ズデーテン・ドイツ人党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スデーテン・ドイツ人党の党大会
演説しているのはカール・ヘルマン・フランク

ズデーテン・ドイツ人党(ズデーテン・ドイツじんとう、ドイツ語:Sudetendeutsche Partei、略称SdP、チェコ語:Sudetoněmecká strana)は、戦間期のチェコスロヴァキアで結成されたドイツ人政党。当時、ズデーテン地方に300万以上いたドイツ系住民から強い支持を受けていた。

1933年コンラート・ヘンラインによって創設されたズデーテン・ドイツ郷土戦線(略称SHF 、ドイツ語:Sudetendeutsche Heimatfront 、チェコ語:Sudetoněmecká vlastenecká fronta) が1935年に改称、同年の選挙で、14.7パーセントの得票を獲得して第二党にまで勢力を伸ばした。チェコからの分離を果たすため、ドイツヒトラー政権に接近して激しい運動を行い、ズデーテン問題を国際問題化した。1938年ミュンヘン会談の結果、ドイツによるズデーテン地方併合が成立した。党の目標が達成されると、党は正式に解散し、党員の多くはナチス党に吸収された。

所属した人物[編集]