フランクフルト・アウシュビッツ裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランクフルト・アウシュビッツ裁判(フランクフルト・アウシュビッツさいばん、der Auschwitz-Prozessまたはder zweite Auschwitz)とは1963年12月20日から1965年8月10日までフランクフルトで行われた裁判であり、ホロコーストに関わった収容所の幹部ロベルト・ムルカde:Robert Mulka)らをドイツ人自身によって裁いた裁判をいう。ニュルンベルク裁判において裁かれなかったナチスの過ちに対する責任が問われたことがきっかけで行われた。正式名称はムルカ等に対する裁判