出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インドの国章。 सत्यमेव जयते(真実のみが勝利する)と記載されている

(たい、: सत्य, satyaサティヤ: सच्च, saccaサッチャ[要出典]とは、仏教及びその他のインド系宗教において、[要出典]真理悟りを意味する語[1][2]

用例[ソースを編集]

四聖諦[ソースを編集]

四聖諦(四諦)は、仏教で説く4つの真理であり、仏教の実践的原理[2][3]

これは4つの聖(ārya, ariya)なる諦(satya, sacca)をまとめたものである。

  • 苦諦(くたい) - 一切は苦であるという真理
  • 集諦(じったい) - 苦には原因があるという真理
  • 滅諦(めったい) - 苦は滅するという真理
  • 道諦(どうたい) - 苦を滅する道があるという真理

二諦(世俗諦・勝義諦)[ソースを編集]

二諦(にたい)[4]とは、仏教において真諦と俗諦のこと[5]。真諦は勝義諦や第一義諦ともいい、出世間的真理を指す[5]。俗諦は世俗諦や世諦ともいい、世間的真理を指す。真諦および俗諦の意味は緒経論において種々である[5]

二諦は部派仏教時代から用いられた語で[6]、世俗諦と勝義諦を以って二諦とする記述が部派の論蔵毘曇部)からみられるが[7]、解釈には諸説ある。三論宗吉蔵は二諦に十四の異説があるとしている[5]

世俗諦と勝義諦[ソースを編集]

  • 世俗諦(せぞくたい、: saṃvṛti satya, サンヴリティ・サティヤ)
  • 勝義諦(しょうぎたい)

勝義諦は漢訳仏教では第一義諦と訳出、または真諦と同義とされる[8]ことがある。ただし、二諦説は中観派などの主張で[9]天台宗における第一義諦は三諦説のうちの中諦のことを指し、中道第一義諦といって区別する[10]

天台宗の三諦[ソースを編集]

世俗諦・勝義諦の呼び方をとらない二諦に中諦を加えた天台教学の説。

  • 空諦(くうたい) - 空観の諦
  • 仮諦(けたい) - 仮観の諦
  • 中諦(ちゅうたい) - 中観の諦

と区別し、三諦(さんだい)を以って三諦円融(さんだいえんゆう)、一心三観(いっしんさんがん) の調和を図る教学を確立した[11]

他派の三諦[ソースを編集]

四(聖)諦とともに用いられない三諦の語は、すでに部派仏教時代からみられ[12]、そのアビダルマ)では世俗(諦)や勝義(諦)の語をともなって出現する[13]

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 諦(テイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年8月4日閲覧。
  2. ^ a b 四諦(シタイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年8月4日閲覧。
  3. ^ 四聖諦とは - 大辞泉/コトバンク
  4. ^ 中村元ほか 『岩波仏教辞典 第二版』 岩波書店、2002年、787-788頁。
  5. ^ a b c d 総合仏教大辞典編集委員会 『総合仏教大辞典』 法蔵館、1988年1月、1097-1100頁。
  6. ^ 二諦(阿含部, 毘曇部) - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。
  7. ^ 二諦 世俗諦 勝義諦(毘曇部) - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。
  8. ^ 二諦とは - コトバンク
  9. ^ 二諦 『広辞苑 第6版』(岩波書店)。
  10. ^ 中道第一義観, 中観 『広説佛教語大辞典 中巻』 中村元著 東京書籍。
  11. ^ 三諦とは - 大辞泉/大辞林/世界大百科事典/コトバンク
  12. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 三諦
  13. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 世俗 勝義 三諦

関連項目[ソースを編集]