ダス・シュヴァルツェ・コーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Das Schwarze Korps、大見出しは「これが国家の敵たちだ」

ダス・シュヴァルツェ・コーア』 (Das Schwarze Korps) は、ナチス親衛隊機関紙。日本では「黒い軍団」と呼称される場合もある。

毎週水曜日に発行され、無料で配布された。親衛隊隊員はこれを読み、他者にも勧めることとされていた。 新聞は親衛隊保安諜報部(SD)と密接に協力して発行され、実質的には保安諜報部が編集を支配した。読者からの投書は保安諜報部による検閲を受けた。紙上では特にカトリック教会ユダヤ人を激しく非難し、多くのグループと敵対した。

編集長はグンター・ダルケンde:Gunter d'Alquen)、発行者はフランツ・エーア出版社のマックス・アマンである。初版は1935年3月6日に発行され、発行部数は70,000部。同じ年の11月には発行部数200,000部、1944年には750,000部に達した。

関連項目[編集]

文献[編集]

  • Combs, William L. Voice of the SS: A History of the SS Journal Das Schwarze Korps (Illustrated), New York: Peter Lang, 1986. ISBN 0-8204-0083-1.
  • Zeck, Mario. Das Schwarze Korps: Geschichte Und Gestalt Des Organs Der Reichsfuhrung SS (Illustrated), Niemeyer, Tübingen, 2002. ISBN 3-484-34051-7.

外部リンク[編集]