グラン・サッソ襲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラン・サッソ襲撃
Campo Imperatore Hotel.JPG
ムッソリーニが幽閉されたホテル「カンポ・インペラトーレ」(2007年
戦争第二次世界大戦西部戦線
年月日1943年9月12日
場所イタリア王国の旗 イタリア王国 グラン・サッソ
結果:ドイツ軍の作戦成功
交戦勢力
イタリア王国の旗 イタリア王国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
指揮官
イタリア王国の旗 ピエトロ・バドリオ ナチス・ドイツの旗 アドルフ・ヒトラー
ナチス・ドイツの旗 クルト・シュトゥデント
ナチス・ドイツの旗 ハラルト・モルス
ナチス・ドイツの旗 オットー・スコルツェニー
戦力
不明 90
損害
なし 負傷者若干名

グラン・サッソ襲撃(グラン・サッソしゅうげき、: Gran Sasso raid)は、第二次世界大戦中の1943年9月12日ドイツ軍によって実施されたベニート・ムッソリーニの救出作戦。

ドイツ軍における作戦名は、「ウンターネーメン・アイヒェ(Unternehmen Eiche、Unternehmenは「事業・作戦」、Eicheは「」(かしわ)、英語オークの意)である。

この作戦は、アドルフ・ヒトラーの特命により、ドイツ空軍クルト・シュトゥデントの指揮の下に実施されたもので、山頂に所在するホテルからの救出という困難な条件を克服して無傷でムッソリーニの救出に成功した。

背景[編集]

1943年7月25日イタリア王国首相であったムッソリーニは、大評議会が首相解任の動議を可決したことにより、首相の座を追われて逮捕された。

これに対するナチス・ドイツの対応は素早く、翌日にはアドルフ・ヒトラーファシズムの盟友である彼を救出するべく、ドイツ空軍クルト・シュトゥデントにムッソリーニ救出作戦の立案及び決行を、武装親衛隊オットー・スコルツェニーには救出後の保護を指令した。

経過[編集]

作戦準備[編集]

ムッソリーニの身柄を拘束したバドリオ政権は、反体制派による奪還を防ぐためにムッソリーニをイタリア軍カラビニエリによる警備の下、イタリア各地を頻繁に移動させていたが、シュトゥデントはラジオ放送暗号解読等による調査の結果、最終的にムッソリーニがグラン・サッソホテルカンポ・インペラトーレ」に幽閉されていることを突き止めた。

詳細な作戦計画が練られたが、ムッソリーニの幽閉されているホテルはグラン・サッソの山頂に建っており、付近に輸送機が着陸できる余裕がなく、パラシュート降下では狭い範囲に集中させての降下が困難なことから、空軍に所属する降下猟兵を主力として救出後のムッソリーニを保護するための随行者であるスコルツェニーを始めとする少数の武装親衛隊員を加えて編成したコマンド部隊グライダーで降下させ、ムッソリーニを救出した後は世界初の量産ヘリコプターであるFa223でムッソリーニをドイツ軍の支配地域まで輸送し、グライダーで降下した部隊は陸路でドイツ軍の支配地域まで引き揚げるというものになった。また本作戦にはイタリア社会共和国軍の将官フェルナンド・ソレティが同行し、守備側が抵抗した際に説得にあたることになっていた。

作戦決行[編集]

1943年9月12日、作戦は決行された。

グラン・サッソへの移動中にFa223が壊れてしまったため、Fi156を代わりに飛ばすことにした。

ドイツ軍のコマンド部隊は12機のDFS230に分乗して降下し、うち8機が着陸に成功した。

着陸に失敗したグライダーでは負傷者を出したものの、ドイツ空軍のハラルト・モルス少佐率いる降下猟兵の一隊がムッソリーニの幽閉されていたホテルへ突入し、一発の銃弾も発砲することなく、幽閉されていたムッソリーニの身柄を無傷で確保した。ホテルを守備していたカラビニエリは抵抗しなかった。

降下猟兵がムッソリーニの身柄を確保する頃にはFi156がホテルのすぐそばに着陸しており、救出後の保護のために現地へ随行していた武装親衛隊のスコルツェニーは降下猟兵からムッソリーニの身柄の引き渡しを受けるとムッソリーニとともにFi156に乗り込んだ。Fi156は重量オーバーながらも75m程度の滑走で無事に離陸し、グラン・サッソを脱出した。

また、グライダーで降下した部隊はロープウェイで下山し、予定どおり陸路でドイツ軍の支配地域まで引き揚げた。

戦闘の影響[編集]

この作戦は、困難な条件を克服して実施された要人救出の成功事例として名高いものであり、空から救出部隊を送り込む大胆不敵さと無用な死傷者を出さないスマートさは当時の世界の度肝を抜き、その劇的な経緯から戦後に小説演劇映画等の題材になった。

そして、作戦決行直前の1943年9月8日にイタリア王国が連合国無条件降伏してしまっていたことから、ナチス・ドイツはこの作戦によって救出したムッソリーニを国家元首とするイタリア社会共和国連合軍が侵攻していなかったイタリア北部のドイツ軍支配地域に樹立して戦争を継続した。このイタリア社会共和国は事実上、ナチス・ドイツの監督下に置かれた傀儡政権であり、イタリア国内が第二次世界大戦の終戦直前までナチス・ドイツに協力するイタリア社会共和国と連合国に協力するイタリア王国とに分裂して内戦状態に陥ったことから、ファシズムの歴史においても、この作戦は非常に重要な意味を持つものとなった。

また、この作戦における功績により、スコルツェニーは親衛隊少佐に昇進の上、騎士鉄十字章が授与され、モルスにはドイツ黄金十字章が授与されている。

なお、ナチス・ドイツの宣伝機関が本件に関して、スコルツェニーがムッソリーニとともにFi156で脱出する部分を誇張して大々的に宣伝したため、連合軍ではスコルツェニーについて神出鬼没のコマンド部隊指揮官というイメージが定着し、後にパンツァーファウスト作戦並びにグライフ作戦等のコマンド部隊による作戦を指揮したこともあって最終的に「ヨーロッパで最も危険な男」と呼ばれるに至ったが、この時のスコルツェニーを始めとする武装親衛隊は救出後のムッソリーニを保護するための随行者という立場であり、作戦を実際に仕切ったのは降下猟兵を所管するドイツ空軍であった。

さらに、実施されなかったものの、シュトゥデントは、この作戦の続きとして、ナチス・ドイツを裏切ったイタリア王国に対する報復の意味を含めたイタリア国王一家誘拐の計画も立案していた。

ギャラリー[編集]

この作戦に関してドイツ軍による記録写真が残されているが、本格的な戦闘に発展しなかったため、戦闘の記録写真では多くなりがちな血腥いシーンはほとんどない。

出典[編集]

  • Oscar Gonzalez Lopez. Fallschirmjager at the Gran Sasso: : The Liberation of Mussolini by the German Parachutist on the 12th September 1943. 
  • Marco Patricelli (2001). Mondadori. ed (italian). Liberate il Duce. Le Scie. ISBN 88-04-48860-3. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]