世紀の差別、謝罪、補償へ」2003年6月25日付け朝日新聞BBCニュース2001年12月5日付け、2003年2月4日付け記事、ドイチェ・ヴェレ2001年2月12日付け記事

参考文献[編集]

  • 鎌田明子、『性と生殖の女性学』、世界思想社、2006年、79ページ以下
  • 谷喬夫著、講談社選書メチエ『ヒトラーとヒムラー氷のユートピア』講談社ISBN 4-06-258176-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]